佐賀市南商工会

スペース
 
スペース

「働き方」が変わります!〜事業主の皆さまへ〜

今年7月6日に働き方改革関連法が公布され、2019年4月1日から順次施行されます。

【2019年4月1日に施行される主な改正事項】
T.時間外労働の上限規制が導入されます!
  ※中小企業は、2020年4月1日に施行されます。
U.1人1年あたり5日間の年次有給休暇の取得が企業に義務づけられます!
V.労働時間の状況を客観的に記録することが企業に義務づけられます!

※上記以外にも、正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差別禁止などの改正事項があります。

◎働き方改革関連法等の詳細については、以下の相談窓口へお問い合わせください。
1.時間外労働の上限規制や年次有給休暇などに関すること
 →お近くの労働基準監督署の「労働時間相談・支援コーナー」まで
2.正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の解消に関すること
 →佐賀労働局雇用環境・均等室(0952−32−7167)まで
3.労働時間管理のノウハウや賃金制度の見直し等労務管理に関すること
 →佐賀県働き方改革推進支援センター(0120−610−464)

 関連リンク: https://jsite.mhlw.go.jp/saga-roudoukyoku/hourei_seido_tetsuzuki/roudoukijun_keiyaku/_120786.html
 添付ファイル: 事業主の皆さまへ 「働き方」が変わります! リーフレット.pdf (830KB)
働き方改革 〜一億総活躍社会の実現に向けて〜 パンフレット.pdf (1324KB)

平成29年度補正IT導入補助金 3次公募がスタートします

中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするIT導入補助金の3次公募が9月12日より始まります。

本補助金の補助対象となるITツール等は下記IT導入補助金HPをご参照ください。 「ITツール選定ナビ」をご利用いただき、業種、事業規模、自社の課題等に応じた、最適なITツールを見つけましょう!なお、ITツールは随時追加されていきます。

補助額:上限50万、下限15万、補助率1/2

また、本補助金の申請は補助金事務局に登録されたIT導入支援者事業者が行うことととなっておりますのでご留意ください。

3次交付申請期間:2018年9月12日〜11月19日

※第1回締切:9月25日、第2回締切:10月9日、第3回締切:10月23日
 第4回締切:11月6日、第5回締切:11月19日

 関連リンク: https://www.it-hojo.jp/
 添付ファイル: 3次公募IT補助金リーフレット.pdf (373KB)

「西日本豪雨に係る特別相談窓口」を設置しました

去る7月6日より発生した西日本豪雨では、本県においても被害の拡大が予想され、迅速な復旧に向けた相談・支援対応を行うため「西日本豪雨に係る特別相談窓口」を設置しました。

商工業者の皆様におかれましては、西日本豪雨による被害等ありましたらご遠慮くなく商工会にご相談ください。
TEL 0952-47-2590

事業承継支援員が訪問します!

佐賀県・県内商工団体におきましては、中小企業の円滑な事業承継を支援することが喫緊の課題であると認識しています。事業承継支援員が県内中小企業を訪問し、現状と課題を聞き取りさせていただいております。

 国によれば、全国で今後10年の間に、70歳を超える中小企業の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万人が後継者未定の状態となっています。この現状を放置すると、中小企業の廃業の急増により、2025年頃までの10年間累計で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性があるそうです。
 佐賀県では、中小企業の円滑な事業承継を支援することが喫緊の課題であると認識しています。そこで、県内商工会に事業承継支援員を配置して、県内中小企業を訪問し、現状と課題を聞き取りさせていただきたく存じますので、事業承継支援員の訪問につきまして、御理解と御協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

 添付ファイル: 周知用チラシ.pdf (430KB)

平成29年度経営発達支援事業外部評価報告書を公表します

経営発達支援事業外部評価委員会から、平成29年度事業評価報告書が届きましたので公表します。
当会では、評価結果と意見を踏まえ、より高い成果を出せるよう取り組んで参ります。


