商工会事務局

野田市関宿商工会

商工会は「商工会法」に基づき経済産業大臣の認可を受けて設立された公益法人であり、その地域の商工業の総合的な改善発達を図り、合わせて社会一般の福祉の増進に資するなど広い範囲の事業活動をしております。

point

金融 | 税務相談 | 経営労務 | まち | エキスパ−トバンク | 創業支援 | 経営安定特別相談 | 基盤施設事業 | 取引 | 各種共済

新着情報  

商売繁盛窓口開設の案内 『商工会よりお知らせ』

商売繁盛窓口  〜商売の相談はまず商工会へ〜
  商売のことならどんな些細な事でもご相談ください。
・相談無料
・事前予約制です
・一回の相談は原則1時間以内です

(開催日)
 平成28年
  8月17日(水)午前9時〜午後4時まで
  9月21日(水)午前9時〜午後4時まで
 10月19日(水)午前9時〜午後4時まで
 11月16日(水)午前9時〜午後4時まで
 12月21日(水)午前9時〜午後4時まで
 平成29年
  1月18日(水)午前9時〜午後4時まで

(問い合わせ)
 野田市関宿商工会
 TEL 04-7198-0161
FAX 04-7198-0174

 添付ファイル: 商売繁盛窓口相談申込書(ダウンロードできます) (266KB)

個別相談会のご案内(開催日更新および開催時間の変更) 『商工会よりお知らせ』

弁護士、税理士、社労士等の専門家による無料個別相談会
会 場:いちいのホール集会室
日 時:毎月1回 午後2時〜午後4時に開催(開催時間が変更になりました)
8月10日(水)・9月8日(木)・10月13日(木)
相談内容
法 律
弁護士による、商取引トラブルや倒産防止に関する法的手続、遺言・相続、不動産問題など。取引契約前の契約内容確認等、事前防衛にもご利用ください。
税 務
税理士による、相続税、贈与税、譲渡税の節税対策など、税務全般の相談。
消費税、事業承継、記帳・申告についてのご相談もどうぞ。
労務・年金
社労士による、社会保険・労働保険他、従業員の雇用に関する労務相談全般。
返済不要の助成金制度の情報提供。年金(遺族年金・障害年金を含む)相談。

 添付ファイル: 無料相談会の申込書 (21KB)

小規模事業者持続化補助金のご案内 『商工会よりお知らせ』

 本事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく小規模事業者の皆様の地道な販路開拓
(創意工夫による売り方やデザイン改変等)などの取組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。
補助金を受けるための要件
◎小規模事業者の皆さんが策定した「経営計画」に基づいて実施する事業であること。
◎商工会の支援を受けながら取り組む事業であること。
◎以下に該当する事業でないこと。
・既に国の他の補助金・助成金を受けている事業
・公序良俗に反する事業
・取組みが1年以内に売上の増加に繋がらない事業
◎商工会地区の小規模事業者であること。
【従業員数:20人以下、※卸売業・小売業・サービス業(宿泊業・娯楽業以外)は5人以下】

補助対象となる事業(取組のイメージ例)
@新たな販促用チラシの作成、配布
A新たな販促用PR(新聞広告・・Web広告)
B商談会、見本市への出展
C店舗改装(小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修を含む)
D商品パッケージ(包装)の改良
Eネット販売システムの構築
F移動販売、出張販売
G新商品の開発
H新たな販促品の調達、配布
補助率と補助対象となる経費
◎補助率 ⇒ 補助対象経費の2/3以内。(補助金上限50万円)
経費内容
@機械装置等費
A広報費
B展示会等出展費
C旅費
D開発費
E資料購入費
F雑役務費
G借料
H専門家謝金
I専門家旅費
J委託費
K外注費

※@雇用を増加させる取組み、A従業員の処遇改善に取り組む事業者、B買い物弱者対策に取り組みについては、補助金上限100万円となります。
◎以下の条件を全て満たす必要があります。

@使用目的が事業実施に必要と明確に特定できる経費
A交付決定日以降に発生した経費 (交付決定以前の支出は対象外)
B証拠資料等によって金額が確認できる経費
※補助金の交付は事業完了後、支払いとなります

