九州商工会連合会が熊本地震により被災した中小・小規模事業者の復興支援を要請 | 全国商工会連合会
九州商工会連合会が熊本地震により被災した中小・小規模事業者の復興支援を要請

2016年6月17日

 6月16日(木)、福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄の各県商工会連合会で構成する九州商工会連合会(会長 森鹿児島県連会長、全国連筆頭副会長)が、平成28年熊本地震で被災した中小・小規模事業者が早急に事業復興できるよう、「熊本地震からの本格的な復興に向けた商工業の振興・地域経済の再生にかかる要請」を作成し、各県連会長が自民党の谷垣幹事長をはじめ、林経済産業大臣及び豊永中小企業庁長官、土井国土交通省副大臣、三ツ林厚生労働大臣政務官、安田総務省自治財政局長を訪問し、陳情を行った。
 主な要請内容は以下の通り。

1.中小・小規模事業者に光を当てた復興計画の策定
2.復興支援対策の着実な実施と柔軟な運用
3.中小・小規模事業者への支援体制強化と地域小規模事業者への特段の配慮
4.九州への国内外観光客の誘致促進の実施
  • 画像
  • 画像
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2017 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.