全国トップ 地域トップ 岡山県連合会 事業所一覧
経営お役立ち情報【Tel:086-224-4341】
経営お役立ち情報
住所: 〒700-0817 岡山県岡山市北区弓之町4-19-401
TEL: 086-224-4341
 新着情報
RSS
小規模事業者持続化補助金「公募説明会・個別相談会」について 『経営お役立ち情報』
商工会の管轄地域内で事業を営む小規模事業者の皆様を対象として、「公募説明会・個別相談会」を開催いたします。
12/13(火)【おかやま西河原プラザ】、12/14(水)【久米郡商工会本部】、12/15(木)【総社吉備路商工会本部】
◎説明会:13:30〜 ◎個別相談会:14:30〜


◇内容  
(1)小規模事業者持続化補助金について
・公募要領の説明
・経営計画書・補助事業計画書作成に係る留意点
・質疑応答
(2)個別相談会

◇開催日程・場所
(1)備前会場 日程:平成28年12月13日(火)
          説 明 会:13時30分〜
          個別相談会:14時30分〜
          場所:おかやま西川原プラザ (岡山市中区西川原255)
(2)美作会場 日程:平成28年12月14日(水) 
          説 明 会:18時30分〜
          個別相談会:19時30分〜
          場所:久米郡商工会 本部(久米郡美咲町原田1757‐8)
(3)備中会場 日程:平成28年12月15日(木)
          説 明 会:18時30分〜
          個別相談会:19時30分〜
          場所:総社吉備路商工会 本部(総社市岡谷160)
※同一の内容になりますので、いずれか一日にご参加ください。

◇定員
各回ともに説明会:20社
    個別相談会: 4社(事前申込制 1社45分)※先着順)

◇申込方法
添付チラシ裏面にある申込書を利用し、FAX又はメールにてお申し込みください。
(FAX 086-222-1672)
(Email kouikisc@okasci.or.jp)
  

 添付ファイル: 公募説明会・個別相談会チラシ (146KB)

各商工会で、小規模事業者持続化補助金説明会・個別相談会開催中! 『経営お役立ち情報』
岡山県内各商工会では、小規模事業者持続化補助金説明会・個別相談会を開催中です。申請を予定されている方は、ぜひご参加ください。


小規模事業者持続化補助金の公募が開始され、岡山県内各商工会では、小規模事業者持続化補助金説明会・個別相談会を開催しています。
当補助金の申請を予定される方は、添付の説明会・個別相談会スケジュールをご確認の上、各商工会へ参加申し込みをしてください。既に説明会・個別相談会が終了している場合は、個別に各商工会へご相談下さい。
 添付ファイル: 持続化補助金説明会・個別相談会スケジュール (15KB)

ソーシャルビジネス・トークセッション2016(起業編・まちづくり編)、個別相談会 参加者募集中! 『経営お役立ち情報』
社会の課題をビジネスの手法で解決する「ソーシャルビジネス」に取り組む事業者等への支援を目的として、実践者をゲストに招いた「トークセッション(起業編・まちづくり編)」と個別相談会を開催します。
 大きく変化する社会環境の中、社会的な問題をビジネスの手法で解決する「ソーシャルビジネス」に取り組む人たちが増えてきました。
 しかし、社会課題の解決を仕事として取り組み、継続していくことはとても難易度が高いことです。
 課題に対しての“想い” の強さと共にネットワークを作る「人の巻き込み力」、利益を求める「ビジネス力」が必要となります。
 今回、ソーシャルビジネスの先輩を招いて、取り組みの成功に向けた「トークセッション(起業編・まちづくり編)」を開催します。
 併せて、専門家による個別相談会(ソーシャルビジネス全般・融資)も開催いたします。
 関連リンク: http://www.okasci.or.jp/sb2016/
 添付ファイル: 募集チラシ.pdf (1984KB)

 
平成28年度第2次補正予算(平成29年実施)小規模事業者持続化補助金の公募受付がスタート 『経営お役立ち情報』
平成28年度第2次補正予算(平成29年実施)小規模事業者持続化補助金の公募を下記の通り平成28年11月4日から受付開始しました。

本事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者の地道な販路開拓等の取り組み(例:新たな市場への参入に向けた売り方の工夫や新たな顧客層の獲得に向けた商品の改良・開発等)や、地道な販路開拓等とあわせて行う業務効率化(生産性向上)の取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。
 小規模事業者が、商工会・商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って販路開拓に取り組む費用の2/3を補助します。補助上限額:50万円。

(注1)
 小規模事業者とは、「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社および個人事業主)」であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。

