全国連・勝野専務理事が平成27年度第2回政策コメンテーター報告を提出 | 全国商工会連合会
全国連・勝野専務理事が平成27年度第2回政策コメンテーター報告を提出

2015年3月24日

全国連・勝野専務理事が平成27年度第2回政策コメンテーター報告として、現下の経済情勢や経済の好循環実現に向けた取組について意見を提出し、その内容が経済財政諮問会議のHPに公表されました。

【勝野専務の意見概要】

○経済動向について
景気回復は足踏み状態。輸出関連業種で好調な声が多い一方、原材料等コスト上昇により収益を圧迫しているとの声が多くの業種で聞かれる。

○経済の好循環実現に向けた取組
中小・小規模企業の持続的発展、事業承継等の施策強化が必要。

○中小企業等への波及が重要との指摘を踏まえて強化すべき取組
大幅な金融緩和による円安メリットを享受している大企業等から、下請け価格への還元を強く期待したい。


なお、これまでのコメンテーター報告については、以下の関連リンクをご参照ください。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2017 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.