全国トップ 地域トップ 岐阜県商工会連合会
岐阜県商工会連合会 広域支援室【Tel:058-277-1071】
経営革新計画の岐阜県知事承認企業様のご紹介
岐阜県商工会連合会 広域支援室のPOINT
中小企業新事業活動促進法による経営革新計画の岐阜県知事承認企業のご紹介
経営革新計画作成支援
経営計画作成支援
代表者名: 岐阜県商工会連合会
住所: 〒500-8384 岐阜市薮田南5-14-53 ふれあい福寿会館9階
TEL: 058-277-1071 ■FAX: 058-274-7655
岐阜県商工会連合会 広域サポートセンター:岐阜市薮田南5-14-53 県民ふれあい会館9階
058-277-1073 FAX058-274-7655
【経営革新計画の承認について】:経営革新の取組みにチャレンジされ「経営革新計画」を作成され岐阜県知事承認を受けられた事業所様を紹介いたします。
経営革新計画作成により自社の事業プランを整理することができるとともに、中小企業支援施策活用のチャンスを得ることができます。
【経営革新計画 作成の支援】:岐阜県商工会連合会広域支援室では、新事業展開にチャレンジする事業所様の、経営革新計画作成の支援をいたします。
お気軽にお問合せください。
携帯サイトのご案内
QRコード
 
 新着情報  
雪の下熟成珈琲
雪の下熟成珈琲
 
白川郷の雪を活用した“雪温熟成”によりコーヒー豆を製造「雪の下熟成珈琲シリーズ」 『中小企業新事業活動促進法による経営革新計画の認定事例』
■承認事業所
 香福屋
 代表  渋谷 礼
■既存事業業種
 茶類小売業(業務用コーヒーの製造販売)

■経営革新の内容
 当社は平成21年2月創業し、ご家庭用のコーヒー通販、業務用コーヒーの製造販売・アイスコーヒー飲料販売を行っております。
これまではコーヒーのブレンド手法やパッケージングにより当社の独自性を出し、他社との差別化並びに競争優位性の向上を図ってきました。しかし、このような従来の差別化戦略では真の競争優位性を確立するのは困難となっておりました。
そんな中、2012年3 月発行の岐阜県加工食品ガイドブックを見て、岐阜県が全国の自治体の中で初めて「コーヒー」を県産品として取り上げ、産業政策として珈琲豆の加工・販売の拡大に力を入れ始めていることを知りました。この動きを好機と捉え、岐阜県に特化したコーヒー豆製造・販売を行うことで、地域のブランド力を活かした差別化を図ることを決心しました。
そこで、当社が着目したのが「白川郷の雪」でした。コーヒー豆は生豆を冷やして低温熟成することでより一層おいしさを引き立てることが出来ます。この性質を活かし、「白川郷の雪を活用した“雪温熟成”によりコーヒー豆を製造できないか。」と考えたのです。
当社は早速、雪温熟成によるコーヒーの試作に取り掛かりました。何度もテストを重ねて試作したコーヒーは、後味に透明感が増し、口当たりがまろやかになります。一般消費者へのテストマーケティングでも「まろやかでおいしい。」と高評価でした。そこで、「雪の下熟成珈琲シリーズ」として商品化し、各種展示会への出展やネットショッピング、岐阜県のアンテナショップへの卸販売など様々な方向性から販路の拡大を図りました。
今後もこの「雪の下熟成珈琲シリーズ」を幅広く販売することで、コーヒーの楽しさや面白さを伝え、コーヒー文化の発信に努めていきたいと思います。

岐阜県本巣市三橋4-17
TEL:050-3709-1157
FAX:058-203-0860
URL:http://kofukuya.biz/
(所属:本巣市商工会)

本物の素材を使用し、自然の力を活かすことで、四季の変化を感じ、時と共に味わい深くなる家「木なりの家」の開発・販売拡大事業 『中小企業新事業活動促進法による経営革新計画の認定事例』
■承認企業:(株)リビングプラザ 
     代表取締役 大橋 豊彦
■既存事業業種:木造建築工事業

■経営革新の内容
当社は昭和22年の創業より約70年に渡って新築注文住宅の建築販売や住宅リフォーム事業を営み、工務店として地域の住宅を支える「家まもり」を行ってきました。
その中で、今後の住宅市場の環境変化に対応し、競合他社との差別化や自社のブランド化を図っていくため、今回、自然の力を活用する「パッシブデザイン」と「耐震・制震等の最新の設計手法」を合わせた、新住宅製品「木なりの家」を開発しました。
当製品の特徴は下記の通りです。

