クラブ・インパルス青年部一覧  
徳島県商工会青年部連合会 会長 (2009)
北島 一人
『交』 (2009-2012年度 会長スローガン)
私たちを取り巻く環境は大きく変化しています。大きな視点では世界経済の悪化であり、また身近な視点では少子高齢化による消費者ニーズの変化などが上げられます。このような状況下で、様々なアイデアや経営革新の実現によって、一見「ピンチ」に見える状況を「チャンス」に変えている、また変えようと日々前進し、地域の中核を担うべく邁進しているのが我々青年部だと思います。
このような青年部、事業所の「点」と「点」を結び、「線」(事業所ネットワーク)とする、また「線」と「線」によって「面」(販路)をつくる、このきっかけを創出するのが青年部連合会の役割であると私は信じています。
道と道が交差する近隣には店が集まり、人が集まります。また川の合流の仕方によってはそこに流されてきた土砂が堆積し、中州をつくります。交わらなければ何も新しいことは生まれません。
まずは「交」わること−必ず新しい何かが生まれ、発見できると確信しています。
住所:〒771-0204 徳島県板野郡北島町鯛浜字川久保16-1     事業所名:株式会社北島組
すべての方々に感謝。:『会長ブログ』
 
昨年より本ブログを更新できないままでしたが、
いよいよ明日、5月8日の徳島県青連通常総会にて、
2期4年務めさせて頂いた県青連会長を退任することになりました。
思い出せば・・・
 
この4年間、本当に様々な経験をさせて頂きました。
このブログを読み返してみても語りつくせない、書ききれないほどの思いが改めてこみ上げてきました。
どんな言葉を使っても、どれだけ長い文章を書いても、締めの言葉は一つです。

「この4年間に出会ったすべての方々に感謝です。
 本当にありがとうございました。」
 
建設業意見交換会:『会長ブログ』
 
9月15日 徳島ワシントンホテルにて建設業意見交換会を開催しました。
今回は・・・
 
「今こそ立ち上がれ 中小企業家達よ!」というテーマで、広島県商工会青年部連合会前理事のカワガシラ企画 川頭武士さんにご講演を頂きました。
現在、当社も技術提携している「透水性保水型土系舗装トース土工法」を主軸に、広島県内商工会青年部のネットワークを活用したビジネスを展開されています。
この日は「待つ営業から提案する営業」で利益確保することを目的に、精力的に活動されていることについてお話して頂きましたが、その熱意とアイデアに私も含めた参加者一同、
うなるしかありませんでした。
これからは、仕事は自分たちで作る時代、そして自分たちで適正利益を決定して行かなければならない時代だと思います。
徳島県内においても、川頭さんのお話を参考に新しいビジネスネットワークを構築すべく、動いていきましょう。
 
最後の中国四国ブロック交流会:『会長ブログ』
 
9月8日・9日の中国四国ブロック交流会。県青連会長就任以来、4回目となりました。
愛媛・島根・高知そして鳥取・・・
 
開催のたび、中四国ブロック会長の絆が生まれ、県内青年部のみんなとの団結力が強まり、
そして多くの仲間との交流が生まれました。本当にかけがえのない時間を過ごさせて頂いていると実感しています。
あと残りの任期、最後の最後で大きな仕事が残っています。
2月の徳島での全国大会、青年部のため、地域のために、私の思いの集大成として必ず成功させます。
 
 添付ファイル: 中国四国ブロック各県会長と (199KB)

お知らせ履歴 記事一覧を見る
中国四国ブロック交流会主張発表「会長ブログ」
熱い思いを話して頂きました。
熱い思いを話して頂きました。
   
9月8日 鳥取県において中国四国ブロック商工会青年部交流会が開催されました。
交流会のメインである主張発表には・・・
 
大麻商工会青年部の”レンコンマン”こと長谷川伸一さんが出場。
徳島での県大会の時より遙かにレベルアップした発表で、長谷川さんの本当に熱い思いと決意が私の心にビンビン伝わって来ました。
惜しくも全国大会への出場は逃してしまいましたが、だれもが最優秀を確信するほどの発表は、その場にいた青年部員みんなの心を打つと共に、その努力と実直さがみんなにいい刺激を与えて頂いたと思います。
レンコンマンの今後の飛躍に期待です!
 
