全国トップ 地域トップ 全国商工会女性部連合会 秋田県商工会女性部連合会
TEL:018-863-8493
 秋田県商工会女性部連合会
秋田県商工会女性部連合会
秋田県商工会女性部連合会「おもてなし隊」
秋田県商工会女性部連合会「おもてなし隊」
私たち商工会女性部は、以下おもてなし5箇条を定め、県内の各地域で「おもてなし隊」として活動しています。

「おもてなし5箇条」
一.私達は、出会いの瞬間を大切にします!
一.私達は、お客様との会話に心を響かせます!
一.私達は、常に相手の立場に立って対応します!
一.私達は、お客様に謙虚な気持ちで接します!
一.私達は、出会えた喜びを感謝で伝えます!
   とれたて新着情報
RSS
全県商工会青年部・女性部が全国統一事業 「”絆”感謝運動」を実施!!
商工会の日(6月10日(日))を中心に全国統一事業の「”絆”感謝運動」を全県の青年部・女性部で実施しました。
 この運動は、全国の商工会青年部員が地域貢献・福祉活動を商工会の日に併せて一斉に行い、地域との絆を確認・感謝し、今後、より一層深めていく機会とすることを目的としています。秋田県においては、昨年度より青年部・女性部が互いに協力し、標記事業を行っています。

特に今年度は、青年部・女性部両組織ともに中期活動ビジョンの初年度であり、組織としてさらなる事業の発展と地域活性化に向けた取組を強化することを目的として実施しました。

 実施結果については、添付ファイルのとおりとなっております。
 ぜひご覧ください。


 添付ファイル: H30絆感謝運動「実施一覧」.pdf (134KB)

『女性部よりお知らせ』
県青連・県女性連創立50周年記念事業 「”絆”感謝運動」を実施!!
 商工会の日(6月10日(土))を中心に県青連・県女性連創立50周年記念事業の「”絆”感謝運動」を全県で実施しました。
 この運動は、地域貢献・福祉活動を通じて「青年部員と女性部員との絆」、「青年部・女性部と地域との絆」を確認・感謝し、今後、より一層深めていく機会とすることや商工会の日に一斉実施することで、全国43,500名の青年部員及び秋田県商工会女性部連合会1,456名の一体感(絆)を醸成することを目的として実施する事業です。
 特に今年度は、県青連・県女性連創立50周年の節目であり、相互の「絆」を今後もさらに強化していくこと等を目的として実施しました。
 実施結果については、添付ファイルのとおりとなっております。
 ぜひご覧ください。

 添付ファイル: H29絆感謝運動「実施一覧」.pdf (135KB)
絆感謝運動.pdf (480KB)

『女性部よりお知らせ』
よこて市商工会女性部「オリジナルひなまつり弁当」
ひな祭り弁当を配布する部員
ひな祭り弁当を配布する部員
 3月3日(金)、よこて市商工会女性部が地域のお年寄りにひな祭りを楽しく過ごしてもらおうと、オリジナルの「ひな祭り弁当」を、横手市内の1人暮らし高齢者住宅約190世帯に届けました。

 ひな祭り弁当は、色鮮やかなちらしずしと、支部毎にアイディアを募り考案したおかずが入っており、高齢者が食べやすいように工夫されています。
昨年から始めたこの活動は、地域住民への恩返しも込め、地域の高齢者との交流を深めるきっかけになることから、来年以降も活動を継続していきたいと考えています。
 よこて市商工会女性部は、今後も地域とのつながりを更に深めていけるよう、この活動を続けていきます。


 添付ファイル: オリジナルひな祭り弁当 (4292KB)

『女性部よりお知らせ』
県女性連 「第50回ネットワーキング祭」の収益金を寄附
寄付金を寄贈する県女性連執行部
寄付金を寄贈する県女性連執行部
 昨年11月22日(火)に開催した「第50回ネットワーキング祭」の収益金の一部を秋田県社会福祉協議会へ寄附させていただきました。
 「ネットワーキング祭」では、全県の商工会女性部から使っていない鞄や未使用のタオル等を無償で提供いただき、低廉な価格で販売しております。今年も全県の女性部員の皆さんには、たくさんの商品をご提供いただきましたことに改めて御礼を申し上げます。
 2月24日(金)、社会福祉協議会(秋田市旭北栄町)を会場に贈呈式が行われ、社会福祉協議会の佐々木繁常務理事より、「地域における社会福祉活動の推進や障害者、ボランティア団体活動の振興等、地域福祉の取組みにおいて活用させていただきます。」と、感謝のお言葉を頂戴しました。
 県女性連では、このような寄付活動をはじめ今年で6年目を迎えますが、今後も様々な社会貢献活動を通じて“女性の力”で地域福祉の向上に取り組んでまいります。

