全国トップ 地域トップ 兵庫県商工会連合会 川西市商工会 事業所一覧
川西市商工会 事務局よりお知らせ
事務局からのお知らせ発信コーナーです
川西市商工会 事務局よりお知らせのPOINT
川西市商工会
三役会
理事会
事務局
各種施策
三役会(会長、副会長、専務理事で構成)・理事会で決まった事項や国・兵庫県・川西市や関連団体からの情報等をお知らせしていきます。
企業名: 川西市商工会 事務局よりお知らせ
代表者名: 大智 靖志
住所: 〒666-0016 川西市出在家町1−8
 新着情報  
平成29年度 あきんどゼミ 講師店舗募集 『商工会よりお知らせ』
平成29年8頃にあきんどゼミを開催します。
参加店舗を募集しております。

今回はキッズを対象にしたゼミも合わせて募集します。
ぜひぜひご参加ください。

添付には、参加された店舗の声や、どんな方が参加されたのかが分かります。
ご覧ください。

 添付ファイル: スライド1.JPG (175KB)
スライド2.JPG (206KB)
スライド3.JPG (177KB)

平成29年度に税制改正 『商工会よりお知らせ』
平成29年度に税制改正が行われます。中小企業・小規模事業所の方に大きく該当してきます。
例えば、冷蔵庫棚を購入した場合(経営力を向上させる設備を新規取得した場合)に取得価格を全額損金計上または法人税から控除が出来ます。
もしくは、固定資産税が3年間、2分の1になります。

<主な改正事項>
1.中小・小規模事業者の「攻めの投資」を支援する税制措置の拡充
○固定資産税の特例の拡充
○中小企業経営強化税制の創設
○中小企業投資促進税制の延長
○商業・サービス業・農林水産業活性化税制の延長
2.所得拡大促進税制の見直し
3.研究開発税制の拡充
4.中小企業者等の法人税率の特例の延長
5.事業承継を促す税制措置の見直し
○取引相場のない株式の評価方式に関する見直し
○事業承継税制の見直し
○個人事業者の事業用資産に係る事業承継時の負担軽減措置の創設等

 添付ファイル: 29年度税制改正.pdf (4401KB)

 
山口食品株式会社 の三代目社長 山口宗太郎さんのお話 『商工会よりお知らせ』

昨日の夜は、第三回目の経営革新塾でした。

山口食品株式会社 の三代目社長 山口宗太郎氏をお招きし、経営革新をとってからの取組をお話しいただきました。


山口食品株式会社は大阪の豊能町で納豆製造販売を60年あまり続けていらっしゃいます。

山口さんが30歳の時に父から経営権を任されました。

当時は、スーパーは安価なPB(プライベートブランド商品)を展開している最中でした。
山口さんも大手スーパーからPB商品の委託生産を依頼され、当時は大手の食品会社が自社商品を売ることを先決に考え、参入してきませんでしたので、山口食品の売り上げは順調でした。
しかし、すぐに大手食品会社もPB商品に参入するようになり、大量生産が出来ない山口食品は窮地に立たされてしまいました。

そこで、自社を見直すことを始めました。

SWOT分析を行い、自社の『強み』『弱み』『機会』『脅威』を洗い出し、自社で高価値なPB商品を売り出す計画をたて、経営革新の承認を得ました。

スーパーごとにオリジナル納豆を受注生産し、得意先の要望に応じて原材料・たれ・内容を自在に対応することにしました。

また、地元農家から、原材料の大豆を栽培・供給してもらい→自社が製造→地元のスーパーに納入→地元住民により購買 と地域経済が活性化する仕組みを考えました。

しかし計画はすぐに行き詰ります。

農家さんは、お米を作った方が生産効率と売上が良く、大豆を作る農家さんがあまりいなかったのです。
農家さんと交渉がうまくいかない中で、自分で足りない材料量は農地を借り大豆を作ることにした山口さんですが、なかなか素人農業はうまくいきません。

この計画を止めようかと思っていましたが、3年で達成する計画でしたので、「最低でも3年は続けよう」と思いとどまり、農家との交渉・自分での農業を続けました。そうしたところ、賛同する農家も現れ、地元の大豆を使った納豆の製造になんとかこぎつけました。

しかし、また問題が発生します。

スーパーに納入しますが、せっかく作った商品は価格決定権がスーパー側にあり、なかなかうまくいきません。地元産の良い大豆を良い値段で農家さんから購入したいと思って作り上げた仕組みでしたが、ここでも問題がありました。

そこで、もう一度自社の強みを洗い出し、小規模生産者だからできる、「できたて納豆を出荷できる」強みに着目し、ルート宅配を行うことになったのです。

また、自社工場の横には納豆工場を見学しながら、納豆食べ放題のランチが出来るカフェを併設しました。

こういった取組を通して、自社のファンを増やされています。

今後の山口さんの目標は『10年・10ha・10トンの大豆栽培』が目標だそうです。
大阪の大豆生産量は約20トン。もし豊能町が10トン生産すると、豊能町が大阪府で一番の生産地となることが出来ます。

共感がビジネスに広がるお話でした。

山口さんのHP↓
 関連リンク: http://www.yamaguchi-natto.com/

 
第57回通常総代会 『商工会よりお知らせ』
昨日は、第57回通常総代会が行われました。
提出された、第1号議案から第7号議案は原案通り可決承認されました。


また、任期満了に伴う役員の改選がございましたので、ご報告いたします。任期は3年間です。

 添付ファイル: SKM_C364e16052713480_0001.jpg (313KB)

 
川西市内の3店舗でオオクワガタをモチーフにしたケーキと幼虫をあしらったまんじゅう を作りました!! 『商工会よりお知らせ』

夏休みに、子どもたちにケーキと和菓子で夢と感動を!

川西市内のケーキ販売店3店舗と和菓子店1店が合同企画 日本一の里山に生息するオオクワガタをモチーフにしたケーキと幼虫をあしらったまんじゅう を作りました!!

食べにくい?いやいや、美味しいから一度食べてみて!!


購入者には抽選で大人気のオオクワガタ(川西市黒川産)をプレゼントします。

ケーキとまんじゅうの種類・値段は下記のとおりで、店頭での引き取りが必要です。
ケーキ・まんじゅうともに注文販売で、各店舗それぞれケーキは限定50個・まんじゅうは200セットになり次第終了となります。今すぐお店へDash!!

また限定ケーキ・まんじゅうの購入者の中から抽選で10名の方に、黒川地区で採取されたオオクワガタを交配し今年6月に生まれたオス成虫をプレゼントします。
当選者には、商品引き取り時に手渡しいたします。

 関連リンク: https://www.facebook.com/pages/%E5%B7%9D%E8%A5%BF%E5%B8%82%E5%95%86%E5%B7%A5%E4%BC%9A/521940991197115

 
記事一覧を見る  
Last Updated:2017/03/29  
川西市商工会|三役会|理事会|事務局|各種施策