 添付ファイル: レンコンマンの思いはみんなに伝わりました! (127KB)

次世代プロジェクト 東北視察「会長ブログ」
奇跡の一本松
奇跡の一本松
   
9月1日・2日と徳島県商工3団体青年部次世代プロジェクト会議にて、今期事業であります「災害支援パートナーズ事業」の一環で・・・
 
宮城県気仙沼市、岩手県陸前高田市・石巻市を視察してきました。一泊二日の強行スケジュールでしたが、陸前高田市の戸羽市長さまともお話させて頂いたり、同市商工会青年部の坂井部長さんのお店にも寄らせて頂いたり、非常に有意義なものでありました。
被災地の状況は、1年半たった今も瓦礫が収集サれているだけで、いわゆる全体的な復興への道のりはまだまだ遠いといった感じを受けました。
しかしながら、プレハブでのお店の開店など、個人や地域でそれぞれに苦しい中頑張られていることは肌で感じさせて頂きました。
陸前高田の戸羽市長の言葉です。
「忘れられるのが一番恐いこと・・・」
私は、被災地が復興するには、全国からの支援と理解がまだまだ必要と思います。被災地以外ではあれから1年半ですが、被災地では発災時からほとんどそのままなんです。
どうか皆さん、発災時に我々がとった行動を継続し、またカタチを替えても、被災地のためにできることをこれからもずっと続けて行きましょう。

またこの視察には野田県青連副会長も一緒でした。
野田副会長は美波町日和佐。
近い将来起こるであろう南海地震の影響を最も受ける1つの地域です。野田副会長も複雑な思いであったと思います。

今回の視察が、県内の各地域の減災に役立つ有意義なものとなるよう、取り組んで行きます。
 
 添付ファイル: 内陸へ約600mも打ち上げられた漁船が今も残ってます。 (232KB)
陸前高田市 戸羽市長と。 (202KB)

本当に残念です・・・「会長ブログ」
 
先日、牟岐町商工会青年部部長の福岡道徳さんが38才の若さでお亡くなりになり、今日、告別式に出席しました。
 
急に体調を崩されたとのことですが・・・
福岡さんは10数年にわたり部長を務められ、県青連においても本当に無くてはならない方でした。

地元牟岐町のため、地域の子供たちの将来のためにと、長年部長として活躍され、地元地域誌にも取り上げられ、さぁこれからという時に・・・
非常に残念で悔しくてたまりません・・・
福岡さんについて、私の心の中は全国の青年部の皆さんに伝えたいこと、知ってほしいことでいっぱいですが、なかなかうまく言葉にできません。
ただ、家族のため、地域のため、仲間のために、誰も真似ができないくらい全力で人生を駆けていった福岡さんには、今は「ゆっくり休んでください」とだけ言わせて下さい。
心からご冥福を・・・。
 
徳島県中小企業青年中央会総会「会長ブログ」

5月22日 徳島県中小企業青年中央会の総会に出席しました。
今年は役員改選があり…


中野会長から田村会長へバトンタッチが行われました。
田村新会長とは、経済青年団体で組織する商工3団体次世代プロジェクトで以前からお世話になっており、引き続き県内の会員事業所の発展と地域振興にむけ協力体制を組んでいきたいと思います。