なお、秋田県社会福祉協議会様のFacebookでも紹介されました。↓
https://www.facebook.com/秋田県社会福祉協議会-1401659420162089/
 関連リンク: https://www.facebook.com/秋田県社会福祉協議会-1401659420162089/

『女性部よりお知らせ』
にかほ市商工会女性部「愛の鈴」活動が全国表彰
優良団体表彰を受けたにかほ市商工会女性部
優良団体表彰を受けたにかほ市商工会女性部
 児童の交通安全を願い、毎年にかほ市内の全新入学児童に「愛の鈴」を送り続けているにかほ市商工会女性部が、全日本交通安全協会主催の「第57回交通安全国民運動中央大会」において交通安全優良団体に選ばれました。

 愛の鈴は、運転手の目に留まりやすい鮮やかな黄色の毛糸でベルの形に編みあげ、中に鈴を入れたお守りとして、1983年から贈呈活動を続けています。
 活動のきっかけは82年に旧象潟町の国道7号で、小学1年生の児童が車にはねられ命を落とした事故に心を痛めた当時の象潟町商工会女性部員が、地域児童の交通安全を願い「愛の鈴」を発案し、商工会合併後も引き継がれました。
 にかほ市商工会女性部は、今後も子供たちの安全を願い「愛の鈴」活動を続けていきます。

『女性部よりお知らせ』
「平成28年度商工会女性部員セミナー」を開催
講演に耳を傾ける様子
講演に耳を傾ける様子
1月26日(木)、ホテルメトロポリタン秋田を会場に「平成28年度商工会女性部員セミナー」を開催しました。

 セミナーでは、五城目町地域おこし協力隊の丑田香澄氏をお迎えし、「地域の魅力を掘り起こし、伝え、届ける。〜五城目町地域おこし協力隊の活動事例から〜」と題して講演を頂きました。移住者の視点から地域の魅力を掘り起こし、地元住民を巻き込みながら地域の可能性を広げている活動について、お話しいただきました。
また、株式会社ワンダーマート 代表取締役 田中徳子氏からは、「欲しい!と思わせる商品開発〜これからのモノづくりとは〜」と題して講演を頂き、マーケティングリサーチの重要性や、時代や環境の変化にあった商品開発や販売促進等について、事例を通じ紹介いただきました。
今回のセミナーを通じて学んだことは、来年度、本県を会場に開催される「東北六県・北海道商工会女性部員交流研修会」にあわせて実施する「AKITA商工会女性部おもてなしマルシェ」を実践の場として、県外から訪れる参加者に対し、特色ある県内商工会女性部の活動成果の紹介とあわせ、県内の魅力ある地域特産品の販売促進に活かしたおもてなし活動につなげて参ります。

 添付ファイル: 開会あいさつ 県女性連伊藤会長 (1878KB)

『女性部よりお知らせ』
新年のごあいさつ
秋田県商工会女性部連合会 伊藤 まり子会長
秋田県商工会女性部連合会 伊藤 まり子会長
 新年明けましておめでとうございます。
 皆様におかれましては、お健やかに新年をお迎えのことと、心よりお慶び申し上げます。

 今年は、東北6県・北海道女性部員交流研修会が本県を会場に行われます。主張発表ブロック大会はもとより、2日目に計画しております『おもてなしマルシェ』の実施を、ワンランクアップのおもてなし活動の集大成と捉え、21商工会女性部の活動を県内外に発信していただきたいと強く思っております。

 そして、11月には県商工会青年部・女性部連合会の創立50周年記念式典を計画しております。皆様にご協力をいただき、女性部の礎を創って下さった先人の方々に感謝の念を表すとともに、これからの女性部活動を一歩前に進めて行きたいと思っております。

