トータルプラン作成支援事業の公募(第6回募集)等について【㈱全国商店街支援センター】(2014.8.29) 【中小企業の皆さまへ「政府施策広報」】 | 全国商工会連合会
トータルプラン作成支援事業の公募(第6回募集)等について【㈱全国商店街支援センター】(2014.8.29) 【中小企業の皆さまへ「政府施策広報」】

2014年8月29日

<事業概要と公募について>(1)トータルプラン作成支援事業   第6回募集期間:平成26年9月1日(月)~9月16日(火)本事業では、商店街の活性化ビジョンや計画づくり等を自ら作成しようとする商店街等に対し、ビジョンを掲げ成功事例を創り上げた実践者の講演や座学・グループ作業を通してノウハウを提供し、サポートしています。基礎コースでは、3つのコース①ビジョンづくりコース②調査コース③プランづくりコースから商店街が自由に選択できます。実践コースでは、④認定支援コース 具体的な方向性が示された商店街に対して、地域商店街活性化法に基づく商店街活性化事業計画の認定取得を総合的に支援します。⑤フォローアップ支援コース すでに商店街活性化事業計画の法認定を受けた商店街に対しては、事業計画の実施における課題や問題点などを解決するとともに商店街の実情に応じた活性化に向けての認定事業計画変更申請等について支援します。支援センターと密接に連携した幅広い知識をもったソリューション提供能力、実行力のある専門家を派遣し研修を実施します。※詳細については下記URLにて、9月1日(月)11時に公開予定です。(2)繁盛店づくり事業   第6回募集期間:平成26年9月1日(月)~9月16日(火)本事業では、個店の魅力向上のためのノウハウを提供し、商店街における有力なマグネット店舗となる繁盛店づくりと、それを自立的・継続的に実行できる人材の育成および組織基盤の構築を目的とした研修を実施します。 ①「繁盛店づくり事業」(入門コース) 繁盛店づくりに関心のある商店街等を対象に、数か月に及ぶ「実践コース」のエッセンスを1日で体験・体感していただくプログラムです。商店街に対して「繁盛店づくり事業」の有用性を簡潔に理解していただくため、事業の柱でもある「臨店研修」と「全体研修(座学)」を1日で行います。支援パートナーと繁盛実践サポーターを商店街に1日派遣し、店舗改善に関する実践的なアドバイスや知識・ノウハウを提供します。 ②「繁盛店づくり事業」(フォローアップコース) 過去に実践コースを受講して1年以上が経過した商店街を対象にした1日の研修プログラムです。参加店および商店街において、過去の実践コース受講後の「繁盛店づくり」への取組み状況に対する振り返りと新たな課題について商店街全体で共有し、繁盛店の連携による商店街活性化の可能性等、今後の取組みを検討します。 ※過去の実践コースとは、以下の事業です。・個店経営研修事業(平成21~22年度)・核店舗創出による商店街活性化事業(平成23年度)・繁盛店づくり実践プログラム事業(平成24年度)※詳細については下記URLにて、9月1日(月)11時に公開予定です。(3)「トライアル実行支援事業」(新たな取組み提案コース) ◇募集期間:随時募集(採択審査の都合上、毎月募集期間を設けております。)      第5回募集中:平成26年8月12日(火)~9月10日(水)  本事業では、自発的かつユニークな取組みで課題解決を目指す商店街を支援します。商店街もしくは商店街支援機関が、イベントや情報発信、外部連携等を企画・実施する際に、研修等(3~5回)の支援を行います。(4)「商店街よろず相談アドバイザー派遣事業」(要請支援型) ◇募集期間:平成26年4月1日(火)~平成27年3月10日(火) 本事業では、商店街の要請に応じて商店街に直接専門家を派遣し、商店街の課題解決に向けたアドバイスを行います。(商店街活性化のための事業やイベント、企画等のアドバイス)   ①活性化計画等の策定に係るアドバイス<例>活性化コンセプト・テーマづくり、商店街イメージづくり・CI戦略、 街並み・景観形成空き店舗対策   (空き店舗活用、チャレンジショップ、テナントミックスなど) ②イベント等集客力向上に係るアドバイス<例>各種イベント、広告・宣伝、共同売出し ③その他、活性化に係るアドバイス<例>顧客の管理事業(カード事業、スタンプ事業など)、共同宅配サービス ※上記のアドバイスから、支援センターの総合支援事業に繋げて、さらなる継続支援の実施が可能です。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2017 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.