 添付ファイル: H29年度実施分_佐賀市南(様式第2号)経営発達支援事業外部評価報告書.pdf (161KB)

中小企業景況調査2018年1-3月期結果報告について

中小企業景況調査は全国の中小・小規模事業者を対象に景気の動向・経営上の問題点などをお聞きしている調査です。全国約18000件(商工会地区約8000件)の事業所を四半期ごとに調査しております。

2018年1-3月期の景況調査結果は別添のとおりです。業種は建設業・製造業・小売業・サービス業の4業種です。貴社の経営のご参考にしてください。

 添付ファイル: 30.1-3業況判断DI.pdf (56KB)
建設業・製造業.pdf (4187KB)
小売業・サービス業.pdf (4085KB)

肥前さが幕末維新博覧会を応援しませんか 〜サポーター企業・団体等募集〜

「肥前さが幕末維新博覧会」が、平成30年3月17日から平成31年1月14日まで開催されます。肥前さが幕末維新博推進協議会では、この「肥前さが幕末維新博覧会」のサポーター企業・団体等を募集しています。

 サポーターになるための条件は「博覧会を応援(サポート)することを宣言」し、「博覧会を盛り上げていただくこと」であり、盛り上げのための取組は、可能な範囲となっています。

   サポーター宣言の届出方法等詳細は、佐賀県HPよりご覧ください。
  ※肥前さが幕末維新博推進協議会(佐賀県 肥前さが幕末維新博事務局内)
              ↓  ↓  ↓

 関連リンク: http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00359981/index.html

地域経済動向調査報告書を掲載しました

経営発達支援事業の一環として取りまとめた「地域経済動向調査報告書」を佐賀市南商工会HPに掲載しました。

佐賀市南商工会管内及び佐賀市の状況について取りまとめています。自社を取り巻く環境分析等にお役立て下さい。

佐賀市南商工会HPの左側のバナー又は下記のリンクよりご覧ください。

 関連リンク: http://www.sashoren.ne.jp/sagaminami/kdh2017.pdf

中小企業景況調査2017年10-12月期結果報告について

中小企業景況調査は全国の中小・小規模事業者を対象に景気の動向・経営上の問題点などをお聞きしている調査です。全国約18000件(商工会地区約8000件)の事業所を四半期ごとに調査しております。

2017年10-12月期の景況調査結果は別添のとおりです。業種は建設業・製造業・小売業・サービス業の4業種です。貴社の経営のご参考にしてください。

 添付ファイル: 29.10-12業況判断DI.pdf (56KB)
建設・製造業.pdf (4287KB)
小売・サービス業.pdf (4197KB)

佐賀県の最低賃金が改定されました!

佐賀県の最低賃金の改定があっています。
佐賀県内の使用者は、この最低賃金より低い賃金で労働者を使用することはできません。

改正内容は、以下のとおりです。

【地域別最低賃金】
 ○佐賀県(地域別)最低賃金・・・・・・・・・・・・1時間737円(効力発生日平成29年10月6日)

【特定(産業別)最低賃金】
 ○一般機械器具製造関係最低賃金・・・・・・1時間827円(効力発生日平成30年1月3日)
 ○電気機械器具製造関係最低賃金・・・・・・1時間795円(効力発生日平成29年12月22日)
 ○陶磁器・同関連製品製造業最低賃金・・・1時間738円(効力発生日平成29年12月2日)

 ※お問合せは、佐賀労働局又は最寄りの労働基準監督署へお願いします。
  詳細は、下記のリーフレットにてご確認ください。
          ↓  ↓  ↓

 添付ファイル: 佐賀県の最低賃金 (708KB)

スペース
スペース

スペース
スペース   スペース
 
詳細情報
スペース

諸富地区

諸富家具(佐賀市産業振興会館 展示場)