@自然を活かした高い快適性と省エネ性能
 軒や窓の大きさや位置を工夫することで自然光を室内に取り込む、風の通り道を作って自然風を室内に取り込む、といったように、土地や風土が持つ自然の力を住宅に取り入れるための設計手法がパッシブデザインです。その活用により、機械設備に頼りすぎることなく、自然を活かした心地よさや夏涼しく冬暖かい高い省エネ性能を実現します。
そのために「断熱・日射遮へい・通風・昼光利用・日射熱利用暖房」といった5つの要素技術を建物に組み込みます。その際には対立するそれぞれの要素を絶妙なバランスで最大限に取り込めるよう精緻な計算と高度なシュミレーションを行い、さらに住宅完成後には室内温度・湿度などを計測・検証することで住宅性能の数値での見える化を図ります。

A本物の素材を使用して自然を楽しみながら共に暮らせる住空間
 パッシブデザインによって自然と住空間の距離を近づけて、さらに無垢材や漆喰など一つ一つが個性を持つ本物の素材を使用し、縁側や土間、風景を切り取る窓など住宅の外と内をつなぐ建築デザインを施すことで、自然や四季の変化を楽しむ暮らしを提供します。

B地震や健康被害から家族を守る暮らしの安心
 耐震性の性能評価等級3以上、最新の液状化対策工法の導入、最新の耐震工学に基づいた構造計算と高度なシュミレーションの実施などによって、暮らしの安心を提供します。

今後は当製品を自社ブランド住宅として成長させていくことで販売拡大を図ります。
当社製品にご興味がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。



(株)リビングプラザ
養老郡養老町高田483番地の6
 TEL 0584-32-0660
 FAX 0584-32-2801
 HP  http://www.living-plaza.co.jp/
 E-mail   info@living-plaza.co.jp
(所属:養老町商工会)

  「木なりの家」
「木なりの家」
コンクリート造形により、自由度が高いデザイン・短納期・低価格で外構等を造ることができる「デザインコンクリート」工法の導入 『中小企業新事業活動促進法による経営革新計画の認定事例』
■認定企業
(株)匠建 代表取締役 福田一弘
■既存事業業種
とび・土工・コンクリート工事業

■経営革新の内容:
当社は平成18年に創業し、主にBtoBの業態を中心に土木・コンクリート工事を行ってきましたが、近年お客様のより近くで物を創り喜んでいただきたいとの想いから住宅外構工事、エクステリア工事、外装工事等エンドユーザー様と直接触れ合いを持てる業態に変更してきました。そこで、お客様が弊社に工事を依頼したらどんなメリットがあるのか、どんな満足を得られるのか、他社との違いは、など顧客満足を追求した中の一つが得意なコンクリート工事に付加価値を付けるという事でした。
そこで、今回外構工事などに用いる新たな「デザインコンクリート」工法を導入しました。
具体的な特徴は下記の通りです。
@バリエーションが豊富で様々なデザインに対応できる
自由に変形できるモルタルの特性を活かして、木や石、レンガ模様などを自由に造形し、また色も自由に塗装することができます。その結果、豊富なデザインパターンとカラーの組み合わせで1万種類以上のバリエーションを実現することができ、施主様のイメージに合ったデザインを提供することができます。
A施工が早く、工期の短い現場にも対応できる
モルタルを塗布して表面を成形加工するため、自然石やタイルなどの仕上げ材を使用する必要がなくなることから、下地を作る工程などを削減することができ、工期を大幅に短縮することができます。
B自然石やタイル貼りに比べて大幅な低コストで施工が可能
仕上げ材を使用せず、モルタルを塗布して成形することで、工期と材料を大幅に減らして低コストで施工することができます。
今後は競争力の高い当工法を用いて外構工事を中心に受注獲得を図り、事業の拡大につなげます。
店舗改装や住宅工事などにおいて、当社にご興味がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
(所属:関ヶ原町商工会)
(株)匠建
岐阜県不破郡関ヶ原町大字関ヶ原1671番地の8
 TEL 0584-43-1485
 FAX 0584-43-0882
 HP  http://shouken-sekigahara.co.jp/
 E-mail   fukuta@shouken-sekigahara.co.jp

