自民党の内閣、財務金融、経済産業合同部会で外山茨城県連会長が被災地の現状報告と政策要望 | 全国商工会連合会
自民党の内閣、財務金融、経済産業合同部会で外山茨城県連会長が被災地の現状報告と政策要望

2011年9月2日

9月2日自民党の内閣、財務金融、経済産業合同部会外山茨城県連会長が出席し被災地の現状報告と政策要望を行った。被災中小企業の現状としては二重ローン問題、原発事故の風評被害、観光業をはじめ多くの業種で被害が出ていることを報告した。商工会の取り組みなどとしては軽トラックを利用した移動販売の支援や再建計画の策定など復興に向けて全力で取り組んでいると述べ、国への支援策としては二重ローン問題、原発事故への対応、さらには震災の被害に加え、急激な円高の影響を大きいことから、早急な中小企業支援策の実施を求めた。












関連リンク
添付ファイル
Copyright 2017 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.