☆受付締切 平成28年5月13日(金)
※商工会で書類を確認する作業が必要なため、締切日まで余裕を持った日程で、ご相談下さい。
商工会HPにて、公募要領・申請書様式がご覧いただけます。

□お問い合わせ、ご相談は  野田市関宿商工会
             TEL 04-7198-0161 ・ FAX 04-7198-0174


 関連リンク: http://www.chibaken.or.jp/

生ごみ堆肥化装置購入助成金制度が変わります 『商工会よりお知らせ』

 平成28年4月1日より、生ごみ堆肥化装置を購入し、一定の条件を満たす事業者に市より助成金がでる制度の案内です。
■助成金対象の生ごみ堆肥化装置
生ごみ堆肥化容器(コンポスト、密閉式容器、キエーロ)
生ごみ処理機(機械式)

■助成対象者
野田市に住所を有し、かつ、居住している方又は市内に事業所を有する事業者で次の全ての要件を満たすもの。
@ 市に登録した販売店(以下「登録販売店」という。)又は市長が特に認める販売店(以下「認定店」という。)から生ごみ堆肥化装置を購入すること。
A 生ごみ堆肥化装置を自己の敷地内に設置すること。
B 生ごみ堆肥化装置によって減量化し、又は堆肥化したものを利用すること。
C 助成対象者及び助成対象者の属する世帯の世帯員(法人にあっては、当該法人)が市税を滞納していないこと。

■助成金の額
対象装置          助成範囲      限度額    条件
生ごみ堆肥化容器
コンポスト        1基につき             1か年度につき、
密閉式容器        購入価格の1/2  10,000円  世帯2基まで
キエーロ        (百円未満切り捨て)        

生ごみ処理機(機械式)  購入価格の1/2
            (千円未満切り捨て)  30,000円  5か年度(該当年度を含む)につき、1世帯1台まで
※キエーロとは、土に含まれる微生物の力により生ごみを消滅させるコンポスト容器です。

■助成金申請手続き(ア又はイ)
※装置購入後に申請していただく方法になりました。(購入後1年以内有効)
ア 登録販売店が申請者に代わって申請する場合
@ 申請者は、印かん(事業者の場合は、社印と代表者印)を持参して登録販売店に赴き、装置購入後、申請書と委任状を登録販売店に提出します。
A 申請者は、助成金交付決定通知を受領後、市に請求書を提出します。
B 市に請求書が届きましたら、指定された口座に助成金を支給します。
イ 申請者が直接手続きを行う場合
@ 申請者は、登録販売店等で装置を購入し、自分で申請書、領収書等を市に提出します。
A 申請者は、助成金交付決定通知を受領後、市に請求書を提出します。
B 市に請求書が届きましたら、指定された口座に助成金を支給します。

※登録販売店及び認定店の一覧等、助成金制度の詳細は、平成28年4月1日以降の市ホームページをご確認ください。
■申請先・問合せ先   野田市環境部清掃計画課 TEL 04-7125-1111内線3204・3977

事業系一般廃棄物の処理手数料の改定・受入れ指導強化のお知らせ 『商工会よりお知らせ』

平成27年7月1日から事業系一般廃棄物の処理手数料の改定・受入れ指導が強化されます。
1.取扱区分:市の処理施設に搬入するもので市長が処理することを認めた事業系一般廃棄物
  現 行:「10sまでごとに150円」(税別)
     ↓
  改定額:「10kgまでごとに270円」(税別)
  (なお、併せて1日の搬入量が10s以下の場合の無料規定は廃止となります。)
2.
  (1) 事業用大規模建築物
  の所有者及び占有者への指導強化
  減量化計画書等の未提出又は不備等に対して現行の指導、勧告、受入拒否の規定に加え、新規に命令及び公表規定を追加し、指導機会を増やすことで確実な改善が図れるよう指導を強化します。
  (2) 清掃工場に事業系一般廃棄物を搬入する場合(許可業者に委託した場合を含む)の指導強化
  事業者又は事業者が委託した許可業者が受入基準を満たしていないと認めるときは、ルールを守らない排出事業者を特定し、指導、勧告、命令、公表、受入拒否の行政処分等を順次行い、指導機会を増やすことで確実な改善が図れるよう指導を強化します。

【問合せ先】野田市役所 清掃第一課、清掃計画課

メインEND