2か月連続の回復から再び足踏み状態となった小規模企業景況(5月期調査結果) | 全国商工会連合会
2か月連続の回復から再び足踏み状態となった小規模企業景況(5月期調査結果)

2019年7月16日

全国商工会連合会では、7月11日、5月期の小規模企業景気動向調査の結果を発表しました、
業種ごとの結果の要旨は以下のとおり。

【製造業】一部業種に好調さが見られるも米中の貿易摩擦を受け、悪化に転じた製造業
【建設業】公需・民需を問わず工事量が出始めるも、人手不足により悪化際立つ建設業
【小売業】土産物や食料品小売業を中心に売上を伸ばすも、業況の改善には至らない小売業
【サービス業】観光業や洗濯業を中心に売上が伸びるも、その恩恵は各地へは拡がらないサービス業

詳細については、添付ファイルをご覧ください。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2019 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.