全国トップ地域トップ神奈川県商工会連合会逗子市商工会お店・宿一覧  
(有)宮下工務店 (Tel:046-873-9855)
逗子・葉山・鎌倉でリノベーション、耐震リフォームしませんか?
・古くなった家をリノベーションで再生したい
・補助金を活用して耐震リフォームしたい
・逗子市リフォーム助成金制度を活用したい
 
住所:〒249-0005 逗子市桜山3−10−20
TEL:046-873-9855   FAX:046-872-1641
営業時間:8:00〜18:00
定休日:日曜、祝日
(有)宮下工務店のPRポイント 耐震リフォームはお任せください / リノベーションで住まいを再生します / 地元逗子で密着営業 / アフターメンテナンスの徹底
「約25万棟」
この数字が何か判るであろうか?
全壊家屋104,906棟、半壊家屋144,274棟と、最大級の被害が及んだ「阪神淡路大震災」による倒壊家屋数である。(一部損壊390,506棟を除く)
そう、私達の住む日本は世界でも有数の地震列島であり、その上に我々は暮らしているのである。いつなんどき発生するか分からない地震に備えて、この逗子でも的確な耐震診断を行い、それに基づき耐震工事をしてくれる工務店がある。次に紹介する業者もそんな工務店のうちの一社だ。
「うちは耐震診断もしていますが、地震に強い家も造っていますよ」と、苦笑いしながら話をしてくれたのは、桜山3丁目・旧海軍住宅近くに(*下記参照)事業所を構える給{下工務店の三代目 金田伸也さん。子供の頃から「木」の手触りとぬくもりが好きで、大学でも建築分野を専攻し、一級建築士の資格を持ちながら現場でも腕を振るう大工さんである
1万円で買える安心感
耐震診断だが、金田さんによると建物の「基礎・柱・梁」の強度と劣化等の状態を現場で調べた上で、図面を起こしてパソコンに入力すると、現在のお客様の家が地震のときにどの様な動きをするのか、そして震度を上げたときに家のどこが弱くて、どの場所を補強したらよいのかがパソコン画面に出てくるという優れものソフトがあるというのだ!話を伺いながら、私の住む家(築35年)も頼みたくなって費用面を聞いてみると、簡易診断費用は約三万一千五百円で、市役所に申請するとその内の二万円は補助金が出るので、個人負担は一万一千五百円というから、これまた人間ドックよりも財布に優しい診断である  
安心を造り続ける
先の紹介の通り、宮下工務店は耐震診断は勿論、新築・増改築・リフォーム工事等を手懸ける。創業60余年の実績は、長年の匠の技と最新の技術で地域に愛されてきた歴史の積み重ねと云えるだろう。
「住む人の健康あっての家」をモットーに柱や土台にはヒノキ・スギのムク材(湿気に強く腐り辛い)を使い徹底した強度・耐久性にこだわり、壁材は湿度調整と化学物質等を吸収するといわれる漆喰(しっくい)を薦める。
「息をする家」=「健康な家」を造り続けている宮下工務店の姿勢は、正にお客様へ『心配(診断)無用な家』をこれからも造り続けていくことを証明しているのである。

*旧海軍住宅:丸山産婦人科裏よりJR線の間東側付近にあった旧日本海軍将校クラスの住宅地。
 
携帯サイトのご案内
QRコード
企業データ
企業名: (有)宮下工務店
代表者名: 宮下 勝實
住所: 〒249-0005 逗子市桜山3−10−20
TEL: 046-873-9855 ■FAX: 046-872-1641
営業時間: 8:00〜18:00 ■定休日: 日曜、祝日
交通・アクセス:
大きな地図で見る
マイホームページ:http://miyashita-zushi.co.jp/
業務内容:逗子・鎌倉・葉山でリノベーション、リフォーム、耐震補強、新築、増改築等地域に密着した営業を行っております。お気軽にご相談ください。
関連リンク
逗子市商工会青年部
  http://www.zushi-shokokai.com/
宮下工務店
  http://www.miyashita-zushi.co.jp/
耐震リフォームはお任せください /リノベーションで住まいを再生します /地元逗子で密着営業 /アフターメンテナンスの徹底
Last Updated:2014/03/06