改善が長続きせず、一歩後退の小規模企業景況(5月期調査結果) | 全国商工会連合会
改善が長続きせず、一歩後退の小規模企業景況(5月期調査結果)

2018年6月27日

全国商工会連合会では、6月27日、5月期の小規模企業景気動向調査の結果を発表しました、
業種ごとの結果の要旨は以下のとおり。

【製造業】先月まで好調の続いていた機械・金属が伸び悩み、紡績・繊維業が低迷する製造業
【建設業】土木工事が引き続き好調も、人手不足・技術者不足により懸念が残る建設業
【小売業】消費者の高齢化、消費意欲の減退、来店頻度低下等により経営体力の低下が著しい小売業
【サービス業】GW需要から飲食・宿泊業共に好況であったが、一時的な売上増加に楽観視できないサービス業

詳細については、添付ファイルをご覧ください。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2018 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.