フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドラインについて | 全国商工会連合会
フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドラインについて

2021年6月3日

 近年、フリーランスは、多様な働き方の拡大、健康寿命の延伸、社会保障の支え手・働き手の増加などに貢献することが期待されています。
 そこで、内閣官房は関係省庁と連携のうえ、一元的にフリーランスの実態を把握するための調査を実施し、フリーランスとして安心して働ける環境を整備するため、保護ルールの整備を行うこととしました。
 上記内容を踏まえ、内閣官房、公正取引委員会、中小企業庁、厚生労働省は連名で、事業者とフリーランスとの取引について、独占禁止法、下請法、労働関係法令の適用関係を明らかにするとともに、これら法令に基づく問題行為を明確化するためのガイドラインを策定しました。
 詳細については、添付ファイルにてご確認ください。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2021 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.