全国商工会連合会と全国知事会との意見交換会を開催 ~新型コロナウイルス感染拡大への対応、事業承継支援の推進等について意見を交換~ | 全国商工会連合会
全国商工会連合会と全国知事会との意見交換会を開催 ~新型コロナウイルス感染拡大への対応、事業承継支援の推進等について意見を交換~

2022年2月7日

 全国商工会連合会(会長 森 義久(鹿児島県連会長))は、2月7日(月)に全国知事会とオンラインでの意見交換会を開催しました。
 全国知事会からは、平井会長(鳥取県知事)をはじめ、村井宮城県知事、齋藤兵庫県知事、阿部長野県知事、達増岩手県知事、吉村山形県知事が、全国商工会連合会からは森会長のほか、轡田副会長(福島県連会長)、志智副会長(兵庫県連会長)、篠原相談役(香川県連会長)、佐藤理事(宮城県連会長)、後藤常務理事が参加しました。
 森会長は挨拶の中で、コロナ禍で特に地域の中小企業・小規模事業者の経営状況が厳しい状況にあることから、休業や営業時間短縮に伴う協力金などの早期支給、デジタル化や脱炭素化への伴走型支援のための支援体制強化の必要性等について述べました。
 また、各参加者からアフターコロナ・ウィズコロナにおける消費喚起策の速やかな実施、移住施策と起業・事業承継支援の連携、農商工連携の推進、災害への対応・商工会の体制・機能強化等について意見が出されました。
 今後も明るく活力あふれる地域経済・社会を実現するため、適宜意見交換を行ってまいります。
  • 画像
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2022 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.