全国トップ 地域トップ 神奈川県商工会連合会 相模湖商工会 お店・宿一覧
榎本豆腐店【Tel:042-684-2234】
豆腐一筋50余年 職人技が光る相模湖の名物豆腐
工場を兼ねた榎本豆腐店の店頭
工場を兼ねた榎本豆腐店の店頭
榎本豆腐店のPOINT
豆腐
絹ごし豆腐
木綿豆腐
生揚げ
がんも
油あげ
丸大豆
手作り豆腐
にがり
衛生管理
 榎本豆腐店の店主は、高校時代から50余年、人生のほとんどを豆腐作りに捧げてきました。
 豆腐はきわめてシンプルな食べ物ですがそれだけに奥の深い食品です。味、見た目、食感、どれが欠けていてもいい豆腐とはいえません。またなまで食べるものなので衛生面でも高い水準が要求されます。豆腐作りの技を極めることで、榎本豆腐店の豆腐はこれらの課題をすべてクリアーしてきました。
代表者名: 榎本 富市
住所: 〒252-0173 相模原市緑区小原802
TEL: 042-684-2234
営業時間:6:00〜19:00
定休日:木曜日
駐車場:有
 新着情報  
職人の技から生まれた手作り豆腐
職人の技から生まれた手作り豆腐
 
職人の技が生きる手作り豆腐 『おすすめ商品・サービス』
店主が豆腐を作るのは、明け方、まだ誰もが寝ている静かな時間です。静けさの中で、誰にも邪魔されず豆腐作りに集中します。榎本の美味しい豆腐は静けさの中で研ぎ澄まされた職人の繊細な感覚によって作られます。
 例えば、大豆を水につける時間は気温や湿度によって違います。またふやかした大豆をグラインダーで轢き、釜で煮ますが、これはご飯を炊くのと同じです。ボイラーから出てくる蒸気の微妙な違いで炊き具合が変わります。釜で煮たあとは豆乳とガラに分離し、豆乳をにがりで固めます。にがりの分量は職人の勘です。
 オートメーションでも豆腐は出来ますが、気温や蒸気の枯れ具合まで判断する職人の繊細な感覚にはかないません。
 詳細情報
厳選された材料 
大豆の旨さが際立つ冷奴
(大豆の旨さが際立つ冷奴)
榎本豆腐店で使用する大豆は、大粒の厳選された丸大豆です。数十年来の付き合いがある大阪の信頼できる問屋から納得のいくものだけを仕入れています。またにがりも添加物の入っていない本物のにがりです。
豆腐は淡白な食品だけに材料の旨みがそのまま製品に反映されます。榎本の豆腐は大豆そのものの旨さが味わえる豆腐です。
絹ごし豆腐と木綿豆腐 
榎本の絹ごし豆腐と木綿豆腐は少し大きめ
(榎本の絹ごし豆腐と木綿豆腐は少し大きめ)
豆腐の旨さは豆腐の硬さや食感によっても違います。硬すぎず、柔らかすぎず、つるっと入ってのど越しがよい、榎本の豆腐はそんな感覚が楽しめる豆腐です。 

絹ごし豆腐
榎本の絹ごし豆腐は冷奴がお勧めです。つるっと入ってのど越しがよい、大豆の旨さが口に広がる、まさに豆腐の傑作です。
一丁\130-(税込み)

木綿豆腐
榎本の木綿豆腐は少し柔らかめ、通常の木綿豆腐と絹ごし豆腐の中間くらいの硬さです。煮物に入れても崩れず、つるっとした口当たりのよさも楽しめるほどよい食感の豆腐です。
一丁\130-(税込み)
油揚げ 
きつね色が美しい油揚げ
(きつね色が美しい油揚げ)
榎本豆腐店の揚物には油揚げ、生揚げ、がんもがあります。どれもとってもその辺の揚物とは一味もふた味も違います。

・油が違う…榎本豆腐店の揚物は油が違います。焙煎した香ばしい特性菜種油を使っています。

・色が違う…油揚げもがんももまさにきれいなきつね色、市販のくすんだ揚物の色とは色がぜんぜん違います。

・香りが違う…榎本豆腐店の揚物は香りが違います。質のよい香ばしい菜種油の香りです。豆腐の旨さにあげの香ばしさがマッチして、なまで食べても旨い揚物です。

油揚げ \60- 生揚げ・がんも \130-

厳しい衛生管理 
衛生管理の厳しい榎本豆腐店の店内
(衛生管理の厳しい榎本豆腐店の店内)
榎本豆腐店は衛生面にも細心の注意を払っています。例えば手洗いの蛇口は店の真ん中にあります。どんな作業をしていてもすぐに手を洗って次の作業に取り掛かれるようにと言う配慮からです。
ですから保健所の検査も毎回最高水準の数値でクリアー、養護施設や幼稚園など衛生基準の厳しい納入先からも絶大な信頼を得ています。
 関連リンク
榎本豆腐店はこの地図の矢印のところです
  http://maps.google.co.jp/maps?q=%E7%9B%B8%E6%A8%A1%E6%B9%96%E7%94%BA%E5%B0%8F%E5%8E%9F802&hl=ja&ie=UTF8&z=16&iwloc=addr&om=1
Last Updated:2007/09/12  
豆腐|絹ごし豆腐|木綿豆腐|生揚げ|がんも|油あげ|丸大豆|手作り豆腐|にがり|衛生管理