第69回協会けんぽ運営委員会にて城戸福岡県連会長が発言 | 全国商工会連合会
第69回協会けんぽ運営委員会にて城戸福岡県連会長が発言

2015年10月15日

10月14日に開催された第69回全国健康保険協会(協会けんぽ)運営委員会に、運営委員である城戸津紀雄福岡県連会長が出席し、医療費の適正使用の必要性等と平成28年度の保険料率について発言しました。

(城戸福岡県連会長の主な発言内容)
中小企業にとって保険料の支払いは経営を圧迫している。医療費の抑制に努めるなどして、これ以上負担をかけないようにしたい。医療費の適正使用に関して、国(厚生労働省)のさらなる対策も求めたい。
平成28年度の保険料率についても、安定的な運営も必要であろうが、中小企業の負担を考えれば、引き下げられる時は引き下げるべきである。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2017 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.