全国トップ 地域トップ 神奈川県商工会連合会 逗子市商工会 お店・宿一覧
TEL:046-871-4638
 (有)湘南塗装工芸社
(有)湘南塗装工芸社
その店には歴史と実績あり
昭和二〇年、第二次世界大戦が終戦を迎えた頃、看板屋と塗装業をあわせ持った湘南塗装工芸社が逗子・久木に産声をあげた。その当時の日本は看板や塗装に関わるが不足し、初代の柳下文蔵氏はかなり苦労をされた当時を思い出しながら、 「このあたりで塗装業の看板を出して営業している業者の中では、老舗になるだろうなぁ・・・」と語り始めてくれた。  
たこや
 当時より職人さんは、日々忙しく働いていたが、どういうわけかニッパチ(2月と8月)は暇になる時代があり、その時期副業として、冬場は天ぷら屋さん、夏場はアイスキャンデー屋さんを商っていたそうだ。
 夏場は主にこども相手の商売ということで、「何か愛称みたいなのがないか?」と考えた末に、タコの足にアイスキャンデーを持たせた看板をあげたところ、お店の名前が「たこや」と相成りました。古き良き時代の話である。
 冷蔵庫があまり普及していなかった当時のこと、子どもたちはもちろん事、大人たちにもかなり好評であったようだ。
 この副業は十五年ほど続いたそうだが、建築ブームの追い風もあり、本業に専念する事となった。今でも当時を知る人は「たこやさん?」と声をかけてくれるそうで、「そう呼ばれる懐かしい時代があったんだよね。」と語ってくれた
看板屋と塗装屋の違い
一般的には同じと思われがちだが、店や案内板等を作るのが看板屋。それに対して建物などに塗料を塗るのが塗装屋である。どちらも塗料を扱う面では一緒だが、この二つを手がける業者はそう多くはいない。
 街を歩いていて思わず目を引かれる看板や、風雨に晒されても簡単に剥げない。それがプロの仕事というものである。
 市内の塗装業者や看板業者でも湘南塗装工芸社で修行していた人は少なくないのである。
 いわば、プロ達(現在の親方達)が腕を磨いていた店でもあり、現在もそのプロ達をうならせているのである。
 腕前もさることながら最新鋭の技法も取り入れ、現在では、コンピュータの導入により、どんな大きさの看板でもお望みのものができるそうだ。
六十余年の実績と最新技術を併せ持つこの店に技術の終わりはなさそうなので、そろそろこの紹介を”看板”にさせていただこうと思う
詳細データ
企業名: (有)湘南塗装工芸社
住所: 〒249-0001 逗子市久木5-11-10
TEL: 046-871-4638 ■FAX: 046-871-4638
定休日: 日曜日
携帯サイトのご案内
QRコード
関連リンク
逗子市商工会青年部
  http://www.zushi-shokokai.com/
Last Updated:2011/02/22