石澤会長が今後の経済財政動向等についての集中点検会合に出席(H25.8.28) | 全国商工会連合会
石澤会長が今後の経済財政動向等についての集中点検会合に出席(H25.8.28)

2013年8月28日

石澤会長は、8月28日、政府の「今後の経済財政動向についての集中点検会合」に出席して、地域の中小・小規模事業者の立場で消費税率の引上げについて意見を表明した。
会合の中で石澤会長は、地方の中小・小規模企業は景気回復の兆しはあるものの、原材料やガソリンの価格の高騰、電気料金や社会保険料の引上げなどにより、十分に景気回復の実感がない旨を説明し、現状での消費税の引上げは、回復の兆しが見える景気の腰を折る懸念があるという意見を述べた。
その上で、石澤会長は中小・小規模企業対策として、設備投資減税など更なる景気対策の実施や、免税点を消費税創設当初の3,000万円に戻すなど、抜本的な価格転嫁対策を講じるよう政府に求めた。 更に、仮に消費税率を引上げる場合には、安倍総理自らが、広く一般消費者に対して、消費税の引上げの理由や中小・小規模企業が価格転嫁することが困難である実態などを説明することも求めた。
Copyright 2017 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.