  デザインコンクリ−ト
デザインコンクリ−ト
「超高齢化時代の歯科医療に対応したNEW歯冠・義歯生産加工システムの確立」 『中小企業新事業活動促進法による経営革新計画の認定事例』
■承認事業所
 可兒デンタル 代表 亀谷州男
■既存事業業種
 その他の金属製品製造業(歯科技工所)

■経営革新の内容
当社は、昭和60年3月創業の歯冠・義歯等を製作する歯科技工所です。
これまで、天然歯に近くなるよう形・色等見栄えにこだわり、製作後の最後の調整において納得いくまで丁寧に完成させる事から、ほとんど違和感がなく調整が不要で、良く噛めたり割れにくく長持ちするように作る独自の歯科技工技術と永年の信頼により、多くの歯科医師の方々から高い評価を頂き患者さんからも喜ばれています。
近年、歯科技工士業界では若手人材や技工士養成機関も減少している中、技術においてはCAD/CAM テクノロジーをはじめとするデジタル化が急速に進展するとともに、新素材の開発も次々に行われ、技工士の資質向上とともに高度な技術が年々要求されるようになってきています。
そんな中、御嵩町商工会に相談。革新的な生産方式の導入のために多くの支援を受け、従来の完全オーダーメイドで手作業が多い歯冠・義歯等の製作工程に最新の高性能設備(CAD/CAM、3Dプリンター、5軸切削機)と独自ノウハウ・技術を融合させたオリジナルの【NEW歯冠・義歯生産加工システム】を導入する事ができ、大幅な「品質向上」「コスト削減」「短納期」を実現する事が出来ました。
今後は、この【NEW歯冠・義歯生産加工システム】をフルに稼働させることで、更にお客様のニーズに合った満足度の高い製品を提供し、今後益々増加していく高齢者の方々に喜んで頂ける歯冠・義歯の製作をして行きたいと思っています。
また、当社で若手歯科技工士やシステムオペレーターの雇用による技術者の養成と当社のような小規模な歯科技工所への受注支援によりこの業界発展に貢献してきたいと思っています。                                                  (所属:御嵩町商工会)
岐阜県可児郡御嵩町伏見1845
可兒デンタル 代表 亀谷州男
TEL 0574-67-2050
FAX 0574-67-2084

  新システム教育訓練
新システム教育訓練
★幼児・児童用知育文具「ハサミ、切り紙、鉛筆、定規」の開発及び販売による売上拡大 『中小企業新事業活動促進法による経営革新計画の認定事例』
■承認事業者
 みおんリトルスク−ル 代表(マザ−) 遠藤 京子
■既存事業業種
 幼児教室

■経営革新の内容
当スク−ルは、30年間の幼稚園教諭のキャリアを活かして平成23年4月に創業しました。
0歳〜9歳児を対象にした、一人一人の子どもの個性を尊重し感性を育てる、独自メソッドの総合的な個別指導による幼児教室です。
長く教育の現場に携わる中で、子ども達が、道具を使って何かを集中してやり遂げた時、生まれ変わったように生き生きすることに
気づき、この度、自社オリジナルの知育文具「ハサミ、切り紙、鉛筆、定規」の商品開発をいたしました。
この商品の最大の特徴は、幼児・児童が自ら意識しながら正しい姿勢で、正しい道具の使い方を実践できる事です。
シンプルでしかも非常に効果的な商品という事で、平成28年2月に実用新案登録も出来ました。
「手」は第二の脳と言われるほど、人間の心身の発達と深い関係があり、子どもの知能や技能は、さらに鍛錬され、高い水準へと導かれていきます。そして、こころの発達にも大きな影響を与えます。
「手を使う作業」は、道具を正しく使う事が出来ないと疲れやすく、長く作業を行う事が出来ません。また子どもは集中力がないため上手く使えないとすぐに飽きてしまいます。
そんな事が克服できる本商品を、多くの方に知っていただき、使っていただきたいと思っています。
 今後は、世界中の幼児・児童に「手を使って集中してやり遂げる喜び、達成感」を感じていただける、みおん独自の教具・教材を、積極的な販売活動に取り組んで行きたいと考えています。
販売協力いただける企業様がありましたら、是非当スク−ルへお問い合わせ下さい。
(所属 川辺町商工会)

岐阜県加茂郡川辺町中川辺508−1
川辺タクシービル2F
TEL:0574−53−2871
FAX:0574−53−2819
HP:http://mion-ls.com

