心理的負荷による精神障害の労災認定基準の改正について | 全国商工会連合会
心理的負荷による精神障害の労災認定基準の改正について

2020年6月10日

厚生労働省では、本年6月からパワーハラスメント防止対策が法制化されること等を踏まえ、本年5月29日付で心理的負荷を原因とする精神障害の労災補償業務の基準となる「心理的負荷による精神障害の認定基準」を改正し、「パワーハラスメント」に係る出来事を心理的負荷評価表に追加する等の見直しを行いました。
詳細は、別添をご参照ください。

<変更のポイント>
職場における人間関係の優越性等に注目したうえで、より適切に評価し得る「具体的出来事」に当てはめ、心理的負荷を判断することとなります。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2020 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.