新たな水際措置について(英国・カザフスタン・チュニジア・インド等) | 全国商工会連合会
新たな水際措置について(英国・カザフスタン・チュニジア・インド等)

2021年5月25日

5月25日から、新たな水際措置が導入されました。
措置の概要は以下のとおりです。

【措置の概要】

1.英国、カザフスタン、チュニジア、デンマークの4か国を「変異株B.1.617指定国・地域」に指定し、カザフスタン、チュニジアの2か国からのすべての入国者及び帰国者について、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で3日間待機いただき、入国後3日目に改めて検査。(注)

(注)英国、デンマークは変異株流行国・地域として、すでに上記と同様の水際強化措置の対象のため、実態の措置としては変更なし。

2.インド、スリランカ、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、モルディブの6か国からのすべての入国者及び帰国者については、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)で10日間待機し、入国後3日目、6日目、10日目に改めて検査。
詳細は、以下「関連リンク」から内閣官房HPを御確認ください。

 本措置導入は、日本人の帰国時及び在留資格保持者の再入国時の対応に影響を与えるものです。ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。
 また、人の往来に関する制度全般に関しては外務省、経産省HPでも情報発信を行っております。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2021 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.