  指導風景
指導風景
高効率発電装置の開発・製造及び販路拡大! 『中小企業新事業活動促進法による経営革新計画の認定事例』
■承認事業者
 株式会社インターナショナル電子
 代表取締役 木村 正夫
■既存事業業種
 電子応用装置製造業

■経営革新の内容
 当社は、1989年にオーディオ設計製作開発を業とする個人事業としてプロセスキムラを設立し、その後、2000年に有限会社インターナショナル電子設立を経て、2006年株式会社インターナショナル電子へ組織変更を行うとともに、事業拡大を図ってきました。
 オーディオ会社のフォルテシモオ−ディオを立ち上げ、真空管アンプの修理、設計製作の事業を行っています。
 オーディオアンプ設計製作修理は、フルオーダーにも対応でき、製品化に向けた「アイディア力」「開発力」「応用力」を保持している“電気関連のプロ集団”です。
 東日本大震災以降原子力発電に関する事業は非常に厳しい状況になっており次に注目されるのが水力発電と風力発電です。
その中でも、小型発電機は導入しやすい発電機として、災害時の電源バックアップ用や地産地消発電装置等として各地で採用が拡がっています。当社では、長年に渡り高効率な発電機の試作開発を行ってきました。
 そうした昨今の環境への負担が少ない再生可能エネルギー発電機の需要に注目した結果、当社が開発したのが、発電効率が100%〜200%と、これまでにない高効率な新たな発電装置です。
 現在は試作機の改良や商品化に向けて活動しており販売にも取り組んでいます。
 今後は経営革新計画に沿って積極的な販売戦略を実行することで、当社の売上・利益の安定・拡大だけでなく、環境社会への貢献を積極的に行っていきたいと考えています。                             (所属 川辺町商工会)

・株式会社インターナショナル電子
・岐阜県加茂郡川辺町比久見188−13
・営業所
 岐阜県美濃加茂市下米田町則光10−1
・TEL:0574−28−4551
・FAX:0574−28−4552
・HP:http://www.inter-d.com/index.htm

  試作発電機
試作発電機
結婚につなげる新たな意識改革セミナーの開催による結婚総合支援事業の実施 『中小企業新事業活動促進法による経営革新計画の認定事例』
承認企業
プライベートスクールシナプス(株) 代表取締役 水谷香織
既存事業業種:学習塾

■経営革新の内容
当社は平成10年に開業した学習塾で、学力の向上のみならず、個別指導による個人に寄り添ったコミュニケーションで信頼関係を築き、一人一人の人間的成長を図ることを特徴として事業を営んできました。
その一方で未婚者に出会いの場を提供しようと支援グループを作って婚活者のサポートにも取り組んできましたが、なかなか成婚に結びつけることができず、ただ出会うだけでは結婚に結びつかない、出会いを結婚につなげるためには、その人自身の意識改革を図ることで自己肯定感を向上し、結婚に向けて自律的に行動するようになることが大切であると考えました。そこでコーチング資格を取得し、そこに保護者・生徒への懇談経験や結婚支援の経験を合わせることで当社独自の結婚への意識改革メソッドを確立し、それを活かした結婚支援事業に取り組むことにしました。
近年、未婚率の上昇が社会的課題となっており、従業員の結婚支援に取り組む企業が増加しています。そこで結婚への意識改革セミナーを企業への研修として行い、さらにその受講者を個別・伴走的にアフターフォローして成婚に結び付けていく総合的な結婚支援事業に取り組みます。
具体的な内容は下記の通りです。

@企業向け結婚につなげる意識改革セミナー
・結婚に向けて自律的かつ能動的に行動できるよう意識改革を図る。それにより従業員の人材教育にもつなげる。
A企業間婚活者マッチング
B個人へのアフターフォロー
・個別セミナー(セミナー後に個別指導を行うことで、より意識改革を深める)
・個別お引き合わせ
・ご家族対応

今後は営業・プロモーション活動の強化によって受注獲得を図り、事業拡大および社会の未婚率の改善につなげていきます。
企業向けセミナーや個別セミナーについて、ご興味がございましたらお気軽にお問合せ下さい。
(所属:大垣市赤坂商工会)
プライベートスクールシナプス(株)
岐阜県大垣市赤坂町2095
 TEL 学習塾事業部  0584-71-2792
    セミナー事業部 0584-84-8600
FAX 0584-71-2792
 HP  学習塾事業部  http://synapse1998.asia/
    セミナー事業部 http://seminar.synapse1998.asia/
 E-mail  synapse_1998@yahoo.co.jp