 終わりに今年も皆様が健康で明るい一年でありますよう心よりお祈り申し上げ、新春の御挨拶と致します。
『女性部よりお知らせ』
県女性連 「第49回ネットワーキング祭」の収益金を寄附しました
寄付金を寄贈する県女性連執行部
寄付金を寄贈する県女性連執行部
 秋田県商工会女性部連合会では、11月28日(土)に開催した「第49回ネットワーキング祭」の収益金の一部を秋田県社会福祉協議会へ寄附させていただきました。


 2月3日(木)、県女性部連合会の伊藤まり子会長、近藤・加藤副会長の3名が秋田県社会福祉協議会(秋田市旭北栄町)を訪問、ネットワーキング祭の収益金の一部を寄付しました。
 社会福祉協議会のご担当者様からは、「地域での社会福祉活動の推進や障害者・ボランティア団体活動の振興など、地域福祉の取り組みに役立たせていただきます。」と、感謝のお言葉を頂戴しました。

 「ネットワーキング祭」では、全県の商工会女性部から自宅のタンスなどで眠っているかばんやバッグなどを無償で提供いただき、低廉な価格で販売しました。全県の女性部員の皆さんにはたくさんのかばんなどをご提供いただきましたことに改めて御礼を申し上げます。
 県女性連でこのような寄付活動をはじめて今年で5年目を迎えますが、今後も女性部では社会貢献活動を通じて“女性の力で地域福祉の向上”に取り組んでまいります。

なお、秋田県社会福祉協議会様のFacebookでも紹介されていました。↓
https://www.facebook.com/秋田県社会福祉協議会-1401659420162089/?fref=nf
 関連リンク: https://www.facebook.com/秋田県社会福祉協議会-1401659420162089/?fref=nf
 添付ファイル: 寄付金を寄贈する県女性連執行部 (364KB)

『女性部よりお知らせ』
商工会女性部員セミナー(商工会女性部の日)を開催
セミナーの模様
セミナーの模様
 県連合会と県女性連主催による「女性部員セミナー(商工会女性部の日)」が2月4日、ホテルメトロポリタン秋田を会場に開催され、全県から約80名の女性部員が一堂に会しました。


 今回のセミナーでは、これからの女性部活動や自社の経営における課題解決に必要な知識の習得や、明るく積極的に活動するための人づくりを目的として開催しました。
 セミナーは2部構成で開催され、第1部では平成29年度に本県で開催される「ねんりんピック2017」の趣旨や大会概要等について、県ねんりんピック推進室の担当者からお話を伺いました。秋田県内外からお越しになるお客様をどのように「おもてなし」し、地域の魅力を発信するかを考えるきっかけとなりました。
 続いて第2部では、株式会社ハッピーコンセプト 代表取締役 片桐由紀子氏をお迎えし「お客様から学ぶおもてなし」と題して御講演を頂きました。「おもてなし」とは裏表のない「心」で接すること、見返りを求めないこと、人をハッピーな気持ちにすることであることを改めて学ぶことができました。また、「秋田らしさ」が魅力の一つであり、歴史や風土・方言など“地方ならでは”が強みとなることを知る機会となりました。
 参加者からは、「もう一度、お客様の目線で物事を考えようと思う」、「自分がお客様だったらという意識を持って接客したい」など、前向きな感想が多く寄せられました。
 
今回学んだことを今後の自社経営や女性部活動に活かし、「おもてなし」でお客様や地域の方々にハッピーをお届けできるよう今後も活動して参ります。

 添付ファイル: 県女性連伊藤会長のご挨拶 (432KB)
会場内には全県からおもてなし隊が集結 (451KB)

『女性部よりお知らせ』
第15回東北六県・北海道商工会女性部主張発表ブロック大会
発表する渡邊さん
発表する渡邊さん
 平成27年7月16日、「第15回東北六県・北海道商工会女性部主張発表ブロック大会」が宮城県松島町で開催されました。
 今大会のスローガンは、「東北・北海道!輝く地域を創ろう!」。



