第75回協会けんぽ運営委員会にて城戸福岡県連会長が発言 | 全国商工会連合会
第75回協会けんぽ運営委員会にて城戸福岡県連会長が発言

2016年6月21日

6月21日に開催された第75回全国健康保険協会(協会けんぽ)運営委員会に、運営委員である城戸津紀雄福岡県連会長が出席し、医療費削減への取組等について発言しました。

(城戸福岡県連会長の主な発言内容)
協会けんぽが掲げる全保険者が取り組むべき指標の中で、後発医薬品(ジェネリック)の使用がある。後発医薬品の希望カードの配布などもされているが、患者の側から医者に直接依頼するのは躊躇されることもあるだろう。沖縄での成功事例のように、協会から医療機関に働きかけて医療提供者の方に意識してもらうことが効果的なのではないか。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2017 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.