  代表(中央)と従業員のみなさん
代表(中央)と従業員のみなさん
角麩業界初!!真空パック味付け角麩の新商品開発及び販売拡大 『中小企業新事業活動促進法による経営革新計画の認定事例』
■承認事業者 ヤマツ大橋食品梶@代表取締役 大橋 常孝

■既存事業業種 食品製造・卸業

■経営革新の内容
当社は、森蘭丸の生誕地可児市兼山にある創業大正8年(現在97年)角麩専門の製造卸売会社です。
角麩は、良質な植物性タンパク質を多く含んだ、高タンパク低カロリー食品であり、ヘルシーな素晴らしい健康志向食品です。
そのため多くの人に角麩の良さを再認識いただき、角麩の需要を掘り起こせないかと、長年角麩の新商品開発を行ってきました。
当社の開発した新商品「味付け角麩そのまんまふ」は、まーぼー味・すきやき味・しょうが味の3種類の味付け。調理の手間無く真空パックから出してそのまま食べることが出来る三角形の一口サイズ。1パック140g(調味液込)です。
今後は当社のオリジナルブランド商品として、県内のみならず県外にも幅広く新たなマーケットを開拓したく、一般消費者向け販売の他お土産品として給食等の業務用食材として販売先を求めています。
更には、これまで蓄積したノウハウと信頼を元に、ニーズに合わせたOEM生産や新たな販路拡大に意欲的に取り組んでいきたいと考えています。
是非とも角麩専門製造会社の当社へお気軽にお問合せください。
可児市兼山377番地2
TEL 0574−59−2251
FAX 0574−59−2473
HP http://www.yamatsu-fu.com/
(所属:兼山町商工会)

  そのまんま ふ
そのまんま ふ
自社生産したトロピカルフルーツ等の加工品開発・製造・販売事業 『中小企業新事業活動促進法による経営革新計画の認定事例』
認定事業者
  株式会社 養本社
  代表取締役会長 土屋 正保
既存事業業種
  農産物・生産販売(苗・種子)

経営革新の内容
当社は、明治二九年に農産物・農機具の販売を中心に創業、明治四一年から大正期にはレンゲ種子を輸入して全国展開するまでに成長しました。
その後、レンゲ草の品種改良を手掛けてきましたが、昭和三五年頃から、全国の農村では緑肥のレンゲ草ではなく、化学肥料が普及し始めました。時代に対応して、レンゲ種子中心からの転換を図る必要があり、緑化樹木、果樹苗木の生産販売、都市化の進行と共に公共緑化事業への転換を図りました。
近年では、レンゲ草が有機農業として注目を浴び、緑肥による農地の地力増進が再び見直されています。
当社は、時代の変化に対応する事が重要であると考え、自社に有する「植物の生産・管理する技術」を最大限に活用できる事業を新たに模索して、果実の生産・マンゴーを中心とするトロピカルフルーツの生産に着目し、産地の生産技術等の指導と自社の強みを駆使した岐阜県独自の寒暖差を活かし「ぎふ清流完熟マンゴー」の生産販売に至りました。
現在、マンゴーの栽培は北海道まで北上していますが、岐阜県内において初めて栽培から加工品までを地産地消で手掛けております。東海地域最大級の生産量にまでなりました。
また、平成二七年度には、農林水産大臣認定の六次産業化・地産地消法に基づく「総合化事業計画」の承認を受けました。
当社では、六次産業化を目指して直売所・加工施設の建設より新商品開発を進めております。
この程、経営革新計画を策定し国内市場の発掘を目的に東京で開催される各種展示会へ出展し当社の「ぎふ清流完熟マンゴー」のブランド展開を目指しております。
株式会社 養本社
岐阜県瑞穂市十九条九八二番地
TEL.058-327-6600
FAX.058-327-4808
http://www.yohonsha-japan.co.jp/

  ぎふ清流完熟マンゴ−
ぎふ清流完熟マンゴ−
剥き経木技術を活用した文具分野への進出 『中小企業新事業活動促進法による経営革新計画の認定事例』
承認事業所:北村製作所 
      代表 北村 徹
既存事業業種:木箱製造業

