ネットdePOSレジが消費税軽減税率対策補助金に登録されました | 全国商工会連合会
ネットdePOSレジが消費税軽減税率対策補助金に登録されました

2016年9月21日

中小企業基盤整備機構において、消費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者等が複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修などを行うにあたって、その経費の一部を補助する制度(消費税軽減税率対策補助金)を実施しており、9月16日(金)に簡易タブレット型POSレジ「ネットdePOSレジ」も登録がされました。本補助金に登録されている機器等を購入される場合、少ない負担でモバイルPOSレジ機器の導入が可能となりますので、この機会にぜひご活用ください。


1.複数税率対応レジの導入等支援(A型)のうち、A-3型(モバイルPOSレジシステム)に登録

2.対象機器
「所得税法等の一部を改正する法律」の成立日(平成28年3月29日)から平成29年3月31日までに導入または改修等が完了したものが補助対象であり、A-3型に登録されているネットdePOSレジ関連機器
※補助金の対象となる購入については、ネットdePOSレジポータルサイトからの注文になります。
※機器等の購入にあたり、最大20万円の補助が受けることができます。
    
3.補助金申請受付期限
平成30年1月31日までに申請(事後申請)
関連リンク
添付ファイル
Copyright 2017 Central Federation of Societies of Commerce and Industry. All Rights Reserved.