石澤義文全国連会長 年頭挨拶(H30.1.1) | 全国商工会連合会
石澤義文全国連会長 年頭挨拶(H30.1.1)

2018年1月4日

 新年明けましておめでとうございます。平成30年の新春を迎えるにあたり、一言ご挨拶を申し上げます。

 昨年の我が国経済は、緩やかな回復基調が続き、企業収益も堅調に改善いたしました。しかし、戦後2番目の長さを記録したこの景気回復の波も、その恩恵は大企業や都市部の中堅・中小企業にとどまり、地方の中小企業・小規模事業者は、過疎化や人口減少による地域内の消費の縮小、働き手や後継者の不足など、引き続き厳しい経営環境におかれております。

 こうしたことから、昨年11月に開催した第57回商工会全国大会では、全国各地から3,000名の商工会関係の皆様にご参集いただき、地方の中小企業・小規模事業者の持続的な成長・発展、さらには、生産性向上による働き方改革の実現等を目指し、従前の規模に捉われない中小企業対策費の大幅な拡充や、事業承継施策の抜本的な強化など、5項目について満場一致で決議いただきました。

 今年は、決議項目の実現はもとより、昨年度に引き続き、全会員事業者に対する「経営計画の策定・実行支援」を最重要の組織目標として掲げ、一人でも多くの会員事業者が自社の経営計画を策定し、持続的な経営が行えるよう、組織一丸となって支援事業に取組んで参ります。
 加えて、今年は、事業承継支援にも積極的かつ果敢に関与していくことが商工会に求められており、そのため、商工会は自らの経営発達支援計画を着実に実行するとともに、スーパーバイザー制度の活用や高度な資格取得の推進により、不断に支援能力を高めて参ります。
 こうした活動を通じて、地方の中小企業・小規模事業者の持続的な成長を促し、もって、地方経済の振興と地方の創生を実現することを目指し、役職員ともども心を一つにして邁進する所存であります。

 終わりに、全国の商工会員の皆様並びに関係各位にとりまして、本年が大きく飛躍する年となり、明るい一年となりますよう心よりご祈念申し上げます。

平成三十年 元旦
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2018 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.