佐賀県南東部に位置し、筑紫平野の一部で、筑後川を挟み福岡県と隣接し、佐賀県伝統的地場産品の指定を受ける「諸富家具」の産地となっている。
不老長寿の薬を求め、徐福が上陸したとの伝説や国指定重要文化財である筑後川昇開橋などの歴史遺産がある。
夏のメルヘン花火大会や秋の諸富家具市が開催され、県内外から多くの人が訪れる。

スペース

川副地区

佐野常民記念館

佐賀県の南東端に位置し、町域の南側は有明海に面し、東側は筑後川河口の西岸にあり福岡県と接する。町域すべてが筑紫平野に含まれており、有明海岸にある佐賀空港を含め、面積の半分以上は江戸時代中期から行われた干拓によって作られている。産業としては、干拓地での米麦栽培を中心とし、トマトやアスパラなどの農産物や有明沿岸での海苔の養殖が盛んで、海産物漬物も特産品にある。国指定重要文化財であるじょうご造りの農家「山口家住宅」や日本赤十字社の創始者、佐野常民の記念館や日本の近代造船の礎となった歴史遺産「三重津海軍所跡」がある。

スペース スペース スペース
スペース

東与賀地区

シチメンソウ

佐賀市の南隣に位置し、南側は有明海に面する。町域の大半が江戸時代から第二次世界大戦後まで続けられた干拓によって造成された土地で、最高点でも海抜2.8mしかない低平地である。有明海の干潟に面し、塩生植物であるシチメンソウの群生地となっている。干拓農地での米麦を中心とした農業や有明海での海苔の養殖が主な産業としてあげられる。シチメンソウ群生地の沿岸部には、昭和天皇最後の行幸地として「行幸記念碑」が建立されているほか、「干潟よか公園」が整備されており、秋には県内外から多くの人が、海の紅葉「シチメンソウ」を楽しみに訪れている。

スペース

久保田地区

バルーンフェスタ

佐賀市西部にあたり、東の嘉瀬川、西の福所江川にはさまれ、南北に長い形をしている。町域全体が筑紫平野に含まれ、標高は低く平坦である。南は有明海に面し、町の南部は近世以降の干拓地である。
佐賀平野に多く見られる、クリークにより導水した水田における稲作およびその裏作の大麦栽培が主産業で、有明海沿岸地域であり海苔の養殖も盛んである。
秋口には、嘉瀬川河川敷でバルーンフェスタが開催され、秋空がカラフルなバルーンで彩られる。

スペース スペース スペース
スペース
スペース
スペース
スペース スペース
スペース メッセージ スペース

佐賀市南商工会 会員募集中

スペース
佐賀市南商工会(諸富本所):佐賀市産業振興会館内

佐賀市南商工会(諸富本所):佐賀市産業振興会館内

 商工会は、地域事業者が会員となり、ビジネスやまちづくりのために活動を行う総合経済団体です。また、法律にもとづいて設立された特別認可法人で、経営指導員を中心とした専門の職員が、中小企業の経営改善や地域活性化の支援をしております。
 佐賀市南商工会は、佐賀市の南部地域(諸富町、川副町、東与賀町、久保田町)の地域事業者の皆様を支援いたします。

スペース
スペース スペース
スペース スペース
スペース 基本情報 スペース
代表者名: 会長 吉村 正
住所: 〒840-2102 佐賀県佐賀市諸富町大字為重529−5
TEL: 0952-47-2590 ■ FAX: 0952-47-3756
 
携帯サイトのご案内
QRコード
スペース
スペース スペース
スペース スペース
スペース 関連リンク スペース
佐賀市南商工会トップ

http://www.sashoren.ne.jp/sagaminami/

スペース
スペース スペース
 
Last Updated:2018/11/13 佐賀県・佐賀市・諸富・川副・東与賀・久保田 |佐賀市南商工会・佐賀市南部 |経営相談・経営革新・金融相談・税務相談 |労働保険・専門家派遣・共済 |諸富家具・昇開橋・徐福伝説 |有明海・佐賀平野 |地域振興・経営改善・セミナー・講習会