全国TOP 地域TOP 岩手県商工会連合会 九戸村商工会 お店・企業一覧
汲ウいとう製麺【Tel:0195-42-3148】
ぬくもり・こだわり、伝承郷土食
汲ウいとう製麺のPOINT
いわて・九戸の里が育んだ伝承郷土食
地元の方々に愛される『麺づくり』をめざして
●『南部かっけ』とは?


 「南部かっけ」は、そば処岩手南部・九戸の里に古くから伝承されてきた郷土食品です。
 この風変わりな名前は、蕎麦打ちの際にできる『切れ端』、いわゆる『かけら』から由来すると伝えられており、北上山系の厳しい自然環境の中で、その『かけら』をも大事に食してきた当時の人々の食文化を、今に伝える郷土食です。

 「そば」に多く含まれる血管の強化作用のある「ルチン」と、つけたれの「にんにく」にふくまれる「アリシン」の殺菌作用、強壮・強精・疲労回復のある「スコルジニン」、味噌の主成分「大豆タンパク」のコレステロール低下作用等、これら3つの主食材が有効利用されてきた郷土食が、この『南部かっけ』です。

 岩手・南部の先人達が、育んできた伝承郷土食をご賞味ください。

企業名: 汲ウいとう製麺
代表者名: 斉藤 真
住所: 〒028-6502 岩手県九戸郡九戸村大字伊保内6-35-2
TEL: 0195-42-3148 ■FAX: 0195-42-3140
営業時間: 午前8時〜午後6時 ■定休日: 日曜日・第2木曜日
主要商品:南部かっけ、(干)なにゃどやら、麺類各種
料金・価格:お気軽にお問い合わせ願います
交通・アクセス:八戸自動車道九戸インターより車で10分
岩手県北バス伊保内営業所となり
 
 新着情報  
 
南部かっけ 『わが社の一押し』
●『南部かっけ』とは? そば処岩手南部・九戸の里に古くから伝承され、蕎麦打ちの際にできる『切れ端』、『かけら』から由来すると伝えられ、その『かけら』をも大事に食してきた郷土食です。


 関連リンク: http://www.shokokai.com/kunohe/index1.html

 詳細情報
●主な製品 
    南部かっけ・ジャンゴ(田舎)そば・
    なにゃどやら・むぎはっと・熊笹うどん・南部ひっつみ
    各種中華そば・焼そば・ギョウザの皮
   
●『南部かっけ』のお召上り方 
1.豆腐・大根・味噌・にんにく・みりんをご用意ください。

2.豆腐・大根を厚切りにしておきます。

3.深めの大きい鍋に水を多めに入れ、食塩を少々加えて火にかけます。

4.「つけたれ」の作り方ですが、味噌におろしにんにくを混ぜ合わせ、みりん(日本酒でも可)を少々加えます。
(にんにくの量はお好みに より調節してください。)

5.お湯が沸騰してきたら、大根を入れて煮ておきます。
 次に『南部かっけ』を一枚づつ、煮立ちが止まらない程度に「かき混ぜながら」入れてください。
一度に全部の『かっけ』を入れないように注意してください。(くっつき防止)

6.約6分から10分程茹でます。この間も、差し水をしながらかき混ぜてください。
 最後に、豆腐を入れてください。『かっけ』がお好みのかたさになったら、茹で汁と一緒に器に盛りつけてください。
 受け皿の「にんにくみそ」につけてお召し上がりください。
 茹で汁は「そば湯」として、お召し上がりください。

※夏場は、茹でた後に水洗いし、氷水に浮かべて「冷やしかっけ」としてお召し上がりください。
※(生)南部かっけ(そば・むぎ)も、ご利用ください。

 関連リンク
http://www.shokokai.com/kunohe/kunohekigyo/
Last Updated:2008/08/29  
いわて・九戸の里が育んだ伝承郷土食|地元の方々に愛される『麺づくり』をめざして