降雪や厳冬により消費が低迷し、全業種で悪化した小規模企業景況(1月期調査結果) | 全国商工会連合会
降雪や厳冬により消費が低迷し、全業種で悪化した小規模企業景況(1月期調査結果)

2018年2月27日

全国商工会連合会では、2月27日、1月期の小規模企業景気動向調査の結果を発表しました、
業種ごとの結果の要旨は以下のとおり。

【製造業】機械・金属は好調を維持する一方、その他の業種が低調であった製造業
【建設業】厳冬や降雪により一部で繁忙を極めるも、深刻な人手不足が利益確保を阻害している建設業
【小売業】冬物衣料や暖房家電に動きが出るも、生鮮品の高騰で消費者に買い控えが起きた小売業
【サービス業】人手不足と燃料費高騰に加え、天候不順が押し下げ要因となったサービス業

詳細については、添付ファイルをご覧ください。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2018 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.