政労使の意見交換に全国連森会長が出席 | 全国商工会連合会
政労使の意見交換に全国連森会長が出席

2024年3月13日

本日、首相官邸で「政労使の意見交換」が開催され、全国連森会長が出席しました。
森会長からは、以下のとおり、中小企業・小規模事業者の現状を説明し理解を求めました。

 本日は、春闘の集中回答日であり、大手企業が大幅な賃上げを表明しており、中小企業・小規模事業者も、賃上げの必要性は十分に認識しており、多くの事業者が賃上げ自体は実施していくと考えている。
 一方、売上減少にもかかわらず防衛的に賃上げを実施した企業の割合が約7割となっており、事業者は身を削って賃上げしているのが実情であり、物価上昇を上回る賃上げを実施するのは困難な企業も多数いる。
 中小企業・小規模事業者が物価上昇を上回る賃上げを実施していくためには、コスト上昇分の価格転嫁と、人手不足の中、設備や機器等を導入し生産性向上をはかることに尽きると考えている。

 そのうえで、以下のとおり政府に対して賃上げ環境を整備するための支援を要望しました。

 価格転嫁対策をこれまで以上に強化・徹底していただくともに、生産性向上のための支援策の拡充・見直しをはかり、中小企業・小規模事業者が自発的に賃上げできる環境を整備していただきたい。

岸田総理大臣からは、賃上げの裾野を広げて行くため、中小企業の価格転嫁に向け、下請法違反の行為は勧告を含め厳正に対処していく、また、中小企業・小規模企業の省力化投資など環境整備に官民連携で努力するとの発言がありました。
  • 画像
  • 画像
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2024 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.