全国トップ 地域トップ 神奈川県商工会連合会 逗子市商工会 お店・宿一覧
有賀建具店【Tel:046-871-1324】
地域を結ぶ『どこでもドア』
企業名: 有賀建具店
住所: 〒249-0001 逗子市久木9-6-4
TEL: 046-871-1324 ■FAX: 046-872-1717
営業時間: 8:00〜18:00 ■定休日: 日曜定休
 詳細情報
建物の具と書いて建具 
建具、建具職人と聞いて、正確にその仕事内容を思い浮かべる事が出来る方はいるだろうか。筆者はなんとなく『家を建てるときに必要な技術、職人さん。』というほどの知識しかなかった。そこで久木にある有賀建具店の2代目有賀範夫さんに話を聞いてみた。
「建具屋はねぇ、障子、扉の注文製作や取り付け、修理・補修等を行う商売ですよ。新築時に扉をその家の寸法に合わせて造ったり、長年使っている障子や扉の動き加減が悪いときに調整したりするんですよ。建具はね、建物の具と書くんですね。おにぎりに具が入ってなかったら寂しいでしょ。建具も一緒で、建物に必要な物なのですよ。」と人懐っこそうな笑顔で教えてくれた。
 有賀建具店の仕事のほとんどは、施主さんや建築設計士さんの要望を聞いた上での注文制作だそうだ。その家の使い勝手や雰囲気に合わせながら扉や障子を取り付けていく。
取り付けがお付き合いの始まり 
有賀建具店のもう一つの仕事は建具の修理・補修だ。「素材が木のものは取り付けてから1年程は目が離せません。その家の環境によって多少変わるんです。木は生きていますから。また建具は永い間使っていても動きが悪くなったり、音鳴りがしたりします。家も建具も生きていますからね。」材料に使われる木材は湿気や気温により微妙に変化していると有賀さんは言う。
家の扉や引き戸の動きは、調整が重要視される。ほんの少しの狂いが動きをぎこちなくする。それを長年の勘と経験に裏打ちされた技術でミリ単位以下の精度で手を加える。そんな繊細な世界だ。
「ウチでやらせて貰った仕事には保障期間はないですよ。いつまでも面倒を見させて頂きます。」
なんとも心強いかぎりだ。これも建具職人としての、お客様と仕事に対する誠実さと誇りの顕れなのだろう。
作業場で何種類もの変わった形の鉋を使いこなし仕事をするその顔には、先ほどの笑顔はもうない。職人の顔に戻っていた。
最後に多くのドアや扉が置かれた作業場で有賀さんに聞いてみた。
「あの〜、ドラえもんの『どこでもドア』は取り扱ってないんですか?」
「あぁ、どこでもドアは22世紀になったら取り扱う予定だよ(笑)」とまた最初の笑顔に戻っていた。22世紀まで気長に待つ事にしよう。
Last Updated:2009/02/27