「農林漁業と商工業の連携を通じた地方創生の推進に関する協定」の締結について | 全国商工会連合会
「農林漁業と商工業の連携を通じた地方創生の推進に関する協定」の締結について

2017年5月22日

平成29年5月19日、全国商工会連合会は、全国農業協同組合中央会、全国森林組合連合会、全国漁業協同組合連合会、日本商工会議所と、山本幸三地方創生担当大臣立会いのもと、標記協定書を締結しました。
本協定は、相互に連携・協力し、農林漁業並びに商工業の振興を通じて、豊かで暮らしやすい地域社会をつくり、もって地方創生を推進することを目的として締結したものです。
石澤会長は、「商工会と農協等が連携した取り組みを行っている地域も出てきている。本会としても、協定締結を契機に全国のこのような取り組みを一層加速させ、より大きな成果を得られるよう力を注いでいきたい。」と意気込みを示しました。
具体的なアクションプログラムは、連携協力推進会議を設置し、夏ごろにまとめることとしています。
  • 画像
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2017 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.