梶山経済産業大臣に対し、コロナ禍からの経済回復に向けた中小・小規模事業者向け支援策を要望 | 全国商工会連合会
梶山経済産業大臣に対し、コロナ禍からの経済回復に向けた中小・小規模事業者向け支援策を要望

2021年3月4日

3月4日、全国連森会長は経済産業省を訪問し、梶山大臣に対し、コロナ禍からの経済回復に向けた中小・小規模事業者の支援策の要望を行った。

緊急事態宣言に伴う時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により、事業者の経営はもとより、地域経済が破綻の危機に瀕していることから、感染拡大防止を図りつつ、一刻も早い経済活動の再開に向けて、消費喚起策の実施やGo Toトラベルの段階的再開、ECサイトを活用した地域産品の販路拡大等を要望した。

梶山大臣からは、中小・小規模事業者はコロナ禍で大変な思いをされているが、雇用を維持し地域経済を支える屋台骨であり、しっかりと支援していく。要望はしっかり受け止め検討・相談したいとの回答があった。

なお、佐藤ゆかり自民党経済産業部会長、木原誠二自民党中小企業・小規模企業政策調査会事務局長に対しても同様の要望を行った。
  • 画像
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2020 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.