ラストスパート「会長ブログ」
盛岡駅
盛岡駅
  総会シーズンもラストスパート!
今月内でほとんどの総会が終わります。
先週は・・・

岩手県盛岡市で全青連総会があり、その後仕事で東京へ。
東京から帰徳後はすぐに地元北島町商工会の総会に出席しました。
それぞれの場所では必ず全国大会の話題が出ます。
皆さまの期待にそえるよう頑張らなければっ!
 添付ファイル: 全青連総会 (34KB)
北島町商工会総会 (30KB)

総会シーズン「会長ブログ」
 
ゴールデンウィーク明けから総会出席のピークを迎えています。
今週はホント長かった・・・(*_*)
 
5月7日 日和佐商工会青年部総会
野田県青連副会長が所属されている日和佐商工会。
影治美波町長を迎え、約15名の出席者により総会が開催され、私も来賓としてお邪魔しました。
総会後の懇親会では、日和佐の町をもっと活性化するには・・・というテーマで部員の皆さんと様々なアイデアを語り合いました。

5月9日 愛媛県青連総会(松山市)
来年2月に開催の全国(徳島)大会のPRをさせて頂くため、お邪魔させて頂きました。

5月10日 徳島県青連総会(徳島市)
われら徳島県青連総会を徳島市の阿波観光ホテルで開催しました。当日は約70名の皆さんに参加を頂き、今年度事業について承認を頂きました。
兎にも角にも今年度の目玉は全国大会の開催。
県内部員のみなさんには時間と労力の面で大変なご協力を頂くことになりますが、後にきっとそれぞれの事業所、地域にとってプラスになるような大会としていきたいと思います。

5月12日 香川県青連総会(さぬき市)
愛媛県青連とおなじく、来年2月に開催の全国(徳島)大会のPRを
させて頂くため、お邪魔させて頂きました。

また明日は全青連総会で岩手県盛岡市、そしてその後は仕事で東京へ向かいます。
今月末までは、まだまだ予定がビッシリですが、無理をせず体調に十分気をつけながら頑張っていこうと思います!
 添付ファイル: 徳島県青連総会 (185KB)
愛媛県青連総会 (149KB)
香川県青連総会 (173KB)

地域活性化の一役を・・・「会長ブログ」
徳島ヴォルティスの新田社長と
徳島ヴォルティスの新田社長と
   
5月6日 この度、当社はサッカーJ2リーグ所属の『徳島ヴォルティス』の
オフィシャルスポンサーとなりました。
協賛看板は・・・
 
当社事業の「ユニバーサルホーム」で出させて頂いております。
徳島ヴォルティスのJ1昇格を目指し、全力で応援するとともに、同時に地域の活性化につながるよう、当社として最大限の協力をさせて頂こうと思います。
 
 添付ファイル: ゴール裏看板 (39KB)

美馬市商工会青年部総会「会長ブログ」
   
4月25日 穴吹町の「まつおか」さんで開催された美馬市商工会青年部総会に出席させて頂きました。
総会には・・・
 
中川部長(県青連副会長)を筆頭に約45名の青年部皆さんの出席のもと、牧田美馬市市長、美馬市商工会の蔭山会長を来賓にお迎えし開催されました。
合併後3年を経過した美馬市商工会青年部ですが、みなさんが1つとなって事業に取り組まれていること、非常に感銘を受けるともに、それぞれが地域のためにと、まっすぐ前を見据えていることがひしひしと感じられました。
またこの日は私が尊敬する先輩の一人、丸山先輩をはじめ、20代の青年部員の皆さんが多く出席されていました。
先輩や、次世代の青年部を背負って立つ、若い年代の青年部員さんとお話する機会も少ない中、非常に有意義な時間を過ごさせて頂いたことに感謝です。
これからも皆さんと一緒に頑張っていきます!
 
