第66回協会けんぽ運営委員会にて城戸福岡県連会長が発言 | 全国商工会連合会
第66回協会けんぽ運営委員会にて城戸福岡県連会長が発言

2015年5月29日

5月25日に開催された第66回全国健康保険協会(協会けんぽ)運営委員会に、運営委員である城戸津紀雄福岡県連会長が出席し、医療費抑制の必要性等に関して発言しました。

(城戸福岡県連会長の主な発言内容)
ジェネリック薬品利用に関して地域間での格差があることを踏まえ、調査・分析を行ったうえで格差の是正に努めるべきである。
また、院外処方の必要性についても診療報酬額と照らし合わせて検討すべきである。
疾病の早期発見、早期治療を生かして重症化させず医療費の抑制に努めるべきである。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2017 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.