梅雨期及び台風期における輸送の安全の確保に向けた御理解と御協力のお願いについて | 全国商工会連合会
梅雨期及び台風期における輸送の安全の確保に向けた御理解と御協力のお願いについて

2021年5月26日

 昨今の大雪時において、高速道路や主要国道で大規模な車両の立ち往生が発生し、大型トラックが滞留の原因となったことを踏まえ、令和3年1月28日に農水省・経産省・国交省の連名により、大雪時の輸送の安全の確保に向けた事務連絡が荷主団体等に発出されました。
 今般、全国的に梅雨に入りを迎えるに当たり、大雨等の影響が懸念されるため、梅雨期及び台風期においても荷主の理解醸成を図るべく、改めて農水省・経産省・国交省の連名で添付の事務連絡が発出されております。
 
 つきましては、物流機能の維持とトラック事業者や運転者の生命・身体を守るため、今般の趣旨についてご理解いただき、ご協力くださいますようお願いいたします。

【要請事項】
〇 大雨や暴風などの異常気象による突発的な事象により、運行経路の変更や運行の中止などの必要が生じ、その原因となった事象がやむを得ないと認められる場合には、運行経路の変更等を認めるよう、ご協力をお願いします。
〇 大雨や暴風などの異常気象により、運送に支障を来すことが予め予想される場合には、配送拠点に留置する在庫の積み増しや、予定されていた配送時間の前倒し、運行可能域内での物資の融通を行うことにより、トラック事業者への不要不急の運送依頼を控えていただきますよう、ご協力をお願いします。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2021 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.