都留市商工会

スペース
RSS
スペース
スペース

山梨テクノICTメッセ2017にものづくりB2Bポータルサイト参加企業が出展します

「都留市が誇るものづくり企業」の製品・部品・加工の技術力「職人技」をここでPRします。ぜひ、多くのご来場者をお待ちしております。


 関連リンク: http://yamanashi-technoict.jp/

酒類販売管理研修の義務化について

標記につきまして、国税庁では「酒税の保全及び酒類の取引の円滑な運行」及び「酒類の適正な販売管理の確保」を図ることを目的に、酒税法等の一部を改正しました。

その一環として、平成29年6月から酒類の小売販売場ごとに「酒類販売管理者」を選任し、当該酒類販売管理者は販売管理研修(初回受講・再受講)を受講するとともに、研修の受講実績等を記載した標識を店内に掲示することが義務付けられました。
平成29年5月31日までに酒類販売管理者を選任し、届け出を行っている場合、初回研修の期限は平成29年8月31日まで、前回の受講から3年を経過している者の定期研修の期限が平成29年11月30日までとなっております。
これ以降は、酒類販売管理研修を過去3年以内に受講した者の中から酒類販売管理者を選任しなければなりません。
酒類販売管理者を選任しない場合や研修を受講していない者等を選任した場合は「選任義務違反」となります。
また、定期研修を受講しない場合には「勧告」の対象となり、「勧告」に従わない場合は「命令」の対象となる場合があります。
なお、上記に違反した場合には「罰則」の対象となり、「免許取消」となる場合があります。
つきましては、酒類販売を行っている事業所等はご確認のうえ対応をお願いします。

1.平成29年度酒類販売管理研修実施予定 別添参照

※≪酒類の適正な販売ルールについて≫別添のとおり

2.問合せ先
  申込み等につきましては、別添実施予定表記載の実施団体まで問合せください。

 添付ファイル: 実施予定表 (72KB)
酒類の適正な販売ルールについて (284KB)

最低賃金及び賃金の引上げに向けた小規模事業者支援事業及び障害者雇用安定助成金について

標記につきまして、「働き方改革実行計画」において、最低賃金の引き上げに向けた中小企業・小規模事業者の生産性向上等の支援及び治療と仕事の両立を可能とする社内制度の整備の促進を図ることが盛り込まれております。

賃金の引き上げに向けた生産性向上等の労働環境の整備及びがん等の反復・継続して治療が必要となる傷病を負った労働者又は障害のある労働者の雇用維持を目的とした下記の助成金制度に対象となる事業所はご活用ください。

1.業務改善助成金・・・【別添添付チラシ参照】
(1)内容
 生産性向上のための設備投資等を行い、事業場内の最低賃金(1,000円未満)を一定額以上引き上げた場合、その設備投資等の費用の一部を助成する制度です。

(2)助成額:50万円〜200万円
   ※最低賃金の引上げ額、従業員数、生産性要件によって上限及び助成率が異なります。
   ※引き上げ時期により、受け取れる助成額が変わります。
例:本年10月からX県では最低賃金750円が770円に引き上げられる。
県内の最低賃金と同額であるA事業者が事業所内最低賃金を810円に
引き上げる場合、
最低賃金改定前:60円増額(750円?810円)=助成上限額100万円
最低賃金改定後:40円増額((750円→)770円?810円)
=助成上限額70万円
となり、事業者において対策を講じ、申請を行う時期で受け取れる助成
額が変わります。
(3)申し込み及び問い合わせ先
都道府県労働局 雇用環境・均等部 又は 雇用環境・均等室
   http://www.mhlw.go.jp/gyomukaizen/index.html