(注2)
  商工会会員、非会員を問わず、応募可能です。

(注3)
 補助対象経費75万円の支出の場合、その2/3の50万円を補助します。同様に、補助対象経費60万円の支出の場合は、その2/3の40万円が補助金額となります。また、補助対象経費90万円の支出の場合には、その2/3は60万円となりますが、補助する金額は、補助上限額である50万円となります。

(注4)
 以下の場合は、補助上限額が100万円に引き上がります。
 @従業員の賃金を引き上げる取り組み
 A雇用を増加させる取り組み
 B買物弱者対策の取り組み
 C海外展開の取り組み

(注5)
 原則として、個社の取り組みが対象ですが、複数の小規模事業者が連携して取り組む共同事業も応募可能です。その際には、補助上限額が100万円〜500万円となります(連携する小規模事業者数によります)。


1.受付開始
 平成28年11月4日(金)

2.受付締切
 平成29年1月27日(金)締切日当日消印有効


 ※申し込みにあたり、補助金申請者が所在する地区の商工会・商工会議所で書類を確認する作業が必要のため、締切日まで余裕を持った日程で、商工会・商工会議所にご相談ください。

3.申請書提出先・問い合わせ先:
 補助金申請者が所在する商工会連合会
 ※詳細は公募要領をご覧ください。
  名  称  岡山県商工会連合会(担当:中山、永田)
  住  所  〒700-0817 岡山県岡山市北区弓之町4番-19-401号
  電話番号  086-238-5666
  ◇問い合わせの対応時間は、9:00〜12:00、13:00〜17:00(土日祝日除く)となります。

4.応募方法:
 応募にあたっては、公募要領をご覧いただき、申請書様式により提出して下さい。


 関連リンク: http://www.chusho.meti.go.jp/hojyokin/index.htm
 添付ファイル: 公募要領(11月4日更新) (1945KB)
申請様式(11月4日更新) (111KB)

【満員御礼!】岡山県6次産業化ビジネス塾ステップアップ編 『経営お役立ち情報』
10月18日(火)から6次産業化等に取り組んでおり、さらなる事業拡大を目指す事業者を対象に、商品企画や自社商品の販売における課題の解決に資する理論(座学)と先進的に6次産業化に取り組んでいる事業者の視察(インターンシップ)を交えた講習会を全5回開催します。
◆開催日時 
1:平成28年10月18日(火)食マーケットの最新トレンドを掴む
2:平成28年10月25日(火)食の健康に対する意識の高まりについて
3:平成28年11月 8日(火)インターンシップ(視察)
4:平成28年11月15日(火)日持ちする食品技術の体系的理解について
5:平成28年11月22日(火)食品表示や商品の品質管理のポイント
各日13時30分から17時30分(※11月8日は終日の予定)

◆開催場所
おかやま西川原プラザ(岡山市中区西川原255)※無料駐車場あり
近県の6次産業化先進事業者(視察研修)※11月8日のみ(終日の予定)

◆対象
6次産業化に取り組んでいる方、製造業・小売業の方

◆募集20名 申込締切10月11日(火)
※申込多数の際は、抽選となります

◆受講料
無料

◆お申し込み
リンク先の申込フォームまたはFAX(チラシの裏面申込書)でお申し込み下さい。

◆お問い合わせ
岡山県6次産業化サポートセンター(岡山県商工会連合会)
岡山県岡山市北区弓町4ー19ー401 担当:中山、近藤、宇野
TEL:086ー238ー5666 FAX:086ー222ー1672
 関連リンク: https://6ji.sakura.ne.jp/form/requestform.html?岡山6次産業ビジネス塾
 添付ファイル: ビジネス塾チラシ (642KB)

 
【満員御礼】平成28年度 おかやま創業スクール 『経営お役立ち情報』
さぁ、社長になろう。いい仕事は、探すものではなく、自分でつくるものだ。

「独立したい」「会社をつくりたい」「自分のアイデアを形にしたい」けど、どうしたらいいかが分からない!そんなあなたのために!