中部地区商工会青年部協議会 総会「会長ブログ」
   
4月24日 夕刻から県青連の藤原副会長のお店でもある、「新日本料理ふじわら」で開催された中部地区商工会青年部協議会総会に出席させて頂きました。
総会に先立ち・・・
 
全国大会PRのDVDを上映して頂き、雰囲気を盛り上げる演出をして頂きました。
中部ブロックでは、これまで本協議会のあり方や方針等について、様々な視点から研究をされてこられた経緯があり、また合併で川島・山川商工会青年部が新たに合併し吉野川市商工会青年部となるなど、新しい青年部づくりがなされているブロックであります。
そんな成果なのか、この日は非常にいい雰囲気で、青年部員同士が和気あいあい、時には真剣に話し合っている場面が多々見受けられました。
「中部ブロックは一枚岩」・・・正直に私はそう感じました!
これからの益々の活躍が期待されます!
徳島県商工会女性部連合会総会「会長ブログ」
   
4月24日 午前11時から阿波観光ホテルで開催された徳島県商工会女性美連合会総会に出席させて頂きました。
総会では・・・
 
今年度事業として「青年部全国大会への協力」と明記して頂いておりましたこと、本当にありがたく、また心強く思った次第です。
その後の懇親会では、女性部の皆さまから、徳島PRするための地域PR、物産展等の様々なアイデアを頂きました。女性部の皆さまの力をお借りしながら、大会を成功裏に、また徳島を全国へ発信していきたいと決意致しました。
那賀阿南商工会青年部連絡協議会総会「会長ブログ」
    
4月23日 午後からの次世代プロジェクト会議を終え、そのまま鷲敷へ。
那賀阿南商工会青年部連絡協議会総会へ出席いたしました。
総会では・・・
 
来年2月の全国大会への協力を大きな柱として頂きました。部員皆さんの思いに本当に感謝です。
またこの日は、前徳島県青連会長の萩原先輩もご出席しておられ、久々にいろんなお話をさせて頂きました。先輩の方々が築きあげられたもの、現在の青年部員の皆さんの思い、そのすべてを大事にしていきたいと思います。
 
商工3団体 次世代プロジェクト「会長ブログ」
   
4月23日 午後より、徳島市末広町の徳島経済産業会館にて開催された「商工3団体次世代プロジェクト会議」に出席しました。
この日は・・・
 
県商工労働部商工政策課の岡田課長さまはじめ、同課職員の方々の出席を頂き、今年度事業について協議を致しました。
今年度は、昨年度の「とくしま災害支援パートナーズ」のブラッシュアップと「率先避難企業」についての研究を主体に事業を推進していくことになりました。
未だ、詳細は未定ですが、青年部の皆さまの多くの参加をお願い申し上げます。
また、各団体の会長交代があり、商工会議所青年部は手塚会長、中央会は田村会長に代わられました。
これまでの思いを引き継いでよりよい事業となるよう努力していきます。
 
 添付ファイル: 県商工会連合会が入る「徳島経済産業会館」 (40KB)

吉野川市商工会青年部総会「会長ブログ」
 
4月20日 川島町で開催された吉野川市商工会青年部総会に出席しました。
この4月に合併後初の総会となりましたが・・・
 
全青年部員が和気あいあいと懇談し、今年度事業について真剣に熱く語り合っていました。
吉野川市商工会青年部の部員の皆さまは、合併時の初代メンバーであり、この年度に県連会館も移転、そして全国大会と、本当に特別づくしの年度を迎えることとなります。
どうか、地域のため、商売のために新しい知恵と行動力をもって、全力で取り組んで頂きたいとおもいますし、それを実現するだけの思いとパワーを持っていると、私はこの日、確信いたしました。
平成24年度 徳島県青連 第1回役員会「会長ブログ」
 
4月19日 県商工会館にて平成24年度 徳島県青連 第1回役員会を開催しました。
こ役員会では来月開催される・・・
 
通常総会の議事についての協議、また全国大会(徳島大会)の開催要領等について検討を行いました。
またこの日は、愛知県青連会長であり全青連副会長の鈴木克尚氏が来徳され、全国大会に関して様々なご助言を頂き、徳島県青連役員一同、全国大会への意気込みをより一層強めた次第です。
まだまだぼんやりですが、少しずつカタチにし、徳島らしい全国大会を作り上げていきたいとおもっております。
どうか青年部のみなさんのご協力をお願い申し上げます。
全青連理事会「会長ブログ」
   
