廃校活用マッチングイベントの開催について | 全国商工会連合会
廃校活用マッチングイベントの開催について

2019年8月29日

7,583校。これは、2002年度から2017年度にかけて廃校となった公立学校の数です。毎年新たに約470校の廃校が発生しており、施設が現存する廃校の約2割は、活用用途が決まらずに残されています。
文部科学省「みんなの廃校プロジェクト」では、廃校活用を推進するため、民間企業による廃校の活用事例をパンフレットで紹介したり、全国の廃校施設の情報をHPで公表したりして、廃校施設を「使いたい」事業者と、廃校施設を「使ってほしい」自治体とのマッチングを図っています。
9月20日、「廃校活用マッチングイベント」を開催します。前半は、実際の廃校活用事例について、事業者と自治体の双方から講演を行います(3事例)。後半は、廃校を「使ってほしい」自治体がブースを出展し、参加者同士で自由に交流するマッチングタイムです。
廃校活用に向けた出会いの場で、廃校ならではのメリットや活用までの経緯について生の声を聞いてみませんか。

 ◇日 時:9月20日(金)13時30分~17時
 ◇会 場:三田共用会議所(東京都港区)
 ◇定 員:250名(先着順)
 ◇締 切:9月6日(金)17時
 ◇参加費:無料
 ◇詳細は以下の各関連リンク(文部科学省HP)をご確認ください。
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2019 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.