全国トップ地域トップ島根県商工会連合会美濃商工会事業所一覧  
有限会社山本粉炭工業 (Tel:0856-52-3038)
粉炭が地球を守る
有限会社山本粉炭工業は、粉炭製造技術の普及、粉炭の製造販売、及び粉炭の用途開発等を行い、森林資源活用と環境保全に役立ち、地域の生活を守り、延いては国益に繋がるような未来志向の精神で、事業活動をおこないます。
住所:〒698-0201 島根県益田市美都町板井川678
TEL:0856-52-3038   FAX:0856-52-3039
定休日:日、祝日
有限会社山本粉炭工業のPRポイント 炭 / 粉炭 / バイオマス
バイオマスを炭化し利用する
地球温暖化対策でCo2を排出しない生物由来の再生可能エネルギーであるバイオマスが注目されていますが、バイオエタノールのような森林破壊や食料との競合の問題も指摘されています。また効率性の悪い林地残材や食料廃棄物などあまり利用されません。その点、粉炭はほとんど利用されてこなかったそうしたものを利用するもので、無限にある資源といえます。

炭化物の一例:ヤシガラ、トウモロコシ、バカス、コーヒー、貝等々
森林の恵みを賢く利用して豊かな社会構築へ
炭は古くから私たち日本人の文化や生活の中で利用されてきました。石油や石炭などの化石燃料が人々にもたらす快適で便利な生活に目を奪われ、炭も忘れ去られてきましたが「環境の世紀」に入り、再び注目を集めています。地球温暖化、生物の多様性の喪失などで悲鳴をあげている地球をカーボンフリーの炭が救うことができるからです。アジアモンスーン気候の日本列島は、森林や自然の生長が早く、無尽のバイオマス資源があります。持続可能な社会の実現を考えるとき、この森林や自然の恵みであるバイオマスを簡単に炭化、加工する粉炭技術が最も現実的、かつ効率的な方法です。
低コスト&大量生産の山仙プール式炭化平炉
植物系のばいおます原料を高温度で粉炭にする独自の釜「山仙プール式炭化平炉」は、シンプルかつ洗礼されたコンセプトのまったく新しいタイプの炭化炉で、初期投資もランニングコストも抑えられます。加熱用燃料や動力用電気などを使用せず、建設重機等を利用して大量に低コストで生産できます。  
木炭粉炭ボイラーストーブを開発しました。
平成26年テクノ化工機鰍ニ共同で木炭粉炭を燃料としたストーブボイラーを開発しました。このストーブは農業用のハウスや工業用の大型ストーブとして利用できます。写真の大きさのストーブで混合炭30kgで約12〜15時間利用できます。
また、ご利用方法により大きさなどの仕様変更が可能です。
 
商品情報 その他の商品も見る
携帯サイトのご案内
QRコード
企業データ
企業名: 有限会社山本粉炭工業
代表者名: 山本 明男
住所: 〒698-0201 島根県益田市美都町板井川678
TEL: 0856-52-3038 ■FAX: 0856-52-3039
定休日: 日、祝日
主要商品:木質バイオマス粉炭(農業用、畜産用、水産用、燃料用、環境用、住宅用)
その他(木炭、竹炭、木酢、竹酢)
炭化技術指導(事業化・研修)制度有り
マイホームページ:http://www.ypcpjapan.com/
特許・商標:日本国特許(炭化物生成窯)
国際特許PCT出願
商標登録(第5114261号)
炭 /粉炭 /バイオマス
Last Updated:2015/12/15