田子副会長、田中相双地区商工会連絡協議会会長が海江田大臣に原発被害への支援を要望 | 全国商工会連合会
田子副会長、田中相双地区商工会連絡協議会会長が海江田大臣に原発被害への支援を要望

2011年8月9日

全国連田子副会長(福島県連会長)、相双地区商工会連絡協議会田中会長、福島県連阿久津専務理事、全国連寺田専務理事は、平成23年8月9日、海江田経済産業大臣を訪ね、原発事故の工程表の前倒しの実現・実行、原発事故の収束・復旧に係る作業の発注や物品の調達にあたっては、復興に向けた貢献意欲や士気が非常に高い原発被災地域の中小・小規模企業者との契約を最優先するよう要望した。海江田大臣からは、東京電力の発注部門責任者に対して誠意をもって対応するよう指示するとの発言があった。また、海江田大臣への訪問に先立って、民主党陳情要請対応本部稲見副本部長を訪問のうえ、同様の要望を行い、稲見副本部長からは民主党として誠意をもって関係省庁への働きかけを行う旨の発言があった。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2017 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.