全国トップ 地域トップ 沖縄県商工会連合会 北中城村商工会 事業所一覧
北中城村商工会【Tel:098-935-3939】
北中城商工会からのお知らせページ
北中城村商工会のPOINT
北中城村
沖縄県
確定申告
IT経営戦略
地域振興
人材育成
特産品開発
きたポ
トラベルマート
観光
地域を育むパートナー
shokokai_logo
北中城村商工会は、商工会法に基づき設立された特別認可法人です。地域の商工業者の育成や地域の活性化を図るため様々な活動を行っています。

商工会では、経営に関する不安や問題等を解決するために、いつでもみなさまのお越しをお待ちしています。

【経営改善普及事業】 みなさまの経営の改善発達のために
商工会が行っている「経営改善普及事業」とは、小規模企業の経営や技術の改善発達を図るための事業で、経済産業大臣の定める資格を持つ経営指導員などが、 金融・税務・経営・労務などの相談や指導に従事するとともに、商店街の近代化やむらおこし事業など、地域の活性化のために様々な取り組みを行っています。この事業には、国と都道府県の補助金が交付されており、秘密厳守、原則無料にて相談指導にあたっていますので、安心してご相談ください。

【地域総合振興事業】 商工業者のくらしと地域社会の幸せづくりのために
商工会は、地域の「総合経済団体」また中小企業の「指導団体」として、豊かな地域づくりと商工業の振興のために、様々な地域振興事業に取り組んでいます。

◆北中城村商工会までの地図◆
代表者名: 会長  安里 邦夫
住所: 〒901-2303 沖縄県北中城村字仲順432番地
TEL: 098-935-3939 ■FAX: 098-935-2978
業務時間:午前8:30〜午後5時15分(正午〜午後1時までは昼休み)
休日:土・日・祝祭日、慰霊の日、年末年始(12月29日〜1月3日)
主要業務:各種指導(経営、金融、税務、経理、労務)、各種共済・年金保険制度IT化・情報化
マイホームページ:http://www.kitanaka.or.jp/
携帯サイトのご案内
QRコード
 新着情報  
 
平成27年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」採択者向け説明会 『商工会よりお知らせ』
【中部地区】日時:平成28年8月31日(水)14時〜16時 北谷町商工会
 平成27年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」の採択者に対し、申請にあたって立案された計画に基づき着実に事業を実施して頂くために、補助金執行上の留意点、事業の完了・実績報告時に必要となる提出書類、その記入方法、経費支出書類の整理方法等について説明会を開催されます。
 なお説明会は、北部、中部、南部、先島の4ヶ所で予定し、地方事務局(県連)より採択者向けに案内文を郵送し、受付けを県連ホームページ内にて行ないます。
 また、説明会終了後に個別相談会も実施し、各事業者の相談に応じていきます。
 関連リンク: http://www.oki-shokoren.or.jp/

経営者のための事業承継セミナー 『商工会よりお知らせ』
主なセミナー内容は、知っておきたい経営者交換時に活用できる支援施策及び事業引継支援センターの取組等。
全国47都道府県で開催。
沖縄開催:平成28年11月15日(火)
詳しくは別添ファイル、若しくは中小機構HPから。

 関連リンク: https://28jss.smrj.go.jp/
 添付ファイル: (別添)事業承継セミナーチラシ.pdf (735KB)

 
相続・遺産分割に関心をお持ちの皆様へ≪セミナー≫ 『商工会よりお知らせ』
日時:8月31日 15〜17時
会場:北中城村商工会2階
 基礎知識をつけて今後の相続対策の活用に役立てて想いを伝える相続に!
 セミナー終了後、個別相談も有。(希望者はお申出下さい)

 添付ファイル: 相続対策セミナー≪ご案内≫ (1230KB)

 
号外・会報誌≪H28 地域ブランド構築事業≫ 『商工会よりお知らせ』
 本会では、北中城村より一括交付金の交付を受け、昨年に引続き、村の特産物のアーサ(ヒトエグサ)を加工したアーサ麺の展開や村内事業所の販路開拓支援等に取り組んでいます。

 添付ファイル: 号外・会報誌≪H28 地域ブランド構築事業≫.pdf (1886KB)

 
創業セミナーのお知らせ 『商工会よりお知らせ』
 創業時に必要となる「経営に関する知識・ノウハウ」や「起業・事業運営に伴う各種手続き」、「資金調達」などの実務ポイントを一体的かつ体系的に学習できるカリキュラム。
対 象:創業予定者及び創業後1〜3年
開催日:9/10、9/24、10/8、10/22、11/5,11/19
受講料:10,800
対 象:創業予定者及び創業後1〜3年
開催日:9/10、9/24、10/8、10/22、11/5,11/19
受講料:10,800円
 添付ファイル: セミナー申し込み書 (1283KB)