 創業に関する基礎知識からビジネスプランの作り方などを学ぶことができる内容になっています。
 経験豊富な一流の講師陣とグループワークを中心としたカリキュラムで、基本的かつ、実践的な知識が得られます。
 創業・開業等をお考えの方や興味がある方は、ぜひご参加ください。


講座名 : 「おかやま創業スクール」
講 師 : 藤田 悠久雄(有限会社ウェーブ)
       松本 賢一(有限会社ネットクレードル)
       小橋 仙敬(小橋公認会計士総合事務所 公認会計士)
       岡山県信用保証協会
       岡山県商工会連合会
対 象 : 創業をお考えの方及び創業間もない方等
日 時 : 平成28年10月15日、22日、
              11月5日、12日、19日、26日
              全土曜日 13:00〜18:00
場 所 : 【第1〜5回】岡山県総合福祉会館(岡山市北区石関町2−1)
       【第6回】   おかやま西川原プラザ(岡山市中区西川原255)
定 員 : 30名(先着順)
受講料 : 10,800円(全6回分 テキスト代含む)
主 催 : 岡山県商工会連合会
共 催 : 岡山県信用保証協会
申 込 : 募集チラシに必要事項をご記入いただきFAXもしくは下記リンク先よりお申し込みください。

      http://okayama-sougyo.jp/
     「おかやま創業サポートデスク」で検索


(お申込・お問合せ先)
  岡山県商工会連合会 広域サポートセンター(担当:福島・石野)
  TEL:086-238-5666 FAX:086-222-1672
   e-mail:sougyou@okasci.or.jp

 関連リンク: http://okayama-sougyo.jp/
 添付ファイル: 募集チラシ (6106KB)

 
【満員御礼】平成28年度経営革新塾 〜経営は企画と創造〜 『経営お役立ち情報』
塾では、新規事業立ち上げに必要な新商品・新サービスの作り方、そのためのアイデア出しの手法やアイデアのブラッシュアップのやり方について、学んでいただけます。
「思考をデザインし戦略化する講師」×「人材と組織の力を最大限引き出す講師」の実績豊富な講師陣で、皆様が新しい商品(サービス)を作り出すことができるようにフォローします。

【開 催 日】平成28年9月13日(火)、10月4日(火)、
11月9日(水)、12月6日(火)
【開催時間】いずれも13時00分〜18時00分
【対 象 者】経営革新計画策定、新規事業立ち上げを予定している小規模事業者等
【講  師】凱atsukatsu 代表取締役 松岡政克氏
凱atsukatsu   取締役 下家千明氏
【会  場】ピュアリティまきび(岡山市北区下石井2−6−41)
【定  員】20名(先着順)
【受 講 料】5,000円(税込)
【申 込 み】募集チラシに必要事項をご記入いただきFAX等でお申し込みください。
【締 切 り】平成28年9月6日(火)
【お問い合わせ】
 岡山県商工会連合会 広域サポートセンター(福島・石橋・石野)
 TEL:086-238-5556 FAX:086-222-1672
 e-mail:kouikisc@okasci.or.jp

 関連リンク: http://www.okasci.or.jp/okayamasougyou/mail5.html
 添付ファイル: 募集チラシ (5078KB)

  経営革新塾チラシ
経営革新塾チラシ
岡山県雇用維持緊急助成金のお知らせ 『経営お役立ち情報』
 岡山県は、三菱自動車工業鰍フ軽自動車の生産・販売停止により事業縮小を余儀なくされた関連企業で、従業員の雇用の維持を図るため休業を実施した事業主を対象として、国の雇用調整助成金の対象期間までの間の休業に要した費用の一部を助成する岡山県雇用維持緊急助成金を創設します。
 県下の全商工会、商工会連合会が同助成金の申請窓口となっておりますのでお気軽に
ご相談ください。
◆対象事業主◆
三菱自動車工業(株)水島製作所との取引依存度(直接・間接)が20%以上の雇用保険適用事業所の事業主で、次のいずれかに該当
@平成28年4月21日以降に、初回の雇用調整助成金休業等実施計画届をハローワーク
 に提出し、当該計画届の対象期間の初日の前日までの間に休業を実施した事業主
A雇用調整助成金の支給対象とならないが、平成28年3月の生産高等と比較して、4月
 以降の生産高等が10%以上減少し、平成28年4月21日以降に休業を実施した事業主

◆対象となる休業◆
平成28年4月21日から平成29年3月31日までの間に実施する雇用保険被保険者である労働者の休業とし、申請日にかかわらず、4月21日まで遡及する

◆助成金の額等◆
一事業主当たりの限度額は設けない。ただし
@一人一日あたり3,300円を上限とする
A一人につき助成限度日数を75日とする
 添付ファイル: 岡山県雇用維持緊急助成金について.pdf (284KB)

