職場における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた妊娠中の女性労働者等への配慮について | 全国商工会連合会
職場における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた妊娠中の女性労働者等への配慮について

2020年4月2日

厚生労働省より、職場における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた妊娠中の女性労働者等(多様な働き方で働く方を含む。)への配慮についての要請がありました。

【要請のポイント】

〇従業員の感染症状に努める上での留意事項
・労働者が発熱などの風邪予防が見られる際に、休みやすい環境の整備
・テレワークや時差通勤の活用推進
・従業員の集団感染の予防にも十分留意 等
〇妊娠中の女性労働者等への配慮
・妊娠中の女性労働者が休みやすい環境の整備
・感染リスクを減らす観点からのテレワークや時差通勤の積極的な活用の促進
・妊娠中の女性労働者も含めた従業員の集団感染の予防のための取組実施 等
〇妊娠中の女性労働者休ませる場合の賃金の取扱等について
・正規・非正規に関わらず妊娠中の労働者を休業させた場合、賃金や手当について労使で十分協議のうえ、安心して休ませる体制を整備
・妊娠中の女性労働者について勤務時間の変更や勤務の軽減等の措置を引き続き講じる 等

詳細は、別添をご参照ください。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2020 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.