 大会には、東北・北海道の各地から約350名の商工会女性部員が一堂に会し、本県からは女性部長等総勢44名が参加しました。

 主張発表ブロック大会には、各県・道での激戦を勝ち上がった代表7名が出場し、各々10分間の中で個性溢れる内容と表現力で主張を発表しました。
 本県からは、先の県大会で最優秀賞を受賞した、大仙市商工会女性部の渡邊正子さんが出場し、先の県大会以上に磨き上げられた発表内容、さらに表現力も一層豊かに洗練された素晴らしい出来栄えの発表をしてくれました。
 代表7名の発表が終わり、いよいよ緊張の審査結果発表です。
 最優秀賞には、度重なる事故で山車の運行ができなくなった伝統のお祭りに代えて、見るお祭りから参加するお祭りとして手踊りを中心としたイベント「おいとこロックコンテスト東北大会」を女性部が中心となって企画・運営をした経験からたくさんの苦難とともに同じくらいの感動を得ることができた経験について発表した宮城県代表 登米中央商工会女性部の森田静子さんが受賞し、全国大会への出場権を獲得しました。
 なお、本県の渡邊さんは、審査員の講評の中で「計算しつくされた話術で、漬物の素「今夜だけネ」を買いたくなった。」と高い評価の言葉をいただき、優秀賞を受賞することができました。

 本県から参加した女性部の皆さんは、東北六県・北海道の女性部の皆さんと親しく交流を深めたほか、翌17日には「塩釜仲卸市場」や「鐘崎笹かま館」を視察・見学し、松島の海の幸などたくさんのお土産を買い求め、復興に向けた地域経済の貢献への一役買ってまいりました。

 添付ファイル: おもてなしジャンバーで統一する本県参加者 (488KB)
会場全体を使って秋田節を披露しました (460KB)
本県参加者で集合写真 (456KB)

『女性部よりお知らせ』
6/26 女性部主張発表東北大会に向けた「表現力向上研修」
本番さながらに発表を練習する渡邊さん
本番さながらに発表を練習する渡邊さん
 6月26日(金)、女性部主張発表東北・北海道大会に秋田県代表として出場する大仙市商工会女性部の渡邊正子さんがAKT秋田テレビ社屋において表現力向上研修を受講しました。


 今回指導してくださったのは、AKT秋田テレビの武田哲哉アナウンサー。
 日頃からテレビを通しておなじみの武田アナ。しかも、話し方のプロから直接、表現力向上のための研修を受けることができることは、とても貴重な機会です。
 教えを請う渡邊さんも本番さながらの真剣さで武田アナの指導に耳を傾け、発表する内容と表現力の向上に向けた練習を繰り返し、みるみる間にその内容がバージョンアップされていきました。
 今日、武田アナから指導を受けた渡邊さんは、7月16日(木)に宮城県で開催される「商工会女性部主張発表東北・北海道ブロック大会」へ秋田県代表として出場し、全国大会への切符を目指します。皆さんも渡邊さんへの盛大な御声援をよろしくお願いします!!

 関連リンク: http://www.shokokai.or.jp/05/0542210000/index.htm
 添付ファイル: 熱心に指導を受ける渡邊さん (475KB)
本番さながらのレッスン風景 (444KB)
特別にスタジオ見学「大人の社会見学」 (478KB)

『女性部よりお知らせ』
6/5 商工会女性部主張発表第13回秋田県大会
第13回商工会女性部主張発表大会
第13回商工会女性部主張発表大会
 6月5日、「商工会女性部主張発表第13回秋田県大会」が全県から120名の女性部員が一堂に会し、秋田ビューホテルを会場に開催されました。


 大会には全県8地区から代表1名が出場し、日頃の女性部活動を通じて得た自らの経験や成果、意見を10分間にまとめ発表し合いました。
 審査の結果、最優秀賞には大仙市商工会女性部の渡邊正子さんが、審査員特別賞には男鹿市商工会女性部の近藤順子さんがそれぞれ選ばれました。
 最優秀賞の渡邊さんは発表の中で、大仙市商工会で取り組んでいる一夜漬けの素「今夜だけネ」の企画段階から製造、販売に至る経過を通して商品開発・販路拡大に女性部を挙げて取り組んできた結果、売り上げも着実に伸びてきている。秋田県は少子高齢化、限界集落、シャッター通りなど…暗い話題が多くなっているが、「笑う門には福来る」。これからも私たち自身が笑顔になることで、周りを少しでもお明るくしていきたい。と述べました。

 渡邊さんは、7月に宮城県松島町で開催される「東北六県・北海道ブロック大会」に秋田県代表として出場します。渡邊さんの東北・北海道大会での健闘を皆さんで応援しましょう!