4月18日 東京有楽町の全国商工会連合会にて開催された、全青連理事会に出席しました。
任期2年目の第一回の理事会・・・
 
現体制の総決算というべき年度の事業等について協議致しました。
特に今年度の最終には全国大会(徳島大会)を控えており、是が非でも成功裏に納め、最後を締めくくりたいと思っております。
しかしながら、私は今回の理事会をもって、香川県の田中会長と理事を交代することになりました。
一年間、全青連役員の皆さまには本当にお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。
引き続いて全国大会に向け頑張っていきますので、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
 
 添付ファイル: 全青連役員のみなさんと (85KB)

石井町商工会青年部総会「会長ブログ」
   
4月17日 石井町の「きよしげ」さんで開催された石井町商工会青年部総会に出席しました。
冒頭、徳島県青連副会長でもある藤原部長から・・・
 
石井町商工会青年部の紹介として、これまでの活動を収めたDVDが上映されました。
常に「地域のため」という気持ちを軸に様々なイベントや活動をされていることに、改めて敬意を表した次第です。本当に青年部員が一つとなって掲げた目標に向かって全力を注いでいる姿は非常に感動を覚えるものでもありました。
当日の私の挨拶でも申し上げましたが、「誓いの言葉」にある『創造力と行動力をいかし、地域振興発展の先駆者となる』をそのまま実践されている青年部の1つであると思います。
これからも共に頑張りましょう!
 
新年度スタート「会長ブログ」
 
直前の更新からはや1ヶ月が経ってしまいました・・・
更新ペースが遅くなってること反省です。
ここ1ヶ月、スケジュール帳を見なおしてみますと・・・ 
 
まず第一週目・・・
2月の健康診断で「緑内障」の疑いがあると言われ、慌てて眼科へ。幸い何もなかったのでホッと胸をなでおろした次第。

第二週目。
仕事で3泊4日の沖縄出張。暖かさに癒されながらも、帰徳後すぐに住宅完成見学会開催。気温10度差で「やっぱり冬」を痛感。

第三週目。
商工会全国大会の準備会として、協力頂ける四国放送さま、近畿日本ツーリストさまと打合せ。
そしてまた仕事で岡山出張。

第四週目。
県青連理事会・部長会を開催し、今年度事業についての協議、並びに全国大会実行委員会を設立。
そして全青連臨時総会で東京へ2泊3日。

そして最終週。
月末に開催する住宅事業部イベント準備でてんてこ舞い(*_*)
開催当日には強風のためテントを片付けようとして、不注意でテントの足が私の額にガツン!
・・・5針を縫うハメに(T_T)厄年であることを痛感。

といった感じで怒涛の3月を過ごした次第です。

この新年度、私にとって、徳島県青連にとって非常に大事な年度となります。私には任期最後の年度であり、スローガンであります「交」を青年部員のみなさんに本当に実感してもらえるよう、全力で取り組みたいと思っております。
また来年2月の全国大会では、徳島をPRするだけでなく、各青年部単会にとって全国の仲間との交流のきっかけを作り、お互いに向上していけるような関係を築きたいと思っております。

青年部の皆さま、県青連、単会、そして商売にとって今年度はチャンスの多い年度となるはずです。
どうか一緒にがんばっていきましょう!
 
携帯サイトのご案内
QRコード
企業データ
代表者名: 北島 一人
住所: 〒771-0204 徳島県板野郡北島町鯛浜字川久保16-1     事業所名:株式会社北島組
関連リンク
株式会社北島組
  http://kitajima-gumi.co.jp/
ユニバーサルホーム徳島北店
  http://uh-tokushima.com/
Last Updated:2013/05/07