原材料・エネルギーコスト増の影響を受ける下請事業者に対する配慮について(経済産業省より) | 全国商工会連合会
原材料・エネルギーコスト増の影響を受ける下請事業者に対する配慮について(経済産業省より)

2021年11月4日

 現在、原油価格がおよそ7年ぶりの水準まで値上がりしており、最近の円安の進展も相まって、原油をはじめとするエネルギーコストや原材料価格の上昇によって、とりわけ中小企業・小規模事業者の収益が強く圧迫されることが懸念されております。
 下請中小企業と親事業者との取引対価の決定方法については、下請中小企業振興法第3条に基づく振興基準第4において、材料費、市価の動向等の要素を考慮した合理的な算定方法に基づき、下請中小企業の適正な利益を含み、下請事業者及び親事業者が協議して決定するものとされております。
 現下の状況を踏まえ、上記振興基準や下請代金法の趣旨に照らし、下請事業者から価格交渉の申出があった場合には積極的に応じ、取引対価は原材料価格・エネルギーコストの上昇分を考慮した上で、十分に協議し決定するなど、方法と対価の両面において適切な価格決定がなされるよう、ここに事業者へ周知いたします。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2021 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.