当社は、昭和15年創業の経木折り箱製造・販売業です。経木は、木を削り取った薄い板のことを言い、木材をカンナで削るように板状に裁断する「突き出し(柾目)」とカツラ剥ぎ状に裁断する「剥ぎ(杢目)」の製造法があり、それらを乾燥室で一定期間乾燥させ水分を飛ばしたものが経木として利用されます。経木を用いた折り箱は、通気性・吸水性に富み、抗菌効果で腐敗を防止する効果があるということで、お赤飯や鯛といった引出物やお弁当・寿司折・ご進物などの容器として利用されてきました。
しかし、最近は容器の材質としてスーパー等でよく見かける発泡スチロール製や紙製、プラスチック製などの安価なものが代替品として販売され、また経木も中国製品が輸入されてきていることを受け日本製の経木容器は斜陽化しており、既存事業の事業取組では利益率は低く将来の経営の安定化が図れないのが現状でした。
そこで、当社は経木製造では用途に合わせて0.6ミリの薄さから機械で1枚1枚剥ぎ出し、表面はなめらかで厚みも均一なことが取引先から高い評価を受けている“強み”を活かして、文具分野へ進出し「剥ぎ経木のメモ帳」の開発に取組むことにしました。
一般的な折り箱の厚さである3厘(0.9ミリ)での開発で課題となったのが、@厚みがあると乾燥した際に表面が波打つA反りにより経木に裂け目がでるB厚いと経木が割れやすい 剥ぎ経木は、カンナで削るような板状の突き経木と比べると「薄くする」事は大変難しいのですが、当社では薄い経木の挑戦で0.12ミリまで薄くすることができ課題を解決することができました。
 また、経木の業界では安価なアカマツを使用するのが主流ですが、岐阜県の振興につなげるために、県産材のヒノキを活用することとしました。
 メモ帳のサイズは、大(縦:125_×横:80_)と小(縦:125_×横:65_)の2種類で剥き経木60枚が一冊のメモ帳となっています。
 今後は、文具分野の第2弾として「経木のふせん」の試作開発を予定しています。
経木のことでしたら、お気軽にお問い合わせください。
北村製作所
岐阜県不破郡垂井町府中823
 TEL 0584-22-1489  FAX 0584-22-1489
 HP http://www.ogaki-tv.ne.jp/~tooru_ki/
 E-mail tooru_ki@octn.jp
(所属:垂井町商工会)

  剥き経木のメモ帳
剥き経木のメモ帳
古材・古家具に加工を施したリノベーション家具の製造及び販売 『中小企業新事業活動促進法による経営革新計画の認定事例』
承認事業者  家具のマルケン 代表 野村憲二
既存事業業種 家具・雑貨等小売業

経営革新の内容
 弊社は昭和46年に下呂にて創業し、今年で44年目を迎えた家具店です。
高度成長期からバブル経済期には、「婚礼家具需要」や「住宅新築需要」にも恵まれ業績も順調でしたが、バブル経済崩壊後、婚礼や住宅新築にともなう家具需要は減少し、当社の売り上げも次第に減少してしまいました。そこで、平成12年頃より「和家具」と「和のある暮らし」にこだわり、他の家具店とは違う店づくりを始めました。現在では骨董和家具をはじめ、和雑貨・和装洋服など「和インテリア全般の商品」を扱うようになっています。
今回の経営革新事業である「リノベーション家具事業」は、お客様に新しい家具を納品した時に「古い家具を処分してくれない?」と頼まれたことが「きっかけ」となって始まりました。
家具などの粗大ごみは地方自治体にもよりますが、通常は自分で焼却場に持ち込むか、産廃業者にお願いして持って行ってもらうしか方法はありません。当店で引き取って捨てることはできないのです。
しかし、ある時、補修、修復をすれば、まだまだ使えそうな家具に出会いました。引き取って直してみると、とても良い感じの家具になりました。「しかし、これでは一般家庭では使いづらい…。」現在の住宅事情にはなかなか合わないのです。他のインテリアともマッチしませんでした。「アンティーク家具を一般家庭で使うのは簡単ではないなぁ」と思ったものです。
次に家具を補修・修復するときには、はじめから一般家庭でも使えるようにできないかと考えて、工夫してみました。
家具本来の持つ雰囲気を壊さないように、現代のインテリアにもマッチするようにと工夫を凝らし、脚もつけたら…。などとアイデアが湧いてきました。木の脚も考えましたが、木よりも鉄の方が素敵ではないかと思い、鉄工所に頼み込み「鉄脚」を作っていただき取り付けてみました。
すると、なんだか懐かしく素敵な家具に変わりました。「既存の家具から新しい価値を生み出した家具」に変えることができました。こうして出来上がった一品物の家具たちを総称して「RENOKA(リノカ)」という名前で販売を始めました。 
本来、日本の家具などの木製品(樽や桶)は、補修や修理を施して、直しては使うものでした。昭和になり、高度成長期と共にたくさんの量産品が作られるようになり、無垢材ではなく新建材(ベニヤ板、ラワン合板等)を使った家具が数多く出回るようになりました。そして次第に無垢材を使った家具が減っていったのです。
最近よく耳にする「古民家再生」とか「before after」は、家だけではなく、家具でもそうされるべきだと思います。おじいちゃんやおばあちゃんの代から受け継がれてきた、思い出の残る家具を、カタチを変えて使っていただきたい。そんな思いで、日本の良い伝統を継承する「家具再生」に取り組んでいます。
「WA」for your life 家具のマルケン  岐阜県下呂市森13番地
TEL0576-25-4014 FAX0576-25-4014
(所属 下呂商工会)

