足踏み状態が続き、停滞感が強まった小規模企業景況(11月期調査結果) | 全国商工会連合会
足踏み状態が続き、停滞感が強まった小規模企業景況(11月期調査結果)

2019年1月16日

全国商工会連合会では、1月16日、11月期の小規模企業景気動向調査の結果を発表しました、
業種ごとの結果の要旨は以下のとおり。

【製造業】受注は好調も、人手不足や働き方改革の影響が懸念される製造業
【建設業】受注は好調も、大手企業等との競争や資材高・人手不足が足かせとなっている建設業
【小売業】季節需要から一部は好調も、人手不足等の影響もあり疲弊が続く小売業
【サービス業】売上は好調も、人手不足や原材料高の影響の大きいサービス業

詳細については、添付ファイルをご覧ください。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2019 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.