データ分析セミナー(第14回:阿部博史氏「ビックデータ分析から見る災害が地域に与える影響~東日本大震災からコロナウイルス感染症を考える~」)のご案内 | 全国商工会連合会
データ分析セミナー(第14回:阿部博史氏「ビックデータ分析から見る災害が地域に与える影響~東日本大震災からコロナウイルス感染症を考える~」)のご案内

2021年11月2日

11月17日(水)、ネブラ株式会社の代表取締役を務める阿部博史氏を講師にお招きし、「ビックデータ分析から見る災害が地域に与える影響~東日本大震災からコロナウイルス感染症を考える~」をテーマにセミナーが開催されます。

阿部氏はNHKの番組ディレクターとして『NHKスペシャル 震災ビッグデータ』を制作された方です。

番組では、阿部氏によって「震災ビックデータ」と名付けられた、東日本大震災における携帯電話の位置情報やカーナビなどの記録から震災当時の人々の避難行動を紐解いています。
被災した際に浸水地域に滞在していた人口、避難経路や避難に要した時間、また、震災後の滞在人口や企業の取引による物やお金の流れ等のデータを活用して、災害が地域に与える影響を長期的な視点で分析されています。

当該番組は書籍化されており、多数のカラー図版が盛り込まれています。
(阿部博史・NHKスペシャル「震災ビックデータ」政策班(編)『震災ビックデータ 可視化された<3・11の真実><復興の鍵><次世代防災>』NHK出版)

地域社会が防災力を身に付けるために、ビックデータとどう向き合っていけば良いのか。
多くの地域が抱えている問題ではないでしょうか。
セミナーでは、災害が起こった際に人々の行動や企業の取引がどのように変化していくのか、
ビックデータを活用した災害への向き合い方について、現代の災害とも言えるコロナウイルス感染症と絡めてお話しいただく予定です。

【日  時】令和3年11月17日(水)20:30 ~22:00
【講  師】ネブラ株式会社 代表取締役 阿部博史氏
【テ ー マ】ビックデータ分析から見る災害が地域に与える影響~東日本大震災からコロナウイルス感染症を考える~
【開催方法】オンライン(Zoom)
【申込方法】内閣府アンケートフォーム( https://form.cao.go.jp/chiiki/opinion-0212.html ) からお申し込みください。
      お申込いただいた方には申込締切後の11月17日の午前中に、ZoomのURLをお送りします。
【申込締切】令和3年11月16日(火)

(参考)『NHKスペシャル 震災ビッグデータ』過去放送一覧
  2013年3月 3日:“いのちの記録”を未来へ~震災ビッグデータ~
  2013年9月 8日:震災ビッグデータFile.2復興の壁 未来への鍵
  2014年3月 2日:震災ビッグデータFile.3 "首都パニック"を回避せよ
  2015年3月10日:震災ビッグデータFile.4 いのちの防災地図 ~巨大災害から生き延びるために~
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2021 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.