HOME 観光 商いと工業 農林水産 暮らし・サークル 雲仙うまかもんカタログ マップ イベント 会員向け情報
天川屋【Tel:0957-37-3196】
頼山陽ゆかりの宿
天川屋のPOINT
結婚式場
大小宴会
法事会食
宿泊
企業名: 天川屋
代表者名: 山中 一樹
住所: 〒854-0401 雲仙市千々石町甲1?7
TEL: 0957-37-3196
 新着情報  
流木ランプ
流木ランプ
 
流木クラフト作品7点追加 『【商工】お店の新着情報(=よか・うんぜん)』
5月16日 流木作品とともに
NCCトコトンサタデーにスタジオ出演することになりました。

『お帰りなさい 頼山陽』
江戸後期の儒学者、頼山陽の書などを集めた企画展が小浜町雲仙の森の美術館in雲仙で開かれています。(6月14日まで)
http://unzen-yokayu.co.jp/musium/musium-info.html

山陽は「日本外史」の著者としても知られる。

1818年、見識を高めるため長崎にも来訪。船で熊本に渡る途中、荒天のため千々石に漂着。
天川屋に宿泊し、漢詩を残した。
この漢詩は、後に入手した東京の医師宅で代々保管されていたが、二年前に同旅館が譲り受けた。

約190年ぶりに山陽の書が「里帰り」したことにちなみ、同展を企画。

会場には山陽の屏風や掛け軸20点他がが展示されています。

流木作品ギャラリーはこちら↓↓
 関連リンク: http://www.geocities.jp/ryuboku_craft/
 添付ファイル: 里帰りした頼山陽の書 (297KB)

天川屋の若主人の趣味 『【商工】お店の新着情報(=よか・うんぜん)』
天川屋の若主人の趣味は流木クラフト

橘湾の流木やビーチグラスでいろいろな物を作っています。

 関連リンク: http://www.geocities.jp/ryuboku_craft/
 添付ファイル: ビーチグラスのネックレス (26KB)
流木の時計 (18KB)
流木のブレスレット風腕時計 (37KB)

 
 詳細情報
お帰りなさい頼山陽 
頼山陽は江戸時代後期の漢学者で「日本外史」の著者として有名な方です。

文政元年、見識を深めるべく九州旅行を行い、長崎に来訪。

長崎を発って熊本に船で渡る途中橘湾で難破し千々石に漂着。

「天川屋」に宿泊し、程明道(中国の儒学者)の漢詩を宿代替わりに残した。

この書は神代村母里柳庵医師の末裔宅に家宝として保管されていたが、6代天川屋館主の熱烈なる懇願に千々石に戻されることとなった。
 関連リンク
http://www.geocities.jp/ryuboku_craft/
Last Updated:2009/05/15  
結婚式場|大小宴会|法事会食|宿泊