催物開催等の制限における、7月10日以降の段階的緩和の方針について | 全国商工会連合会
催物開催等の制限における、7月10日以降の段階的緩和の方針について

2020年7月17日

新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(令和2月5月25日変更)に基づき、令和2年5月25日付け事務連絡「移行期間における都道府県の対応について」において、6月1日、6月19日、7月10日から、感染の状況等を確認しつつ、外出の自粛、催物(イベント等)の開催制限、施設の使用制限等を段階的に緩和する方針が示されておりました。
7月10日以降については、段階的緩和の方針のとおりとなっております。

詳細ならびに留意点につきましては、内閣官房からの事務連絡(下記関連リンク)をご覧ください。
事務連絡内では、2.において、催物開催にあたり主催者や参加者が留意すべき事項を、3.において、施設の使用にあたり管理者や利用者が留意すべき事項が記載されております。

また、上記事務連絡を踏まえ、今後感染拡大予防ガイドラインを策定し、又は改定する際には、2.(2)①や3.にある基本的な感染防止策を盛り込むとともに、全国的又は大規模なイベントを開催する場合には、各都道府県に対して事前相談いただきますよう、お願いいたします。


<電話相談窓口について>
○厚生労働省の電話相談窓口について
 今般の新型コロナウイルス感染症の発生について、厚生労働省の電話相談窓口を設置しております。

・厚生労働省の電話相談窓口 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
・受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)
・聴覚に障害のある方をはじめ、電話での御相談が難しい方に向けて、FAX(03-3595-2756)でも受付を開始しました。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2020 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.