2.キャリアアップ助成金(賃金規定等改定コース)・・・【別添チラシ参照】
(1)内容
全ての労働者又は雇用形態別や職種別など一部の有期契約労働者等を対象に、基本給の賃金規定等を2%以上増額改定し、昇給させた場合に定額を助成する制度です。
(2)助成額:33,250円〜3,600,000円
   ※中小企業と大企業の判別、労働者数、対象とする労働者の範囲、生産性要件によって助成額が異なります。
(3)申し込み及び問い合わせ先
都道府県労働局又は各ハローワーク
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/jigyounushi/career.html
(4)その他
昨年度、制度の見直しが行われ、提出書類の大幅な緩和が図られました。賃金規定等が無い場合においても、現状の労働者ごと(匿名可)の賃金一覧表を作成することで代用出来ることとなりましたので、是非ご活用ください。
3.人事評価改善等助成金(新設)・・・【別添チラシ参照】
(1)内容
人事評価制度と賃金制度の整備を通じ、生産性の向上、賃金アップ及び離職率の低下を図る事業主に対して定額を助成する制度です。
(2)助成額
  @ 制度整備助成:50万円
  A 目標達成助成:80万円
    ※@の実施から1年経過後に制度の適切な運用、離職率の低下に関する全ての目標達成、生産性の向上及び労働者の賃金の2%をアップした場合に助成されます。
(3)申し込み及び問い合わせ先
都道府県労働局又は各ハローワーク
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000158133.html

【生産性要件とは(1〜3の制度共通)】
1.助成金の支給申請等を行う直近の会計年度における「生産性」が、3年前に比べて6%以上伸びていること。
2.「生産性」は次の計算式によって計算します。
生産性 = 営業利益 + 人件費 + 減価償却費 + 動産・不動産賃貸料 + 租税公課
雇用保険被保険者数


4.障害者雇用安定助成金(障害・治療と仕事の両立支援制度助成コース)
・・・【別添チラシ参照】
(1)内容
   傷病や障害の特性に応じた治療と仕事を両立させるための休暇制度及び勤務制度等の導入について計画を作成したうえで、当該計画に基づき就業規則等を改正し、労働者に適用させた場合に、一定額を助成する制度です。
(2)助成額:10万円
(3)申し込み及び問い合わせ先
都道府県労働局又は各ハローワーク
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000162833.html

 添付ファイル: 別添チラシ (2439KB)

農林物資の規格化等に関する法律(JAS法)改正にともなう制度説明会の開催について

平成29年6月に「農林物資の規格化等に関する法律(JAS法)」が大幅に改正されました。新たなJAS制度は、農林水産品・食品の品質の規格から生産方法、試験方法、取扱方法などにまで対象が拡充されました。

これにより、農林水産物・食品の生産、製造を行う農林漁業者、食品製造業者だけではなく、保管、輸送、販売のほか、フードチェーンに携わる幅広い事業者の方に、商品、技術、取組をアピールするツールとして活用できるものとなりました。
今般、農林水産省が、新たなJAS制度の活用方法等についての説明会を下記のとおり開催する旨の連絡がありましたのでお知らせいたします。  

1.開催日時及び場所
 (1)平成29年8月29日(火) 13時30分〜
    独立行政法人農林水産消費安全技術センター本部7階大会議室
    (さいたま市中央区新都心2-1さいたま新都心合同庁舎検査棟)
    定員 約80名

 (2)平成29年9月21日(木) 13時30分〜
    農林水産省7階共用第2会議室 (千代田区霞が関1-2-1)
    定員 約50名

2.開催時間 いずれの会場も1時間半程度を予定

3.参加申込方法および問合わせ先
  会場ごとに参加申し込みを受け付けております。参加申込につきましては、  農林水産省のホームページからお申し込みください。

【農林水産省ホームページ】
 http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/syoku_kikaku/170803.html

 関連リンク: http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/syoku_kikaku/170803.html

「つる産業まつり2017」への出店者募集について

標記事業への出展者募集を下記により行いますので、出店を希望する方は、申込締切日までに、下記出店申込関係書類一式を揃え、都留市商工会まで申込み下さいますようご案内いたします。
 尚、暴対法施行により出店申込書が多いため、出店希望者は、都留市商工会HPからダウンロードしていただくか、商工会窓口で入手して頂けますようお願いいたします。
           