 
【満員御礼!】実践的生産性向上セミナー2日間コース受講生募集 『経営お役立ち情報』
7月22日(金)27日(水)・13:30〜16:30(受講料無料)/会場:おかやま西川原プラザ/主な内容:1日目仕事の仕方の基本、2日目生産性改善手法/講師:仲田文猛(元 マツダ株式会社中国事業本部主幹)/お申込み先:岡山県商工会連合会広域サポートセンター TEL:086-224-4341
[講座の概要]
目標設定・方針・戦略の明確化。目標必達と最後まで やり抜く責任感、そして人材育成のためのリーダシップ のあり方。また仕事の仕方の基本となる PDCAの回し方 等々の実践的ノウハウが満載!
講師の仲田文猛氏は、マツダ株式会社の製造領域で 31 年間、 海外も含め「品質改善」「生産性向上」に従事。会社経営から 工場運営まで幅広い経営革新、改善 の実績がある。

[日時・内容]
7/22(金) 13:30〜16:30
1日目 仕事の仕方の基本
(1)人財育成とは?
(2)プロフェッショナルとは?
(3)なぜ目的を明確にするのか?
(4)定量的な指標、目標値の設定:生産性
(5)仕事の仕方の基本
@PDCAとは?
APlanとは?・・・5W2Hで決める
BDoとは?・・・知行同一
CCheckとは?・・・議事録作成
DActionとは?・・・Planの修正
(6)理想的な仕事の仕方とは?
(7)実践例説明・・・業務目標・計画

7/27(水) 13:30〜16:30
2日目 生産性改善手法
(1)価値編成とは
(2)生産計画と日報による差異分析
(3)作業手順書(標準時間)の作成
(4)ムダの見える化
@正味作業、付随作業の把握手法
AIE動作分析
B段取り時間の短縮
(5)実践例説明・・・生産性改善

[講師プロフィール]
仲田文猛 氏(元 マツダ株式会社中国事業本部主幹)
愛媛県立松山東高校、国立熊本大学工学部機械工学科を卒業後、マツダ株式会社へ入社し、製造領域で31年間勤務、その中で2回海外を(タイ、中国)を経験している。平成24年に広島本社中国事業本部主幹でマツダ株式会社を退社。同年経営コンサルタントとして独立。製造の現場経験で培った製造技術力、現場力、問題解決力、マネージメント力、コミュニケーション力を活かした指導が好評で、製造業からサービス業まで幅広い業種への支援を全国各地で実施。指導を受けた企業では、目覚ましい改善成果が生まれている。

[申込方法]
添付の申込書を下記までファックスでお送りください。

[お申込み・お問合せ先]
お申込み・お問合せ先 岡山県商工会連合会広域サポートセンター ( 担当 黒瀬、石井)
〒700-0817 岡山市北区弓之町4-19-401 TEL 086.224.4341 FAX 086.222.1672
 添付ファイル: 実践的生産性向上セミナーチラシ兼申込書 (239KB)

  現場力が仕事の仕方を変える実践的生産性向上セミナーチラシ
現場力が仕事の仕方を変える実践的生産性向上セミナーチラシ
[終了しました]食品表示法に基づく栄養成分表示への対応セミナー 『経営お役立ち情報』
6月7日(火)13:30〜16:30(受講料無料)/会場:おかやま西川原プラザ/主な内容:食品表示法の主な改正点について、栄養成分表示のための基礎、(演習)栄養成分表示の作成/お申込み先:岡山県商工会連合会広域サポートセンター TEL:086-224-4341


◎JAS法に関する実務にあたっていた元国家公務員の講師から実践的な情報を提供!

平成25年6月に食品表示法が公布され、食品衛生法、農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)及び健康増進法の食品の表示に関する規定が統合されました。このことにより、法律の目的が統一され、消費者、事業者双方にとってわかりやすい表示ルールが策定されるようになっています。

しかしながら、法律の制定に伴う従来制度からの変更の中でも、栄養成分表示の義務化は、新規に対応しなければならない事業者にとって、大きい負担を感じる事案となっている現状があります。加工食品の栄養成分表示については、平成32年4月から完全施行となることから、新法へのスムーズな対応を目的として、今回、食品表示法の概要を理解し、実際に簡単な加工食品の栄養成分表示を作成する講習会を行います。


◎講師
出射幸子 猫でもわかる食品表示研究所所長

◎お申込・お問合せ先
岡山県商工会連合会広域サポートセンターまで添付のチラシ兼申込用紙をファックスでお送りください。

ファクス:086-222-1672 電話:086-224-4341
 添付ファイル: 食品表示法に基づく栄養成分表示への対応セミナーチラシ.pdf (549KB)

  食品表示セミナー
食品表示セミナー
記事一覧を見る  
Last Updated:2016/11/24