全国トップ地域トップ福井県商工会連合会越前市商工会お店・宿一覧  
山次製紙所 (Tel:0778-42-0553)
山次製紙所は今も昔も変わらぬ技法を守り続けています
1500年の歴史を誇る「越前和紙」。
永年受け継がれてきた技法を守りながら、革新の技術を活かし、さらにすぐれた和紙を生産してまいります。
住所:〒915-0234 越前市大滝町29-5
TEL:0778-42-0553   FAX:0778-43-0247
山次製紙所のPRポイント 越前和紙 / 福井県 / 干支はがき / 越前市 / はがき / 小間紙 / 便箋 / 封筒 / 年賀はがき / 手漉き
「うきかみ」のランチョンマットできました:『わが社の一押し』
型押しの技法を使い、表面の凹凸で模様を表現した「うきかみ」のランチョンマットが出来ました。
春の野原をひらひらと舞う蝶がモチーフです。
今年の春は「大気中に飛び交う様々なもの」が心配で外出を控えようと思ってらっしゃる方もいらっしゃる様子。
このランチョンマットを使ってお家でお花見・春気分を味わう。というのもいいかもしれません。
こんなことも出来ちゃうんです。:『わが社の一押し』
これは「透かし漉き合わせ」という光に透かすと絵柄が浮かびあがる美しい加工の和紙です。
越前の伝統的な技法を駆使して作られております。
「透かし」の歴史は古く「藩札」や「金札」にも起用されていました。

あなたも、お気に入りの写真で
和紙の透かし模様入りタペストリーを作ってみてはいかがでしょう?
山次製紙所の新しい顔:『わが社の一押し』
越前和紙の里『パピルス館』 山次製紙所のコーナーが4月よりリニューアルしています。
若手和紙作家 青木里菜さんの作品を中心に不思議なものが・・・
愛情をたっぷり漉き込まれた個性的な和紙たちが皆さんに会えるのを楽しみに待っています。

変なハガキたち
http://jiyomonwashi.blog134.fc2.com/blog-entry-564.html
 
 
 ◇越前市 豪雨後の近況◇
越前市の旧今立地区は7月20日(金)豪雨に見舞われました。紙漉き工場が集中する大滝町では、多くの紙漉き工場に泥水が入り込みました。
山次製紙も工場に泥水が入り込みましたが、皆様の応援もあり25日から一部操業を再開しております。ありがとうございました。
 
UKI−KAMI〜うき・かみ〜とは
「エンボス加工」と呼ばれる型押しの技法を使い、表面の凹凸で模様を表現しています。材料のガンピやパルプを独自に配合し、筆などで文字が書きやすい質感に仕上げました。色を使っていないので、和紙本来の温かみがあります。はがき、年賀状、メッセージカードなど親しい方へのお便りにどうぞ!  
この越前和紙のすばらしさ
この模様は機械漉きではできないものです。
手漉きならではの美しくて滑らかな和紙は、何とも言えない温かみがあります。

 
伝統工芸士
高度な伝統的技術を持つ「伝統工芸士」が一枚一枚手漉きしております。受け継がれた技術は次の世代へ確実に伝承し、繋いでいくことが私たちの使命です。  
『パピルス館』にて販売しています。
越前和紙の里『パピルス館』に山次製紙所コーナーがございます。リニューアルした『パピルス館』に是非お立ち寄りください。  
お知らせ履歴  
「大切な方への年賀状に」〜UKI-KAMI〜「わが社の一押し」
  来年の干支「辰」「龍」の文字と絵を凹凸で浮き立たせた、手漉きはがき「UKIKAMI」です。筆などで文字が書きやすい質感に仕上がっております。
大切な方への新年の御挨拶にお使いください。

◇1枚160円◇
  販売は越前和紙の里『パピルス館』にて
  お問い合わせは福井県和紙工業協同組合 0778-43-0875

 添付ファイル: 「辰」「龍」の文字と絵です。 (175KB)

携帯サイトのご案内
QRコード
企業データ
企業名: 山次製紙所
代表者名: 山下 勝弘
住所: 〒915-0234 越前市大滝町29-5
TEL: 0778-42-0553 ■FAX: 0778-43-0247
交通・アクセス:
大きな地図で見る
関連リンク
福井県和紙工業協同組合
  http://www.washi.jp/kodawari/
和紙処えちぜん
  http://www.echizenwashi.jp/features/echizen.html
越前和紙 /福井県 /干支はがき /越前市 /はがき /小間紙 /便箋 /封筒 /年賀はがき /手漉き
Last Updated:2014/11/04