               記

1.開催日時  平成29年10月29日(日)午前9時〜午後3時

2.出店場所  谷村第一小学校(都留市上谷1-1-2)

3.出店申込  商工会窓口へ申込み締切日までに申込み下さい

4.申込締切日 平成29年9月8日(金)期限厳守でお願いします

5.提出書類  1)出店申込書
         2)出店調査票
         3)販売品目一覧表(商品を販売する者)
         4)提供食品の概要書(食品を提供する者)
         5)テント内平面図(食品を提供する者)
         6)暴力団関与のない旨の誓約書兼承諾書
         7)酒類販売許可証の写し(酒類を販売する者)
         8)運転免許証のカラーコピー(代表者および従事者全員)
          (昨年出店した方についても今回提出が必要となります)
         9)車検証のコピー(車で販売行為を行う者)

6.出店料金 昨年度と同様に使用料と設営運搬費の合計額の実費負担(受益者負担)をよろしくお願いします。
○市発注業者の料金
パイプテント(横5.4b×縦3.6bは、@6,000円)"(横3.6b×縦2.7bは、@4,000円)テーブル(幅600×長さ1,800@900円)パイプイス(@100円)以上の使用備品の合計額以外に、テント設営費と機材の運搬費が発生しますが、過去の実績から、使用備品合計料金額に1.60(出店者数等により多少前後することもあります)を乗じた金額を出店料金として徴収させて頂きます。
イベントにおいて借用備品が無く、備品料金が発生しなくても、出店者共同事業のため、2,160(税込)を基本料金としてご負担願います。
○商店連合会の会員は、商店連合会備品(イージーアップテント(簡易テント横2.9b×縦2.9b)@1,620(税込))を借りることができます。イベント用机(横1.8b×縦0.6b)については、商工会の会員および商店連合会の会員は、@108(税込)で借りることができます。(但し、イージーアップテントとイベント机の運搬と設営は、出店者自身でお願いいたします。)
 なお、出店料は、つる産業まつり当日会場にて徴収をいたします。商工会商業部会では、イベント全体に係る経費についてのみを負担します。

7.出店者会議 平成29年10月中旬に開催予定
        (出店申込者あてに、後日連絡します)

8.その他 出店により使用する電源設備・プロパンガス・コンロ等はご面倒でも出店者ご自身でご用意ください。        

 添付ファイル: 出店申込書一式 (122KB)
暴力団関与のない旨の誓約書兼承諾書 (31KB)
出店要領 (41KB)

スペース
スペース

スペース
スペース   スペース
スペース
スペース スペース
スペース メッセージ スペース

都留市商工会

スペース

  〜会員満足度向上運動〜
      「会員に身近で必要な存在になる!!」

  商工会が全面バックアップ!!
      多彩な支援をいたします。

スペース
スペース スペース
スペース スペース
スペース 基本情報 スペース
代表者名: 都留市商工会会長 田中一利
住所: 〒402-0053 山梨県都留市上谷3-6-38
TEL: 0554-43-1570 ■ FAX: 0554-43-1644
メールアドレス: tsuru@shokokai-yamanashi.or.jp
地図: Googleマップ(拡大縮小自由表示)
     
スペース
スペース スペース
スペース スペース
スペース 関連リンク スペース
都留市商工会ホームページ

http://www.shokokai-yamanashi.or.jp/~tsuru/

SHIFT職員用ログイン

http://ec.shokokai.or.jp/cmsdb/master.php

スペース
スペース スペース
スペース スペース
スペース 添付資料 スペース
コンパスクラブSHIFT利用同意事項 (188KB)
スペース
スペース スペース
スペース スペース

都留市商工会ホームページ
スペース
スペース スペース
 
Last Updated:2017/11/07