全国トップ 地域トップ 岡山県連合会 岡山北商工会 事業所一覧
岡山市一宮観光協会【Tel:086-284-0397】
桃の花が彩る古代吉備ロマン薫る街 いちのみや
岡山市西部は、かつて古代吉備王国の中心地であり、今も『吉備路』の愛称で尽きせぬ歴史のロマンを伝えています。
この吉備路を代表する吉備中山(きびのなかやま)の麓に広がる田園地帯が、私たちの町である一宮地区です。

春には、一宮を発祥とする白桃の高級品種「清水白桃」の花が満開となり、可憐なピンク色が地区全体を鮮やかに彩る風景は、まさに『桃源郷』と言えるものです。
代表者名: 会長 寺岡浩爾
住所: 〒701-1202 岡山市北区楢津650-1(岡山北商工会一宮支所内)
TEL: 086-284-0397 ■FAX: 086-284-6006
 地図
 
 詳細情報
吉備津彦神社 
一宮地区の総氏神は吉備津彦神社。
祭神の吉備津彦命(きびつのひこのみこと)こそ、伝説の温羅(うら)退治の主人公です。
そして皆さんご存知の昔話「桃太郎」のモデルとされる人物です。
一宮は「桃太郎の郷」と言える地です。
地区内には吉備津彦命の御陵(お墓)とされる中山茶臼山古墳・車山古墳という4世紀の巨大古墳のほか、多くの遺跡史跡が残されており『一宮』の地名にふさわしく、この地区は貴重な文化遺産の宝庫となっています。
「清水白桃」発祥の地 一宮 
一宮地区は、岡山を代表する果物の一大産地です。
中でも白桃の栽培が有名で、とりわけ一宮発祥の高級品種である『清水白桃』は、甘い香り・白く美しい姿・柔らかい果肉を兼ね備えた岡山の高級ブランド果実として全国的に大変有名です。
毎年4月の上旬には、ももの花が満開となり、可憐なピンク色が鮮やかに春を彩る風景は、まさに『桃源郷』と言えるものです。
「花いっぱいいちのみや」展開中 
本協会では、県内外から訪れる観光客等へ向けた「おもてなし」を実施する目的で、地域全域に「おもてなしプランター」を設置する「花いっぱいいちのみや」事業を展開しています。

街かどで「おもてなしプランター」を見て微笑む方がいたら、それは私達の「幸せ」です。
 
 関連リンク
吉備津彦神社
  http://www.kibitsuhiko.or.jp/
Last Updated:2016/11/18