 添付ファイル: 発表を待つ発表者の皆様 (189KB)
発表風景 (416KB)
最優秀賞を受賞した渡邊さん(大仙市商工会女性部) (215KB)

『女性部よりお知らせ』
平成27年度「通常総会」を開催しました。
 5月7日(木)、秋田県商工会女性部連合会の「平成27年度通常総会」が開催されました。
 本年度は、役員の改選時期にあたることから、各商工会女性部の通常総会で選任された新たなリーダーによる慎重審議により新会長ほか新たな執行部体制を選任しました。
 また、事業計画をはじめとして提出議案のすべてが原案どおり承認決定され、女性部の平成27年度事業がスタートしました。



〔秋田県商工会女性部連合会の新執行部と主な事業計画〕
 会 長 伊藤まり子(大仙市商工会女性部)
 副会長 加藤 照子(かづの商工会女性部)
     近藤 順子(男鹿市商工会女性部)
     大庭喜美子(よこて市商工会女性部)
 主な事業計画...1.仲間づくり運動の推進
        2.おもてなし隊エコ活動の推進
        3.「新たなおもてなし活動ビジョン」に基づく企画

 添付ファイル: お揃いのおもてなしジャンバーの全県女性部長「集合写真」 (509KB)

『女性部よりお知らせ』
女性の力で福祉を向上!ネットワーキング祭の売上を寄付
感謝状を頂きました!
感謝状を頂きました!
秋田県商工会女性部連合会では毎年、秋田県女性団体協議会が主催するネットワーキング祭に参加しております。
その売り上げの一部を社会福祉協議会へ寄付しております。
今年で寄付を始めてから4年目を迎え、感謝状を頂いてまいりました。社会貢献活動の一部に役立てて頂きたいと思います。
県女性部連合会は今後も社会貢献活動を続けてまいります!


 添付ファイル: 贈呈式の様子 (37KB)

『女性部よりお知らせ』
1/26平成26年度商工会女性部員セミナー
グループでおもてなしプラン作成
グループでおもてなしプラン作成
県連合会と県女性連主催による女性部員セミナー(商工会女性部の日)が1月26日に、ホテルメトロポリタン秋田を会場に開催され、全県から約80名の女性部員が一堂に会しました。
今回のセミナーは、これまでの活動を振り返り、今後の女性部活動や自社の経営について考える機会とすることを目的とし開催いたしました。
セミナーでは株式会社こめたび・代表取締役 首藤郷氏をお迎えし「地域資源を活用したおもてなし経営」と題して御講演を頂き、秋田県には他県にはない“魅力”がたくさんあり、その魅力に“人”が携わることが「おもてなし」になるということ、少しの工夫とアイディアでさまざまな「おもてなし活動」が生まれることを学びました。
また、身近な地域資源を使ったおもてなしプランを考えるグループワークでは、どのグループも活発な意見を出し合いながら、各地域の魅力を伝えるプランを考え、発表会では寸劇も交えながら自分たちの地域の魅力を発表し合いました。
 今回学んだことを今後の活動に活かし、各地域で「おもてなし活動」を積極的にアピールしていきます。

 添付ファイル: おもてなしプラン発表会 (704KB)

『女性部よりお知らせ』
女性部 おもてなし品質ランクアップ事業「先進地視察研修」
三重県伊勢市「賓日館」にて
三重県伊勢市「賓日館」にて
 女性部では、「おもてなし隊」の活動を通じて地域に経済効果をもたらすような事業を企画できないかを研究するため、去る11月10日から12日の日程で三重県伊勢市方面へ視察研修を行いました。


【伊勢志摩おもてなしの会(伊勢なでしこ)】
 「伊勢なでしこ」は、10代から40歳までの“伊勢が大好きな女性”で活動しているおもてなし団体です。伊勢神宮の案内や自主企画イベントを開催するなど、様々なおもてなしサービスを行なっています。
 日頃から“伊勢に不足しているものは何か?”“伊勢のために何ができるか?”を考え、精力的に活動していました。
【お伊勢さん観光案内人】
 伊勢神宮のガイドを有料で行っている団体です。
 ガイドをしてくれる案内人は、伊勢商工会会議所主催のご当地検定“お伊勢さん”の上級試験合格者です。
 一ヶ月のガイド収入が300万円余りあるなど、有償で行うおもてなし活動の好事例に触れる機会となりました。
【虚コ吉屋(はちまんかまど)】
 鳥羽市にある海女小屋体験施設です。ここでは、本物の海女さんが自分で獲った海の幸をお客様の目の前でふるまってくれます。
 美味しい海の幸とともに、海女さんとの会話が観光客に大好評です。

