民主党経済産業部門会議にて後藤常務が税制改正について要望 | 全国商工会連合会
民主党経済産業部門会議にて後藤常務が税制改正について要望

2015年11月9日

11月6日(金)、衆議院議員会館において民主党経済産業部門会議が開催され、平成28年度税制改正要望について関係団体ヒアリングが行われた。
会議には、国会議員7名が出席。全国連からは、後藤常務理事が出席し、以下のとおり要望を行った。

<要望事項>
 (1)消費税の軽減税率導入には慎重な検討が必要
 (2)消費増税に対する万全の転嫁対策の実施
 (3)外形標準課税の中小企業への適用拡大には反対
 (4)欠損金の繰越控除をはじめ中小企業税制の縮減反対等
 (5)小規模企業振興基本法を踏まえた中小・小規模企業の税負担の軽減
  • 画像
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2017 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.