新型コロナウイルス感染症に係る雇用維持等に対する配慮について | 全国商工会連合会
新型コロナウイルス感染症に係る雇用維持等に対する配慮について

2020年4月17日

今般の新型コロナウイルス感染症が、経済全般にわたって甚大な影響をもたらしており、雇用維持等に関して適切な配慮を行うよう、厚生労働省より関係大臣と連名で要請がありました。

【要請のポイント】
1.雇用調整助成金の特例措置等を活用した従業員の雇用維持
2.新卒者や求職者の雇入れについての特段の配慮
3.2019年度新卒者等のうち入職時期を繰り下げした内定者への特段の配慮
4.2020年度卒業予定者の就職活動に対する柔軟な対応
5.障がい者や外国人労働者の雇用についての特段の配慮
6.短時間労働者等の雇用の安定等を図るため、解雇、解除等は控える等の特段の配慮
7.有給の特別休暇制度の導入やテレワークの活用等、従業員の感染防止に向けた取組や配慮

要請や各項目に関する施策等の詳細につきましては下記URLと別添を参照ください。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2020 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.