  セミナー案内文書
セミナー案内文書
記事一覧を見る  
 詳細情報
北中城村について 
村 章「北」「中」を図案化したもので、円は村の平和と強調、そして団結を表し、左右の北と中の文字は、村民の英知を結集して、未来に向かって飛躍、発展する姿を象徴したもの。(昭和55年5月20日制定)

        村 章

map[位置] 北中城村は、沖縄本島の中部地区に位置している。那覇から北東へ16Km離れた地点にあり、東側は中城湾に面し、南側は中城村及び宜野湾市、西側は北谷町、北側は沖縄市に面して、二市二町村にとなり合っている。地形は、一部等海岸平地部を除く大部分が丘陵台地で、この大地を更に二つの稜線が東西に走り、それぞれの南北へ緩斜を形成し、起伏が多く、まとまった平地は少ない。地質はジャーガル、マージ、イーフなど多種多様な地質形態をなしている。

[地勢] 本村は、かつて中城村の一部として長い歴史を歩んできたが第2次世界大戦の結果、占領軍の施設によって村が南北に分断され、行政の執行に大きな支障をきたしたことから、昭和21年5月20日。北側に属した12行政区をもって新たな自治体「北中城村」として誕生したのである。「中城村」の地名は「おもろ」にもうたわれ、古くから由緒深く、特に1440年代、ときの按司護佐丸によって築かれた中城城と自然の良湾として知られた中城湾によって象徴され、また、第2尚氏王統時代「中城」は王世子の称号に用いられ、かつ世子領とした豊穣の地として広く世に知られたのである。統治の形態は時代とともに変化し、王朝の按司時代から按司掟(アジウッチ)制、地頭代制、町村制を経て現在の地方自治制度へと変遷してきた。その間、一貫して中城城内に役場(古くは番所)は置かれ、昭和20年の沖縄戦当時まで中城村の行政が行われた。往時殖産振興に名をなした沖縄隋一の産糖村で教育村・移民村としてもその名声を称えられた。
マスコットキャラクター 若松くん 
若松くん
「若松くん」の自己紹介

 ボク若松「中城若松」とか「安谷屋の若松」と呼ばれています。(・・・こう見えてもれっきとした男の子です) 伝説上の人とも言われていて、地元では金丸(のちの琉球王・尚円)と安谷屋ノロとの子とされています。でも、ボクをモデルに玉城朝薫が組踊「執心鐘入」を書いたのは事実です。恋を知らないマジメな美少年に描かれているのはちょっとテレますが・・・。
 安谷屋にはボクのお墓もあるし、若松公園には銅像もできたので、これからは北中城村を紹介していくマスコットとして、がんばります。


ラン■村花 ラン

ブーゲンビリア■村花木 ブーゲンビリア

リュウキュウコクタン■村木 リュウキュウコクタン
 


喜舎場の獅子舞喜舎場の獅子舞い
慶応から明治の初めにかけて前普天間から伝わったといわれ、悪霊を払い、豊穣を祈り、村落の発展を祈願して、旧盆ウークイの日に字の公民館及び村落の聖地(トゥヌ)で演じられる。



熱田の南の島熱田の南の島
(フェーヌシマー)

この踊りは15世紀読谷山間切座喜味城主であった護佐丸按司が長浜港を貿易港として南方諸国と取引していたところ、南方から伝わったということで南の島と呼んでいるとのことである。
 


中村家住宅中村家住宅
中村家住宅は、約280年前の琉球王朝時代に建てられた上層農家の代表的な規模形式を完備している住宅であります。奇蹟的に沖縄戦の戦災を免れたこの住宅は、室町時代の日本建築と中国の建築様式を合わせもつ独特な建造物として今に伝えています。

中城城跡中城城跡
300余りもあるとされる沖縄のグスクの中で最も昔の姿が残っているグスクの一つとして知られています。城壁の上からは東に中城湾(太平洋)、西に東シナ海を見下ろすことができ、眺望の素晴らしいところとしてもよく知られています。
 関連リンク
沖縄県商工会連合会
  http://www.oki-shokoren.or.jp/
北中城村
  http://www.vill.kitanakagusuku.lg.jp/site/view/index.jsp
北中城村民による北中城村のポータルサイト きたポ
  http://kitapo.jp/
Last Updated:2016/08/22  
北中城村|沖縄県|確定申告|IT経営戦略|地域振興|人材育成|特産品開発|きたポ|トラベルマート|観光