全国トップ 地域トップ 神奈川県商工会連合会 逗子市商工会 お店・宿一覧
(資)松酒屋【Tel:046-873-2220】
灯油の専門店
(資)松酒屋のPOINT
灯油の配達いたします
灯油の専門店
ホームタンクの水抜きします
COOPかながわ指定業者
まずはお電話ください
企業名: (資)松酒屋
代表者名: 松岡広幸
住所: 〒249-0001 逗子市久木3−6−7
TEL: 046-873-2220 ■FAX: 046-871-2269
営業時間: 9:00〜17:00 ■定休日: 日曜日(夏期は土・日曜日)
主要商品:灯油
設備:駐車場あり
交通・アクセス:
大きな地図で見る
携帯サイトのご案内
QRコード
 詳細情報
40キロを笑顔で 
寒さの厳しい冬には暖房・給湯など日常生活を送る中で灯油の利用は欠かせない物となっている。灯油とは原油から精製された無色透明の特有の匂いをもつ液体である。元来、灯りのための油であり、『ともしびあぶら』と呼ばれていた。
このまちには創業80年の昔ながらの燃料屋がある。それが、『まつざかや』だ。灯油を主に店頭販売・配達・引き売りを行っている。引き売りとは、定期的に市内を巡回し、マイクで呼びかけながら、販売すること。この引き売りは毎年十月からはじまり、翌年四月までつづく。
もう地域の人々には馴染み深いセリフ「毎度有難う御座います。まつざかやで御座います。灯油を持って参りました〜、よろしくお願いしま〜す!」が聞こえてくると、急いでポリタンクを持って自宅から飛び出してくる光景もめずらしくない。
また、電話一本でアパートやマンションの上階、家の裏の物置の中など億劫なところまで笑顔で配達してくれる。
重くないんですか?と聞くと、はっきり一言。「めちゃめちゃ重い(笑)」と笑顔で答えたのは松酒屋の4代目である松岡広幸さん。そりゃそうだ。軽々持つが2缶で40キロ近くあるのだから・・・
「やはり重いので配達を希望されるお客様が多いですね」現在では価格競争が進み店頭販売でのセルフサービス店を良く見かけるようになったが、逗子市ではそうでもないようだ。
「お年寄りが多いですからね。ご希望があれば家の中でも運びますよ」と笑顔で語ってくれた。
お客さんとの会話が一番 
お客様の中には話好きの方もいて、配達先でついつい長話をしてしまうという。
「お客様の話からいろいろ教えられる事が多いんです」会話の中から欲しがるサービスを見つけ信用を築き上げていく。先代からの変わらぬスタイルで商売をしている。
灯油は冬期のみの販売と思われがちだが意外にも年中販売している。
「風呂焚用に灯油を利用される方もいらっしゃいますので安定供給を心がけています。」
最後に灯油の保存方法についてひとこと。
「直射日光を避け冷暗所に保存する。黄色く変色したりすっぱい匂いがしたら、機械の故障に繋がりますので使用しないでください。使えなくなった灯油の処理はお気軽にご相談ください。」
そんなHOT暖かい一言が部屋だけでなく心もあたためてくれる。
灯油のストーブ・ファンヒーターで冬の乾燥を防ぐ 
灯油は燃焼すると水蒸気を発生させます。灯油の成分は炭素(C)と水素(H)の化合物です。燃焼(酸素O2との結合)によって炭素Cは二酸化炭素CO2に、水素Hは水H2Oとなって室内に放出されるのです。
例えば灯油であればストーブやファンヒーターで消費した灯油の1.1倍の水分が水蒸気として出てきます。およそ家庭の加湿器に近いくらいの加湿能力があります。
灯油のシミと臭いが残らない裏技! 
灯油を給油していてついうっかりこぼしてしまった経験、皆さん1度はあると思います。こぼれた灯油をすぐ拭いても嫌な臭いが残ってしまいますよね。そんな時すぐ雑巾でゴシゴシ拭いても逆効果になります。まずは粉末石鹸をふりかけましょう。粉末石鹸が灯油を吸い取ってくれるので、しばらく放置した後にきれいに水拭きすればOKです。
 関連リンク
逗子市商工会青年部
  http://www.zushi-shokokai.com/
Last Updated:2011/02/22  
灯油の配達いたします|灯油の専門店|ホームタンクの水抜きします|COOPかながわ指定業者|まずはお電話ください