「お客様の要望に答えたい・・・    そんな想いが、新しい製品のアイデアにつながりました!!
ファクシス株式会社(工場・事務所 安芸高田市吉田町西浦日南山工業団地)

 駆動式配線ガイドケースと
命名しました!

お客さまの要望に答えたい。
  「早期に部品を納入しなければ・・・」

いままで長い間お取引のある、重要な取引先企業のA社さまより、突然急ぎの依頼が入ってくる。それは、ある工作機械の電気配線をカバーするケースを作ってもらえないかというリクエスト・・・。

 工作機械には一般のわたしたちが思っているより、かなり多くのケーブルや電気配線が接続され、コンピューター制御のもとに動いているとのこと。機械が動くたびにケーブル・配線も同時に稼動することにより、ひどく摩耗・劣化するとのこと・・・。しかも工作機械は長時間稼動し続けるので、かなり高熱になる。つまり、ケーブル・配線を保護するカバーも耐久性・耐熱性が要求されるのである!なんとか取引先を満足させる製品が作れないか・・・。

 そんな状況の中から、生み出された製品がコレ!
  ←左の写真がその新製品です!!
耐久性・耐熱性に優れたステンレス製。
さらに、ぐねぐね動くケーブルの形状に合わせて、ステンレス製の製品も滑らかに動くことができるようになっているのです!!
 これはすごいことなんですよ!
すごい!この人が製作者です。生産技術部リーダー広重亮史さん!!

 「従来のケーブル・配線カバーは樹脂製(プラスチックのようなもの)の物が多く、 熱に弱いのが弱点でした。しかも欠けやすく壊れてしまうことも・・・。
そこで、耐熱性と耐熱性に優れたステンレスを採用することにしたのです!樹脂製品にくらべて、ステンレスは加工がむつかしいのですが、なんどか試行錯誤を繰り返すことで納得のいく製品に仕上ることができました。
 また、ケーブルの動きにあわせてように、ステンレス部品が円形にも紐状にも変形するように作成しました。まるで「へび」が動くように、滑らかに動くことが可能になりました!さらにケーブルにあわせて長さが替えれるように、それぞれのパーツはいくつでも脱着ができるようにしました。しかも取り外しが手で簡単にできるところが便利なんですよ。」

 うーん、この金属加工技術は、職人ならではの熟練技術!。 ファクシスの技術はほんとうにスゴイ!
  



スゴイ技術、会社ファクシス株式会社のご紹介を
しちゃいます!!
社是「自他祝福」をモットーに全てのステークホルダーの発展と社会貢献を目指します!!

整然と整理されていますね!

工場の内部は明るいですよ。
   
代表取締役社長 石丸泰豊社長に聞きました!!
「ファクシスは鉄・ステンレス・アルミ等のさまざまな材料を使って、精密板金・精密製缶・機械加工というハイブリットな複合加工を得意とする会社なんですよ。CAD/CAMを使用した設計から制作、そして組立までの一貫製作で対応しながら、素材の性質に関する深い知識を持った職人技ともいえる高度な独自技術を獲得してきました。さらに、よりよい製品つくりのために、新技術にも積極的にチャレンジしているんですよ。生産技術部リーダーの広重をはじめ、非常に技術力の高い社員も多いので、今後もさらにみなさんが「あっ」とおどろくような新製品を開発したいと思っています。時代を切り開くさまざまな最先端技術の影には、機械というハードを越えたファクシスの社員の技術力があるんです!これからも応援よろしくお願いいたします」


研究レポートを展示してます!

《社名の由来は?》
 
「柔軟(フレキシブル)・融合(フュージョン)・開拓(フロンティア)・未来(フューチャー)・生産(ファクトリー)」の5つのF+座標軸(アクシス)の造語=ファクシス」と名づけたんだそうです。
  夢のある社名ですよね・・・!

工場内はキレイに整頓され、清潔感のあるところでした。天井も高く、上部からも自然光入ってくるあかるい職場でした!!


  新アイデア!!いろんな商品がどんどん生み出されていますよ!どんなところで使われるのか楽しみですね!!


 ファクシスさんの今後の活躍が期待されますね・・・ ファクシスさんへのお問合せはこちら!
ファクシス株式会社  工場・事務所:安芸高田市吉田町西浦日南山工業団地
TEL:0826-42-4111(代)   FAX:0826-42-4113
創業:昭和14年5月     会社設立:昭和36年9月  従業員:20名