 女性部では、この視察で見聞きしたことを踏まえ、新たなおもてなし活動を「将来ビション」として取りまとめる予定です。

 添付ファイル: 「伊勢なでしこ」様の活動を学ぶ (273KB)
海女小屋体験施設「はつまんかまど」の活動を学ぶ (322KB)
「はちまんかまど」での集合写真 (391KB)

『女性部よりお知らせ』
第16回商工会女性部全国大会inふくおか
参加された皆さん
参加された皆さん
10月22日〜23日、福岡県福岡市「ヒルトン福岡シーホーク」で「第16回商工会女性部全国大会inふくおか」が、全国各地の女性部員3,200名が参集し、盛大に開催されました。本県女性部連合会からは12名が参加しました。
 全国各地の女性部員の皆さんと交流し、とてもいい刺激を受けました。このことを日頃の女性部活動に活かしていきたいです。


『女性部よりお知らせ』
「全県商工会おもてなしまつり2014」おもてなし隊大活躍!
おもてなしステーション設置
おもてなしステーション設置
10月11日〜13日の3日間、秋田駅前アゴラ広場を会場に「全県商工会おもてなしまつり2014」が開催されました。おもてなし隊は観光案内所となる「おもてなしステーション」を設置し、特製のポケットティッシュを配布しながら会場内をご案内しました。キラキラの笑顔で来場者の皆様に“おもてなしの心”をお届けしました。

 添付ファイル: 来場者の方をご案内@ (67KB)
来場者の方をご案内A (70KB)
特製ポケットティッシュ (23KB)

『女性部よりお知らせ』
平成26年度全県商工会女性部長サミット
部長サミットの会議の様子
部長サミットの会議の様子
県連合会・県女性連主催による「全県商工会女性部長サミット」が、9月18・19日、男鹿市の雄山閣を会場に開催されました。会議では、「全県商工会おもてなしまつり(10/11〜13開催)」の概要説明、あきた国民文化祭2014に合わせた女性部「おもてなし隊」の活動内容、取り組みなどが話し合われました。これからも女性部員一丸となって県女性連事業を推進していくことを強く確認し合いました。


『女性部よりお知らせ』
6/5 商工会女性部主張発表第12回秋田県大会
表彰式の橋本さん
表彰式の橋本さん
6月5日、ホテルメトロポリタン秋田を会場に「商工会女性部主張発表第12回秋田県大会」が開催されました。全県8地区から代表1名が出場し、日頃の女性部活動の成果発表がありました。
 昨年の秋田DCの際にオリジナルの藍染ハンカチを作成し、駅利用者に配布した「おもてなし活動」を紹介した、仙北市商工会女性部の橋本智美さんが最優秀賞を、二ツ井町商工会女性部の吉沢喜美子さんが審査員特別賞に選ばれました。

 添付ファイル: 審査員特別賞の吉沢さん (38KB)
仙北市商工会のみなさん (43KB)

『女性部よりお知らせ』
記事一覧を見る
米焼酎「ほろ酔いこまち」
本格米焼酎『ほろ酔いこまち』は
秋田県商工会女性部連合会が全面プロデュース。
女性ならではの美意識に遊び心が加わって作り上げた焼酎です。
発売以来、皆様に大好評をいただき
ピュアな味わいが評判となっております。
香り高い「ほろ酔い小町」を是非ご賞味ください。
詳細データ
住所: 〒010-0923 秋田県秋田市旭北錦町1-47 秋田県商工会館4階
TEL: 018-863-8493 ■FAX: 018-863-8490
営業時間:8:30〜17:15
定休日:土日祝日
交通・アクセス:JR秋田駅から徒歩18分
マイホームページ:http://seijo.skr-akita.or.jp/joseibu/
携帯サイトのご案内
QRコード
PRキーワード
●おもてなし隊 ●秋田美人 ●ピンクジャンバー ●ほろ酔いこまち
Last Updated:2018/07/03