  RENOKA(リノカ)
RENOKA(リノカ)
ビニール素材を使用した簡易恒温防塵ブースの製造・販売 『中小企業新事業活動促進法による経営革新計画の認定事例』
■承認事業所:潟^カダ創美
 代表取締役 近藤 彰博
■既存事業業種:繊維工業

■経営革新の内容
当社は、屋外テント倉庫や店舗テント、イベント用テントなどの設計・製造から施工・販売までを一貫して行ってきました。販売ルートはゼネコンや工務店、商社を仲介するケースがほとんどで、価格競争が進み思うような利益があげられない状況が続いております。さらに、岐阜県は繊維産業が盛んで日本でも有数の化学繊維製品の産地であり、本業界に携わる企業も他地域と比べると多く、競争は特に激しい地域です。
そのような状況の中、従来製品以外に近年では製造業を中心に内装用として工場や倉庫の屋内スペースの有効活用を実現するため、ビニール素材を用いた間仕切りの需要が高まっております。これは、作業スペースの明確化や省エネ効果、スペースの温度管理ができ施工が容易で比較的コストを抑制できるといったビニール間仕切りのメリットを評価されたためです。
特に、屋内温度が高く粉じんが多い環境下での作業の改善、高精密加工を行う機械加工や製品検査を行う空間においての防塵・恒温性の確保に関しては、製品の品質に直接的な影響があることから問い合わせが多くなってきました。
そこで、本計画では顧客が大きな設備投資をすることなく、活用スペースに応じたサイズ・形状に併せ、既存の間仕切りよりも恒温性を高め透明シートを用いた「簡易恒温防塵ブース」を製造販売していくこととしました。
製品に使用するビニール素材は防炎、不燃、防虫、防音、耐寒性など様々な効果のものから、現場のニーズに合わせたものを選択できます。特にこれまでなかった透明性の高い不燃材は割れの危険性がなく、ガラスの代用品として多くの引き合いを得ています。サイズも要望に応じて自由に設計でき、的確な空調設備を導入することで恒温性を確保することも可能です。また、施工は1日で完了し、導入コストも低く抑えることができます。現在、全国の大手から中小事業まで多くの引き合いがあり、売上も順調に伸びています。
今後の構想としては、天井の開閉システムを備えたブースや伸縮可能なジャバラブースに恒温性を加味した製品の製造を計画しております。
製品・商談について、お気軽にお問い合わせください。
潟^カダ創美
岐阜県養老郡養老町押越1001−7
 TEL 0584-32-3045  FAX 0584-32-2315
 HP http://www.takadasoubi.com/
 E-mail kondo.m@takadasoubi.com
(所属:養老町商工会)

  簡易恒温防塵ブース
簡易恒温防塵ブース
記事一覧を見る  
 関連リンク
「経営革新計画」について(中小機構サイト)
  http://j-net21.smrj.go.jp/know/guideBook/entry/20081024-14.html
Last Updated:2017/06/27  
中小企業新事業活動促進法による経営革新計画の岐阜県知事承認企業のご紹介|経営革新計画作成支援|経営計画作成支援